産業技術センターESCO事業の契約の概要(民間資金活用型)

掲載日:2018年7月23日
 
最優秀提案の選定 平成18年12月26日
契約の締結 平成19年11月2日
ESCOサービス開始 平成20年4月1日
契約期間 6年間
 
事業名 産業技術センターESCO事業
事業場所 神奈川県海老名市下今泉705-1
事業者 日本ファシリティ・ソリューション株式会社
 三菱UFJリース株式会社
契約金額 総支払限度額 75,264,000円(消費税込み)
 年度別支払限度額 12,544,000円(消費税込み)
契約期間 平成19年11月3日から平成26年3月31日
省エネルギー
改修等の概要
二酸化炭素削減率 16.8%
省エネルギー率 16.7%
光熱水費削減予定額 13,519,000円/年(消費税込み)
主な省エネルーギー項目
 ・空調機の風量低減化
 ・空調機除湿再熱最小化制御
 ・高効率チラーの導入
 ・冷水温水一次ポンプ変流量制御
 ・冷温水二次ポンプ推定末端圧制御
 ・実験用冷水熱源の適正化
 ・実験用冷却水ポンプの適正化
 ・換気設備の風量適正化
 ・照明安定器の高効率化
補助金 申請先 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
事業名 平成19年度住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業費補助金(建築物に係るもの)

産業技術センターESCO事業の概要へもどる
ESCO事業のページへもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる