三浦しらとり園ESCO事業提案審査の講評

掲載日:2018年7月23日

神奈川県では、「神奈川県ESCO事業導入計画」に基づき、平成18年度に3つの県有施設について、ESCO事業の提案募集を行いました。

このうち、三浦しらとり園は、昭和58年に設立された知的障害児・者の入所、通所サービス等を提供する福祉施設です。

募集にあたっては、地球温暖化対策の有効性、省エネルギー率、県財政へのメリットなどを評価の基本項目とし、既設設備の更新を実施することにより、施設利用者の利便性を損なわずに光熱水費を削減する提案を求めました。

提案は1グループから提出があり、去る12月19日に、ESCO事業提案審査要領に従い、提案書及び提案者によるプレゼンテーション内容を客観的に評価し、ESCO事業を導入する施設側の意向も反映して総合的な判断を行いました。

今回最優秀提案として選定した株式会社エネルギーアドバンス、株式会社キャプティの2社で構成するグループの提案は、(1)液体燃料使用から気体燃料使用への転換、(2)二酸化炭素(CO2)削減・省エネルギー・省コストの2点を基本方針に据えて、7つの省エネルギー手法を掲げております。

特に、県から条件提示のあった既設設備の更新については、灯油焚炉筒煙管蒸気ボイラから高効率のガス焚小型貫流ボイラに更新することで、燃料費及びのCO2排出量の削減や、大気汚染物質であるNOX・SOX・ばいじんの排出抑制を図る内容となっておりました。

更に蒸気弁類からの熱損失の防止による放熱ロスの低減や外気処理空調機の外気量制御によるエネルギー消費量の低減を図る手法等の提案をいただきました。

施設利用者の生活環境に変更を加えないという制約や、エネルギー消費の実態を示すデータが充分にない中で、全体としてバランスのとれた提案内容であったと評価いたしました。

最後に、多大な労力をかけてご提案いただいた提案者の皆様に、心よりお礼申し上げます。


平成18年12月26日
神奈川県ESCO事業提案審査委員会
委員長 高村 淑彦

三浦しらとり園ESCO事業の概要へもどる
ESCO事業のページへもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる