エコ10だより 第133号

掲載日:2021年2月15日

エコ10だより第133号(2021年2月15日発行)発行:かながわ地球環境保全推進会議 

メールマガジン「エコ10(てん)だより」は、マイエコ10宣言又は
配信への御登録を行っていただいた皆様を対象に、環境に配慮した行動
を自主的に実践する取組を広め、つなげていくことを目指して、
かながわ環境活動支援コーナーが配信しています。


【環境ラベルなどの表示や、環境保全活動に熱心な企業・地域の取組を確認
して、環境への負荷が少ない商品やサービスをできるだけ購入、利用します。】

暦の上では春となり、梅の花がほのかな香りを漂わせる季節。とはいえまだ
まだ寒さは厳しいですね。
昨年、菅首相が2050 年までに脱炭素社会の実現を目指すことを表明しました
が、この目標のために、私達一人ひとりができることは何でしょうか?
その一つに、環境に配慮した商品の購入があげられます。MSC 認証(海のエコ
ラベル)やFSC 認証(森林認証制度)、統一省エネラベル(家電)等、環境ラベル
のある商品を目にすることも多いと思います。こうした環境への負荷が少ない
商品を選んだり、環境に配慮した事業活動を行う企業を支持したり、普段使う
電気を再生可能エネルギー由来のものにする、等普段の生活の中でちょっぴり
意識するだけで、実はたくさんできることがあるのです。たとえ小さな一歩で
も、一人ひとりが気づき、変わっていけば大きな力になっていきます。

環境ラベル等データベース(環境省)
https://www.env.go.jp/policy/hozen/green/ecolabel/index.html

グリーン・バリューチェーンプラットフォーム(環境省)
https://www.env.go.jp/earth/ondanka/supply_chain/gvc/index.html

 


<ニュース>

環境にやさしい再エネ電力に、お得に切り替えましょう!

神奈川県をはじめとした9都県市では、再エネ電力の購入を募り、グループ購入
することで価格低減を実現する「みんなでいっしょに自然の電気キャンペーン」
を実施中です。たいへん好評で、参加世帯数は6,600件を突破しました!
本日締切です!参加登録は以下のURLから受付中です!
 

参加登録期間:令和3年2月15 日(月曜日)まで
https://group-buy.metro.tokyo.lg.jp/energy/shutoken/home


第12 期神奈川県地球温暖化防止活動推進員を募集します!

神奈川県では、私たち一人ひとりの意識改革や行動変革を促す地域の大きな力
となる「神奈川県地球温暖化防止活動推進員」して活動いただける方を募集
しています。

任期:令和3年4月1日~令和5年3月31 日
 (4月1日付け委嘱は3月4日までにお申し込みください。)
応募要件:地球温暖化防止に向けた普及啓発活動に熱意と識見のある方ほか、
 詳細は下記HP を御覧ください。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f430288/index.html


「地球温暖化と省エネ行動に関するアンケート」実施中

かながわ地球環境保全推進会議(事務局:神奈川県環境農政局環境部環境計画課)
では、皆様の地球温暖化防止に関する意識や取組の状況を把握するとともに、
家庭における温暖化対策の推進を図ることを目的に、「地球温暖化と省エネ行動
に関するアンケート」を実施しています。回答者には抽選で32 名様に箱根山麓
紅茶ラングドシャをプレゼント。ぜひ御協力ください。

実施期間:令和3年2月16 日(火曜日)まで
https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/140007-u/offer/offerList_initDisplay.action


世界のCO2 排出量7%減、第二次世界大戦以来で最も減少

世界の炭素収支を報告している「グローバル・カーボン・プロジェクト」
によると、2020 年の世界のCO2 排出量は24 億トン(7%)減少しました。
新型コロナウイルスに対する世界的な影響により、世界の年間CO2 排出量
が第2 次世界大戦以来で最も減少したことが明らかになりました。最も大
きく減少したのはフランスとイギリスで、早期に回復した中国のCO2 排出
量は増加する可能性があります。

https://essd.copernicus.org/articles/12/3269/2020/

※英語のサイトです


過去の人間活動がもたらす日本南方沖の夏季異常高温

 ~2020 年8月の記録的北西太平洋高温の要因を分析~

国立環境研究所地球環境研究センターでは、昨年8月に生じた日本南方沖
を含む北西太平洋の観測史上最高海面水温の発生要因を分析しました。
その結果、過去の人間活動に伴う温室効果ガスの増加などにより、観測
されたような異常高温の発生頻度が1000 年に一度以下から約15 年に一度
まで既に増加していることが明らかになりました。今後さらに顕在化する
人為的気候変動への緩和・適応策の速やかな実施が求められます。
http://www.nies.go.jp/whatsnew/20210114-2/20210114-2.html


産総研、低温で二酸化炭素からメタノールを合成できる触媒を開発

産業技術総合研究所ゼロエミッション国際共同研究センターは、低温低圧
で二酸化炭素を原料にしたメタノールの合成を可能とする触媒を開発しま
した。今後、カーボンリサイクルへの貢献が期待されます。
https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2021/pr20210114/pr20210114.html


絶滅危機の動植物保護“陸と海 少なく少なくとも30%を保護区に”

フランスのマクロン大統領が主催した「ワンプラネット・サミット」に
おいて、絶滅の危機にひんしている約100 万種の動植物の保護などを守
る対策を話し合い、日本を含む50 か国余りが2030 年までに地球上の陸域
と海域で少なくとも30%を保護区にすることを目指すと発表しました。
現状は、陸域は15%、海域は7%です。
https://www.env.go.jp/annai/kaiken/r3/0112.html


EU の2020 年の発電量、初めて再エネが化石燃料を逆転

報道によると、EUの総発電量に占める再生可能エネルギーの比率は38%で、
化石燃料による発電量37%を上回ったとのことです。


2020 年度新エネ大賞の受賞者発表

新エネルギー財団は、2020 年度「新エネ大賞」の受賞者を発表しました。
平成23 年度の自主事業化以降で最も多い55 件の応募があり、
厳正な審査の結果、経済産業大臣賞4件、資源エネルギー庁長官賞7件、
新エネルギー財団会長賞10 件、審査委員長特別賞1件の合計22 件を
選出しました。
https://www.nef.or.jp/topics/2021/20210126.html


NPOのためのSDGs活用ガイドブック発行

環境省が国際連合大学と共同運営している地球環境パートナーシップ
プラザ(GEOC)は「NPOのためのSDGs 活用ガイドブック」を発行しました。
この冊子は、SDGsに取り組むことによってNPO の活動の活性化や
パートナーシップの促進に活用できるよう作成されています。
http://www.geoc.jp/activity/international/2664911.html


武井壮さんが環境省サステナビリティ広報大使に就任

環境省は、「気候変動×スポーツ」という観点での取組の一層の盛り上げ
を図るため、武井壮さんを「サステナビリティ広報大使」に任命しました。
https://www.env.go.jp/press/108703.html


日経SDGsアイデアコンペティションアワード受賞者決定

このコンペティションの課題は、新型コロナ禍が終息し世界経済が回復した
あとも、CO2排出量を抑えられるシステムの提案と、それを達成・定着に導く
ためのコミュニケーションプランを考えるというものです。
https://www.canneslionsjapan.com/column/creativerelated/20_12_09#:~:text=%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%80%85%E3%81%AE%E4%B8%AD%E6%B4%A5%E5%A4%AA%E4%B8%80,%E3%81%84%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%A8%E8%BF%B0%E3%81%B9%E3%81%9F%E3%80%82


経産省、蓄電池向け送電料低減

経済産業省は再生エネルギー普及に向け、蓄電池向け送電料の低減により
蓄電器を活用して電力を供給する事業への参入を後押しすることにしました。
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/support/


<イベント>

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、主催者がイベントを中止に
 することが考えられますので、イベント実施の有無については、各イベ
 ントのホームページまで随時御確認ください。


◆政策研究大学院大学・建築研究所共催シンポジウム「建築物の水災害対策」


日時:2月17 日(水曜日)13 時30 分~17 時(※2月16 日申込み締切り)
場所:オンライン
主催:国立大学法人政策研究大学院大学、国立研究開発法人建築研究所
https://www.grips.ac.jp/jp/events/20201225-6850/


第6 回川ごみサミット

日時:2月20 日(土曜日)13 時~16 時(※2月17日申込み締切り)
場所:全水道会館 + オンライン
主催:全国川ごみネットワーク
https://kawagomi.jp/2020/12/summit6/


ヨコハマ3R夢(スリム)ポスターコンクール入賞作品展示

日時:2月22 日(月曜日)~26 日(金曜日)開庁時間内
場所:横浜市青葉区役所
主催:横浜市資源循環局
※上記の他にも会場あり。詳細は、下記URLで御確認ください。
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/gomi-recycle/gakushu/posucon-gaiyou.html


第3回未来まちづくりフォーラム

日時:2月24 日(水曜日) 10 時~18 時30 分
場所:パシフィコ横浜ノースもしくはオンライン
主催:未来まちづくりフォーラム実行委員会
https://www.sustainablebrands.jp/event/sb2021/special-miramachi.html


お庭隊 ~お花や野菜を育てることが好きな方集合~」

日時:3月2日(火曜日)13 時30 分~15 時
場所:横浜市上笹下地域ケアプラザ(磯子区)
主催:横浜市上笹下地域ケアプラザ
http://www.kamisasage.com/img/event/%E5%BA%AD.pdf#zoom=100


第59 回全国消費者大会

日時:3月13 日(土曜日)10 時~17 時
場所:オンライン会議システム「Zoom」を使用して開催
主催:第59 回全国消費者大会実行委員会
http://www.shodanren.gr.jp/Annai/shouhisha_taikai_2020_annai.htm


廃油で環境に優しい石鹸を作る

日時:3月16 日(火曜日)13 時30 分~15 時30 分
場所:横浜市 釜利谷地区センター
主催:横浜市 釜利谷地区センター
https://cgi.city.yokohama.lg.jp/common/event2/event_detail.html?id=85102


お知らせ

知ってる?かながわエコBOX


「かながわエコBOX」は「かながわ環境活動支援コーナー」の愛称です。
かながわのローカルアジェンダである「私たちの環境行動宣言 かながわ
エコ10 トライ」の取組や環境活動に関する相談、情報発信、活動の連携を支援する
窓口です。どうぞお気軽に御利用ください。
【 場  所 】 かながわ県民センター(横浜駅西口)9階
【 電  話 】 045-321-7453 【 FAX 】045-321-7454
【 E メール 】 agendacorner@kccca.jp
【利用時間】 月曜日~土曜日 13 時から18 時まで(日曜、祝日、年末年始を除く)
【ホームページ】 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f70237/

※ かながわ環境活動支援コーナー(愛称:かながわエコBOX)は、新型コロナウイルス
感染症拡大防止のため、1月16 日から3月7日までの間、閉室します。
 なお、閉室期間中の環境全般に関する御相談がありましたら、御相談内容をagendacorner@kccca.jp までお送りください(来室、電話による受付はできません)。
 また、今後の利用再開等については、改めて県ホームページでお知らせします。


バックナンバーの御案内


 「エコ10 だより」のバックナンバーは次のサイトより御覧いただけます。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f360478/p833139.html


配信停止の御案内


 エコ10 だよりの配信を希望されない方は、以下のURL をクリックしてください。
ワンクリックで配信登録の解除を行うことができます。
%%del%%
※)URL の表示が折り返されたりしてクリックをしてもリンクが効かない場合は、
  全文をブラウザのURL 入力欄にコピーして御利用ください。


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏ かながわ地球環境保全推進会議事務局
┏┏ (神奈川県環境計画課地球温暖化対策グループ)
┏※本メールマガジンは、事務局から委託されたかながわ
┌環境活動支援コーナー(かながわエコBOX)が配信しています。
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa