平成23年度 マイアジェンダ登録者の地球温暖化防止の取組等に関する調査結果

掲載日:2018年3月2日

調査概要

1 調査の趣旨

家庭部門の地球温暖化対策の推進を図るため、マイアジェンダ登録者を対象に、登録の効果等に関するアンケート調査を行い、今後の施策展開の基礎資料とする。

また、平成21年度に実施した同調査の経年変化を調査する。

2 調査対象

マイアジェンダ登録者20,818名

(内訳)電子メールアドレス未登録者 : 3,300名

電子メールアドレス登録者 : 17,518名

3 調査方法

電子メールアドレス未登録者 : 郵送による配付・回収、インターネット入力フォームへの回答入力

電子メールアドレス登録者 : 電子メールによる送信・インターネット入力フォームへの回答入力

4 調査期間

平成23年10月11日~11月15日

5 アンケート回収状況

 

対象数

回答数

回答率

発送数

不着数

 

郵 送

3,300件

88件

3,212件

932件

29.0%

メール

17,518件

2,016件

15,502件

209件

1.3%

合 計

20,818件

2,104件

18,714件

1,141件

6.1%

6 回答者の属性…回答者数(回答率)

(1)性別

男性

529人(46.4%) 

女性

605人(53.0%)

無回答

7人(0.6%)

(2)年齢

~19歳

77人(6.7%)

40~49歳

235人(20.6%)

70~79歳

161人(14.1%)

20~29歳

23人(2.0%)

50~59歳

202人(17.7%)

80歳~

25人(2.2%)

30~39歳

135人(11.8%)

60~69歳

274人(24.0%)

無回答

9人(0.8%)

(3)住所 

横浜市

318人(27.9%)

厚木市

11人(1.0%)

大井町

2人(0.2%)

川崎市

31人(2.7%)

大和市

6人(0.5%)

松田町

0人(0.0%)

相模原市

81人(7.1%)

伊勢原市

36人(3.2%)

山北町

4人(0.4%)

横須賀市

134人(11.7%)

海老名市

3人(0.3%)

開成町

0人(0.0%)

平塚市

80人(7.0%)

座間市

10人(0.9%)

箱根町

3人(0.3%)

鎌倉市

45人(3.9%)

南足柄市

3人(0.3%)

真鶴町

0人(0.0%)

藤沢市

104人(9.1%)

綾瀬市

3人(0.3%)

湯河原町

1人(0.1%)

小田原市

7人(0.6%)

葉山町

60人(5.3%)

愛川町

52人(4.6%)

茅ヶ崎市

60人(5.3%)

寒川町

3人(0.3%)

清川村

0人(0.0%)

逗子市

25人(2.2%)

大磯町

2人(0.2%)

県外

33人(2.9%)

三浦市

8人(0.7%)

二宮町

2人(0.2%)

無回答

7人(0.6%)

秦野市

7人(0.6%)

中井町

0人(0.0%)

   

(4)職業

自営業

50人(4.4%)

家事専業(主婦、主夫) 

255人(22.3%)

会社員

237人(20.8%)

無職

206人(18.1%)

公務員、団体職員

99人(8.7%)

その他 

28人(2.5%)

学生

83人(7.3%)

無回答

10人(0.9%)

ハ゜ートタイマー、アルハ゛イト

173人(15.2%)

 

 

調査結果

1 家庭における温暖化防止の取組状況、意識について

【問1】

あなたはマイアジェンダ登録前から、地球温暖化問題に関心がありましたか?(答えは一つ:H211,422人、H23年1,141人)

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21 

H23 

H21 

H23

1非常に関心があった

392

259

27.6

22.7

2ある程度関心があった

857

737

60.3

64.6

3あまり関心がなかった

133

128

9.4

11.2

4まったく関心がなかった

15

12

1.1

1.1

無回答

25

5

1.8

0.4

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

項 目 

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1+2関心があった 

1,249

996

87.8

87.3

3+4関心がなかった

148

140

10.4

12.3

無回答 

25

5

1.8

0.4

合 計 

1,422

1,141

100.0

100.0

【問2】

マイアジェンダ登録を行ってから、地球温暖化問題に対してあなたの意識に変化はありましたか?(答は一つ:H211,422人、H231,141人) 

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1 非常に意識が高まった

221

138

15.5

12.1

2 ある程度意識が高まった

836

603

58.8

52.8

3 あまり変化はない

335

390

23.6

34.2

4 むしろ意識が低くなった

0

2

0.0

0.2

無回答

30

8

2.1

0.7

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

 

