平成29年度省エネ家電買替キャンペーン結果

掲載日:2018年4月4日

神奈川県は、家庭部門からのCO2排出量を削減するため、神奈川県電機商業組合及び家電量販店各社と協力し、省エネ家電買替キャンペーンを実施しました。
多くの方からご応募をいただきまして、ありがとうございました。キャンペーンの結果は以下のとおりとなりました。

内容

期間中に、キャンペーン参加店舗にて、統一省エネラベルの多段階評価4つ星・5つ星の電気冷蔵庫又はエアコンに買い替えた方に、抽選で賞品が当たるキャンペーンを実施した。

実施期間

平成29年11月1日(水曜)から12月31日(日曜)

参加企業・団体

神奈川県電機商業組合
商組1商組2

株式会社ノジマ
ノジマ1ノジマ2ノジマ3

株式会社ビックカメラ
ビック3ビック2ノジマ

株式会社ヨドバシカメラ
ヨドバシ1ヨドバシ2ヨドバシ3

結果概要

応募件数

505件

年代別:50歳代・60歳代が約20%ずつで最も高く、30歳代・40歳代・70歳代がそれぞれ約16%から17%
地域別:横浜市・川崎市の2市からの応募で約半数(49.7%)

平均使用年数

電気冷蔵庫 12.9年
エアコン 13.2年

買替による削減効果

年間消費電力削減量:電気冷蔵庫とエアコンを合わせて最大で171,006kWh(37.0世帯分)
年間CO2排出削減量:電気冷蔵庫とエアコンを合わせて最大で94,249kg(杉の木6,732本分の年間吸収量)(※杉の木のCO2吸収量1本当たり14kgで換算)

削減効果

使用年数が長いものほど高くなる傾向にある。しかし、使用年数が短く、また買替前後の定格内容積・冷房能力の差が大きい場合は削減効果がマイナスになる場合もある

買替理由

約6割の購入者が「電気代の節約のため」と回答

実施結果詳細

応募件数

505件

(1)製品別 (2)年代別
製品別年代別
※各比率は四捨五入しているため、割合の合計が100にならない場合があります。

(3)地域別
地域別

平均使用年数

電気冷蔵庫 12.9年(最長28年)

エアコン 13.2年(最長28年)

冷蔵庫の平均使用年数エアコンの平均使用年数

買替による年間消費電力量の削減効果

1世帯あたりのkWH

(1)電気冷蔵庫
109,369kWh削減

(2)エアコン
61,637kWh削減

合計 171,006kWh削減

1世帯当たりの年間消費電力量は約4,618kWh
→1世帯当たり年間消費電力量 約8%の削減

買替による年間CO2排出量の削減効果

(1)電気冷蔵庫
60,264kg削減

(2)エアコン
33,985kg削減

合計 94,249kg削減

使用年数別1件当たり年間削減量

電気冷蔵庫
冷蔵庫の使用年数別1件あたり年間削減量

エアコン
エアコンの使用年数別1件あたり年間削減量

買替の理由(複数回答)

地球温暖化防止に貢献したかったため 125
電気代の節約のため 320
この買替キャンペーンを知ったため 29
店頭で勧められたため 161
その他 120

(その他:動作不良・故障、買替時期の到来、引越しを契機に、デザイン・機能等が気に入った など)

(一部複数回答 N=505)

アンケート結果

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa