エコ10だより 第131号

掲載日:2021年1月15日

エコ10だより第131号(2021年1月15日発行)発行:かながわ地球環境保全推進会議 

メールマガジン「エコ10(てん)だより」は、マイエコ10宣言又は
配信への御登録を行っていただいた皆様を対象に、環境に配慮した行動
を自主的に実践する取組を広め、つなげていくことを目指して、
かながわ環境活動支援コーナーが配信しています。


かながわ地球環境保全推進会議(事務局:神奈川県環境農政局環境部
環境計画課)では、皆様の地球温暖化防止に関する意識や取組の状況を
把握するとともに、家庭における温暖化対策の推進を図ることを目的に、
本アンケートを実施することといたしました。
なお、アンケート結果は、上記の目的のために利用するのみで、他の
目的には使用いたしません。また、皆様からいただいた回答は、全て
統計的に処理し、内容を個別に公表することはありません。

★ご回答いただいた方の中から、抽選で32 名様に箱根山麓紅茶ラングドシャ
をプレゼントいたします!★

■ 実施期間
 令和3年2月16 日(火曜日)まで

■ 実施内容
家庭の省エネに関する意識や取組状況についての簡単なアンケートです。
回答は5 分程度で終わります!地球環境保全推進のため、ご協力をお願い
いたします。

□ アンケートはこちら→
https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/140007-u/offer/offerList_initDisplay.action
(電子申請システムトップページ)
「手続き名」をご覧いただき、「地球温暖化と省エネ行動に関する
アンケート」をクリックして下さい。表示されていない場合は検索
メニューにアンケート名称を入力し、該当のアンケートをクリック
してください。
※利用登録をしなくても回答できます。

 


<ニュース>

環境にやさしい再エネ電力に、お得に切り替えましょう!

神奈川県をはじめとした9都県市では、再エネ電力の購入を募り、
グループ購入することで価格低減を実現する「みんなでいっしょ
に自然の電気キャンペーン」を実施中です。多くの方が参加する
ほど、電気代がお得になります!年も明けて心機一転、環境に
やさしいことを考えてみませんか?

参加登録期間:令和3年2月15 日(月曜日)まで
https://group-buy.metro.tokyo.lg.jp/energy/shutoken/home


県内のホームセンター等で「省エネDIYコーナー」を設置します!
―省エネグッズを使って冬でも暖かく快適な家に―

神奈川県では、CO2排出削減のほか快適さや健康面のメリット等にも
つながる「住宅の省エネルギー化」の促進に取り組んでいます。
冬季の家庭におけるCO2排出削減のため、県内のホームセンター等と
協力し、窓の断熱シートや断熱カーテン、LED電球などの住宅の
省エネルギー化に役立つ商品を集めた「省エネDIYコーナー」を
設置し、効果や実施方法を令和2年12 月1日から令和3年1月31 日の
期間にPRします。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f536517/p1170886.html


温室効果ガス、「2050 年実質ゼロ」目標を法定化

環境省は2050 年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を
地球温暖化対策推進法改正案に明記し、2021 年の通常国会に提出する予定です。
https://www.env.go.jp/annai/kaiken/r2/1225.html


「脱炭素社会」2050 年実現へ 車の電動化は進むか?

政府は、2050 年の脱炭素社会の実現に向けた実行計画、「2050 年カーボン
ニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を取りまとめ、遅くとも2030 年代
半ばまでに乗用車の新車販売をすべて電動車にするという目標を設定しました。
日本が進めようとしている「電動車」には、電気自動車や燃料電池車のほか、
ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車が含まれます。
鍵になるのはやはり次世代のバッテリーのようです。
https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201225012/20201225012-2.pdf
(自動車の電動化は、グリーン成長戦略のP28)


気候変動いきもの大調査(冬編)がスタートしました

地球温暖化の影響で、見られる場所や時期が変わったいきものを見つけて、
スマホで写真を撮って投稿する、いきもの調査の冬編が始まりました。
いきものの生態や、いきものをとりまく環境から、地球温暖化の影響を学んで、
私たちにできる温暖化防止アクションを考え、行動しましょう!
https://ccbio.jp/?gclid=EAIaIQobChMIyZHHitXo7QIV9cFMAh2wbgRPEAAYAiAAEgIWIvD_BwE


瀬戸内海 水質改善で漁業に悪影響? 水質管理制度を見直しへ

瀬戸内海では、かつて工場や家庭からの排水により窒素やリンが増えて
豊栄養化による赤潮の被害が頻発しました。そこで排水規制をしました
が、今度はプランクトンの栄養となる窒素やリンが減りすぎたことにより、
養殖のりの色落ちや漁獲高が減少するなどの悪影響が出てきました。そこ
で環境省は規制の緩和について検討を始めています。
https://www.env.go.jp/press/108774.html


<イベント>

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、主催者がイベントを中止に
 することが考えられますので、イベント実施の有無については、各イベ
 ントのホームページまで随時御確認ください。


◆未来のための気候の話


第3回「グレタ・トゥーンベリさんがうったえていること
~世界の動きと日本への宿題~」
第4回「コンセントの向こう側を考えてみよう」(小学4 年以上)
日時:第3回 1月23 日(土曜日)14 時~15 時
第4回 2月28 日(日曜日)10 時30 分~11 時30 分
場所:オンライン会議システム「Zoom」を使用
主催:気候ネットワーク
https://www.kikonet.org/event/2021-01-23


気候の危機と世界と日本の温暖化対策

日時:1月27 日(水曜日)15 時~16 時30 分
場所:KCCI ホール 第 5・6 会議室・オンライン参加有り
主催:川崎市・川崎市地球温暖化防止活動推進センター
https://www.cckawasaki.jp/kwccca/event/pdf/2021_01a.pdf


気候変動が後戻りできない段階に!?
~ティッピングポイントについて考える~

日時:1月27 日(水曜日) 18 時30 分~20 時
場所:オンライン講座(Zoom ウェビナー)
主催:地球環境市民会議
https://www.casa1988.or.jp/2/53.html#N539


森林による防災・減災の可能性をさぐる

日時:1月27 日(水曜日) 15 時~17 時
場所:オンラインセミナー/日比谷国際ビルコンファレンススクエア
主催:国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所
http://redd.ffpri.affrc.go.jp/events/seminars/2021/20210127_ja.html


気候変動適応セミナー「With コロナ時代を生きる 気候変動リスクと適応」
を開催します!

 With コロナ時代を生きる私たちが、気候変動リスクと向き合い、気候変動に
備えて自分事として「適応」していくため、気候変動適応セミナーを開催します。
日時は2月3日(水曜日)14 時~16 時、オンライン開催(ZOOM)となります。
事前申込制になりますので、下記URL から1月29 日(金)までにお申し込み
ください。皆様の参加をお待ちしております。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f160477/p1202578.html


「2050 年脱炭素社会の実現に向けて私たちができること~コロナ禍
からのグリーンリカバリー~」

県と公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、2050 年脱炭素社会
の実現に向けて変わる私たちの暮らしについて考えるセミナーを、次のとお
りオンライン形式で開催します。
今回のセミナーを通じて、脱炭素社会の実現に向けて私たち一人ひとりが
できることを一緒に考えてみませんか。
皆様の御参加をお待ちしております。

日時:令和3年2月4日(木曜日)18 時00 分~19 時30 分
参加費:無料
2月2日(火曜日)までに下記URLからお申し込みください。
https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/140007-u/offer/userLoginDispNon.action?tempSeq=10755&accessFrom

詳細については、下記URLからホームページを御覧ください。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/evt/20210204seminar.html


化学物質の安全管理に関するシンポジウム

日時:2月4日(木) 13 時~16 時45 分
場所:オンライン
主催:化学物質の安全管理に関するシンポジウム実行委員会
http://www.nies.go.jp/whatsnew/20201218-2/20201218-2.html


第36 回全国環境研究所交流シンポジウム 「現場から考える環境研究」

日時:2月17 日(水曜日)13 時~17 時30 分
場所:オンライン
主催:国立研究開発法人国立環境研究所
http://www.nies.go.jp/whatsnew/20201221/20201221.html


お知らせ

知ってる?かながわエコBOX


「かながわエコBOX」は「かながわ環境活動支援コーナー」の愛称です。
かながわのローカルアジェンダである「私たちの環境行動宣言 かながわ
エコ10 トライ」の取組や環境活動に関する相談、情報発信、活動の連携を支援する
窓口です。どうぞお気軽に御利用ください。
【 場  所 】 かながわ県民センター(横浜駅西口)9階
【 電  話 】 045-321-7453 【 FAX 】045-321-7454
【 E メール 】 agendacorner@kccca.jp
【利用時間】 月曜日~土曜日 13 時から18 時まで(日曜、祝日、年末年始を除く)
【ホームページ】 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f70237/


バックナンバーの御案内


 「エコ10 だより」のバックナンバーは次のサイトより御覧いただけます。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f360478/p833139.html


配信停止の御案内


 エコ10 だよりの配信を希望されない方は、以下のURL をクリックしてください。
ワンクリックで配信登録の解除を行うことができます。
%%del%%
※)URL の表示が折り返されたりしてクリックをしてもリンクが効かない場合は、
  全文をブラウザのURL 入力欄にコピーして御利用ください。


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏ かながわ地球環境保全推進会議事務局
┏┏ (神奈川県環境計画課地球温暖化対策グループ)
┏※本メールマガジンは、事務局から委託されたかながわ
┌環境活動支援コーナー(かながわエコBOX)が配信しています。
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa