環境配慮評価システム

掲載日:2019年5月22日

1 環境配慮評価システムとは

  環境配慮評価システムは、県が自ら実施する大規模な事業について、基本計画の段階で環境配慮の評価等を行い、より環境に配慮した基本計画の策定を行うため、平成14年度から実施しており、環境基本計画推進会議幹事会において、審議・報告等を行う庁内の手続として位置付けています。

 環境基本計画推進会議幹事会において審議・検討を行う前に環境配慮検討書の内容を検討したり、システムに係る技術的事項を検討するため、幹事会の下に環境評価部会を設置しています。環境評価部会は環境農政局環境部職員で構成されています。

 同システムの対象となる事業は、道路の建設、建築物の建設、用地の造成などの15種類の事業です。規模に応じて、第1種事業(おおむね環境影響評価条例の対象規模)、第2種事業(おおむね環境影響評価条例の対象規模の3分の1程度の規模)及び第3種事業(おおむね環境影響評価条例の対象事業の10分の1程度の規模)に区分し、その区分や事業の実施が環境に及ぼす影響の程度に応じて経なければならない手続を定めています。

※環境基本計画推進会議(会長は副知事)とは、県自らが施策の策定及び実施に当たって環境の保全及び創造への配慮を行っていくことにより、環境保全型社会かながわの実現を図るため、神奈川県環境基本条例第8条第3項に基づき、設置されており、環境基本計画推進会議幹事会は推進会議に諮る事項を審議する機関(幹事長は環境部長)として位置付けています。

 環境配慮評価システム実施要綱(PDF:118KB)

 環境配慮評価システム対象事業(PDF:118KB)

2 環境配慮評価システムの審査実績

 平成14年度から平成30年度までに59件の審査実績がありました。詳細は次のとおりです。

 環境配慮評価システムの審査実績(PDF:260KB)

 

3 環境配慮評価システム実施要綱第10条に基づく公表

 事業者は環境配慮の内容等について見直しが必要な旨の通知を受けた場合、審査結果通知書の内容を適正に反映して、基本計画を策定するととともに、措置状況報告書を作成し、幹事会に報告するものとしています。幹事会の幹事長は、対象事業に係る環境配慮検討書、審議結果通知や措置状況報告書の概要を公表するとしています。平成26年度以降、措置状況報告があった13件を公表します。

 環境配慮評価システム実施要綱第10条に基づく公表

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。