平成30年度かながわ地球環境賞の候補者を募集します!

掲載日:2018年8月9日

1 概要

神奈川県とかながわ地球環境保全推進会議は、地球環境保全に向けた活動の実績等が顕著であるもの及び温室効果ガスの排出削減やかながわスマートエネルギー計画の推進に寄与したものの功績をたたえるため、毎年、かながわ地球環境賞として表彰をしています。なお、今年度から中小規模事業者の方が応募できるよう部門の一部を改定いたしました。

2 主催者

かながわ地球環境保全推進会議及び神奈川県

3 募集部門

(1)地球環境保全活動部門

地球環境保全に向けた実践的な活動を行い、その功績が顕著で他の模範となるもの。

(2)地球温暖化対策部門

 ア 中小規模事業者(注)が、省エネルギーなどに取り組むことにより、事業活動における温室効果ガスの排出を抑制し、その功績が顕著で他の模範となるもの。(新設)

(注)本表彰でいう「中小規模事業者」とは、「神奈川県地球温暖化対策推進条例」で規定する、特定大規模事業者以外の事業者(年間のエネルギー使用量が原油換算で1,500kl未満の事業者、又は県内で使用の自動車が100台未満の事業者など)のことをいいます。

 イ 地球温暖化対策技術の開発・製品化又は温室効果ガスの排出がより少ない製品若しくはサービスの開発・提供に関し、他の者の温室効果ガスの削減への寄与の実績を上げる特に優れた取組又は今後寄与することが確実に期待できる取組を行った者。

(3)かながわスマートエネルギー計画部門

再生可能エネルギーの導入等に関し、神奈川県再生可能エネルギーの導入等の促進に関する条例に基づき策定されたかながわスマートエネルギー計画の推進に寄与する特に優れた取組又は今後寄与することが確実に期待できる取組を行った者。

4 応募要件

〔共通〕

(1)県内で行われた活動であり、(2)原則として、県内において事務所若しくは事業所を有する企業、団体(学校・NPO等)、その他の法人及び県内に在住又は在勤する個人とします。ただし、かながわスマートエネルギー計画部門は、(2)の要件は適用しません。

 

〔部門別〕

(1)地球環境保全活動部門【下記(ア)、(イ)とも必須】

(ア)「私たちの環境行動宣言 かながわエコ10トライ」に定める具体的取組に沿った実践的な活動(以下参照)のいずれかに該当し、その内容において活動実績や独自性、普及効果、連携、継続性等において優れていると認められる活動であり、概ね5年以上にわたって継続し、かつ将来にわたり継続する見込みのあるもの。

「私たちの環境行動宣言 かながわエコ10トライ」に定める具体的取組に沿った実践的活動

  • (1)再生可能エネルギーの利用や省エネルギーの取組の拡大に貢献した者
  • (2)3Rの取組の拡大に貢献した者
  • (3)廃棄物の適正処理を徹底することに貢献した者
  • (4)きれいな空気と星空をつくることに貢献した者
  • (5)将来にわたってきれいで豊かな水を確保することに貢献した者
  • (6)里地里山、森林、水辺の豊かな自然を守る取組の拡大に貢献した者
  • (7)農林水産業への理解を深め、地産地消の取組の拡大に貢献した者
  • (8)みんなが参加して環境と共生するまちをつくることに貢献した者
  • (9)環境に配慮したライフスタイルや事業活動の拡大に貢献した者
  • (10)環境への関心を高め、学び、行動する人を増やすことに貢献した者

(イ)マイエコ10宣言が完了若しくは本年度の表彰実施日までに完了するもの。

※マイエコ10宣言については、次のホームページをご覧ください。 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f360478/

また、マイエコ10宣言について、不明の点があれば問合せ先にご連絡ください。 

  • マイエコ10宣言(個人向け)はこちらから(電子申請)
  • マイエコ10宣言(企業・行政・学校・団体向け)はこちらから(電子申請)

(2)地球温暖化対策部門

ア 要綱第3条第1項第2号ウに規定するもの 【中小規模事業者対象:下記(ア)、(イ)とも必須】

(ア)事業活動等に伴う温室効果ガスの排出量の削減に関して次のいずれかの取組等を行った中小規模事業者で、その内容が経済性・削減効果の持続性、他者への波及効果等において優れていると認められるもの。

  • a 事業活動全体を通じた工夫や取組体制の強化等の取組
  • b 事業活動で使用する機器や設備の適正管理・運用改善等の取組
  • c 高効率機器や管理システムの導入等の取組
  • d 業務用施設やテナント等の建物全体に関する取組
  • e 輸送、物流における取組
  • f 地域や近隣施設等と連携した取組
  • g 他事業者(ESCO事業者、省エネ診断事業者等)と連携した取組
  • h その他これらに準ずる取組

(イ)上記(ア)の取組は、原則として、表彰を実施する年度及びその前5年度以内に行われたものであること。

イ 要綱第3条第1項第2号エに規定するもの 【温室効果ガス削減技術開発等:下記(ア)~(エ)はいずれか、(オ)は必須】

(ア)先進的な再生可能エネルギー及び省エネルギーに係る地球温暖化対策技術又は製品の開発や提供により、従来の一般的な技術等(地球温暖化対策技術及び温室効果ガスの排出がより少ない製品やサービスをいう。以下同じ。)と比べて、温室効果ガス排出量の削減量、削減率又は排出量原単位において優れ、削減への寄与の実績を上げ又は今後寄与することが確実に期待できるもの。

(イ)地球温暖化防止につながる革新的又は新しいカテゴリーの製品やサービスの開発・提供を行ったもの。

(ウ)従来の一般的な技術等と比べて、先進性や独自性、経済性、削減効果の持続性、他者への波及効果又は技術等の普及の度合いが優れていると認められるもの。

(エ)その他、温室効果ガスの排出量の相殺を行う製品等の提供などの地球温暖化対策技術の開発・製品化や、温室効果ガスの排出がより少ない製品やサービスの開発・提供に関する特に優れた取組を行ったもの。

(オ)上記(ア)~(エ)の取組は、原則として、表彰を実施する年度及びその前3年度以内に行われたものであること。

(3)かながわスマートエネルギー計画部門 【下記(ア)、(イ)とも必須】

(ア)再生可能エネルギーの導入やエネルギー使用の効率化等に関し、先進性や独自性、経済性又は他者への波及効果等において優れていると認められるもの。

(イ)上記(ア)の取組は、原則として、表彰を実施する年度及びその前3年度以内に行われたものであること。

※全ての部門について、次の項目に該当する場合は応募することができません

ア 同一の功績により、表彰を実施する年度の前5年度以内にこの表彰を受賞したことのあるもの。

イ 同一の功績により地球環境保全、地球温暖化対策及び再生可能エネルギーの導入等に関する国、神奈川県が行う顕彰を受けたもの。

ウ 環境関連の法令、条例、規則等に違反したもの。

5 応募期間・応募方法・提出書類

応募期間 平成30年7月25日(水曜日)から平成30年9月25日(火曜日)消印有効
応募方法 「6 募集案内・応募様式等」に掲載している内容をご確認の上、県環境計画課あて直接持参、又は郵送してください。
提出書類

(1)申請書 (2)応募(推薦)調書

(3)〔団体の場合〕定款、寄附行為、規約、会則等の写し

(4)その他参考となる資料

※様式1~6については紙での提出と併せて電子データ(Word)の提出もお願いします。

 e-mail:stop-ondanka@pref.kanagawa.jp

※自薦・他薦は問いませんが、他薦の場合は、予め被推薦者から推薦に係る了承を得たものに限ります。

6 募集

募集要項・様式

記載例

チラシ

7 審査方法・審査結果について

かながわ地球環境保全推進会議幹事会幹事で構成する審査委員会において選考し、主催者が受賞者を決定します。選考結果は、応募者及び推薦者に文書で通知します。
※ 選考に当たっては、原則として提出された調書等のみに基づき審査しますので、取組の内容について具体的な数値等を用いて漏れのないよう記載してください。ただし、特に必要が生じた場合は個別に確認させていただくことがあります。

8 表彰式など

表彰式は平成31年2月上旬を予定しています。
受賞された取組、製品については県ホームページなどを通じて広く紹介する予定です。

9 要綱等

 問合せ先

かながわ地球環境保全推進会議事務局
(神奈川県環境農政局環境部環境計画課地球温暖化対策グループ)
住所:〒231-8588 横浜市中区日本大通1
電話:045-210-4053(直通)

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。