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1+2高くなった

1,057

741

74.3

64.9

3 あまり変化はない

335

390

23.6

34.2

4 低くなった 

0

2

0.0

0.2

無回答

30

8

2.1

0.7

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

【問3】

マイアジェンダ登録後、あなたの家庭の電気・ガス・水道の使用量に変化はありましたか?(答は一つ:H211,422人、H231,141人)

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1非常に減った

72

90

5.1

7.9

2少し減った

659

616

46.3

54.0

3あまり変化はない

477

328

33.5

28.7

4少し増えた

13

13

0.9

1.1

5非常に増えた

6

2

0.4

0.2

6いちがいには言えない

85

49

6.0

4.3

7分からない

68

34

4.8

3.0

無回答

42

9

3.0

0.8

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1+2減った

731

706

51.4

61.9

3あまり変化はない

477

328

33.5

28.7

4+5増えた

19

15

1.3

1.3

6+7 いちがいには言えない

分からない、無回答

195

92

13.7

8.1

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

【問4】

あなたの家庭で、今後、電気・ガス・水道の使用量を、現在よりも減らしていくことは可能だと思いますか?(答は一つ:H211,422人、H231,141人) 

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1大きく減らすことができると思う

116

57

8.5

5.0

2少しなら減らすことができると思う

1138

869

83.2

76.2

3これ以上減らすことはできないと思う

70

183

5.1

16.0

4少し増えていくと思う

11

22

0.8

1.9

5大きく増えていくと思う

2

0

0.1

0.0

無回答

30

10

2.2

0.9

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1+2可能

1,254

926

91.7

81.2

3 減らすことはできない

70

183

5.1

16.0

4+5増える

13

22

1.0

1.9

無回答

30

10

2.2

0.9

合 計

1,367

1,141

100.0

100.0

【問5】

電気・ガス・水道の使用量を、現在よりも「減らすことはできない」「増えていく」と思うのはなぜですか?(答は三つまで:H21137人、H23343人)

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1 こまめな節電など、日常的な取組みを継続してできそうにないから

2

2

1.5

0.6

2 こまめな節電など、日常的にできることは、既にやっているから

109

161

79.6

46.9

3 省エネ家電の購入など、お金のかかる対策をしなければならないから

26

38

19.0

11.1

4 家族の理解が得られそうにないから

7

12

5.1

3.5

5 現状でも最低限の使用量に抑えているから

74

122

54.0

35.6

6 生活を不便にしたくない・もっと豊かな生活をしたいから

6

6

4.4

1.7

7 子どもが生まれたり成長したりするなど、今後、世帯の規模が大きくなるから

24

35

17.5

10.2

8 その他

11

17

8.0

6.7

(問5 その他)

  • 3人から5人へ世帯の規模が大きくなったから。一人当たりの増加量は微増だと思う。
  • 数年前から節電や省エネに努めており、これ以上は厳しいから。
  • 親の介護が必要なため。

【問6】

あなたは、自分で電気・ガス・水道の検針票を確認していますか?(答は一つ:H211,422人、H231,141人)

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1 毎月確認している

737

581

51.8

50.9

2 ときどき確認している

341

250

24.0

21.9

3 あまり確認したことはない

180

132

12.7

11.6

4 まったく確認したことはない

142

107

10.0

9.4

無回答

22

71

1.5

6.2

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1+2確認している

1,078 

831

75.8 

72.8

3+4確認たことはない

322 

239

22.6 

20.9

無回答

22

71

1.5 

6.2

合計

1,422

1,141

100.0

99.9

【問7】

あなたの家庭では、環境家計簿を利用していますか?(答は一つ:H211,422人、H231,141人)

項 目 

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1 「かながわ環境家計簿エコボ」を利用している

18

9

1.3

0.8

2 「かながわ環境家計簿エコボ」以外の環境家計簿を利用している

30

24

2.1

2.1

3 かつては利用したことがあるが、現在は利用していない

72

46

5.1

4.0

4 環境家計簿について知ってはいるが、利用したことがない

367

329

25.8

28.8

5 環境家計簿について知らない

874

673

61.5

59.0

無回答

18

60

1.3

5.3

(問7エコボ以外の環境家計簿) 

  • 明るい暮らしの家計簿
  • かながわ生協の環境家計簿
  • 会社が準備している環境家計簿

【問8】

環境家計簿を利用していない主な理由は何ですか?(答は一つ:H21439人、H23375人)

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1 めんどうだから

104

69

23.7

18.4

2 使い方が分からないから 

92

54

21.0

14.4

3 利用したが期待した効果がなかったから

7

12

1.6

3.2

4 利用しなくても家庭の省エネ等には取り組めるから

203

193

46.2

51.5

5 利用しなくても家庭の二酸化炭素(CO2)の排出量がどれくらいかは分かるから

4

9

0.9

2.4

6 その他

29

16

6.6

4.3

無回答

0

22

0.0

5.9

合計

439

375

100.0

100.0

(問8その他の理由)

  • 自分のスタイルで自家製家計簿を作成し使用。
  • 環境家計簿がどこで入手できるのか知らない。
  • 以前、環境家計簿をつけていたが、目に見える減量がなかったから。また、グラフ化もしているので、それに対してアドバイス等があればやる気も持続したと思う。

【問9】

商品の購入にあたり、生産されて店頭に届くまでに排出される二酸化炭素(CO2)や、使用するときに排出されるCO2を意識して選択しますか?(答は一つ:H211,422人、H231,141人)

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1 大いに意識している

168

115

11.8

10.1

2 少し意識している

434

443

30.5

38.8

3 あまり意識していない

559

428

39.3

37.5

4 まったく意識していない

203

135

14.3

11.8

無回答

58

20

4.1

1.8

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0


項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1+2意識している

602

558

42.3

48.9

3+4意識していない

762

563

53.6

49.3

無回答

58

20

4.1

1.8

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

【問10】

買い物などをするときに、次の各項目について関心はありますか?(答は一つ:H211,422人、H231,141人)

関心度

項 目

年度

関心がある

知っているが関心はない

聞いたことがある程度

知らない

無回答

エコマーク

エコマーク

H21

969人

(68.1%)

170人

(12.0%)

163人

(11.5%)

73人

(5.1%)

47人

(3.3%)

H23

830人

(72.2%)

147人

(12.9%)

121人

(10.6%)

28人

(2.5%)

15人

(1.3%)

省エネラベル

省エネラベル

H21

589人

(41.4%)

100人

(7.0%)

240人

(16.9%)

422人

(29.7%)

71人

(5.0%)

H23

557人

(48.8%)

98人

(8.6%)

184人

(16.1%)

269人

(23.6%)

33人

(2.9%)

エコポイント

エコポイント

H21

839人

(59.0%)

200人

(14.1%)

217人

(15.3%)

100人

(7.0%)

66人

(4.6%)

H23

803人

(70.4%)

178人

(15.6%)

107人

(9.4%)

37人

(3.2%)

16人

(1.4%)

エコ・アクション・ポイント

エコアクションポイント

H21

111人

(7.8%)

73人

(5.1%)

218人

(15.3%)

929人

(65.3%)

91人

(6.4%)

H23

137人

(12.0%)

59人

(5.2%)

185人

(16.2%)

716人

(62.8%)

44人

(3.9%)

カーボンフットプリント

カーボンフットプリント

H21

123人

(8.6%)

65人

(4.6%)

212人

(14.9%)

931人

(65.5%)

91人

(6.4%)

H23

140人

(12.3%)

64人

(5.6%)

196人

(17.2%)

697人

(61.1%)

44人

(3.9%)

カーボンオフセット

H21

185人

(13.0%)

83人

(5.8%)

269人

(18.9%)

758人

(53.3%)

127人

(8.9%)

H23

181人

(15.9%)

94人

(8.2%)

241人

(21.1%)

563人

(49.3%)

62人

(5.4%)

フードマイレージ

H21

240人

(16.9%)

77人

(5.4%)

264人

(18.6%)

716人

(50.4%)

125人

(8.8%)

H23

231人

(20.2%)

71人

(6.2%)

189人

(16.6%)

585人

(51.3%)

65人

(5.7%)

地産地消

H21

808人

(56.8%)

67人

(4.7%)

138人

(9.7%)

302人

(21.2%)

107人

(7.5%)

H23

739人

(64.8%)

62人

(5.4%)

91人

(8.0%)

175人

(15.3%)

74人

(6.5%)

2 家庭における温暖化防止の取組を進めるための施策について

【問11】

家庭におけるCO2の排出を削減するためには、どのような分野の施策を優先的に実施すべきだと思いますか? (答は一つ:H211,422人、H231,141人)

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1 地球温暖化や家庭の省エネ等に関する意識を高めること

624

402

43.9

35.2

2 家庭の省エネ等を進めるための設備や機器などの導入に対して支援すること

377

305

26.5

26.7

3 家庭におけるCO2の削減に対し、何らかのメリットを与えること

346

291

24.3

25.5

4 その他

31

21

2.2

1.8

無回答

44

122

3.1

10.7

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

(問11 その他の優先的に実施すべき施策)

  • 省エネ製品を開発する。
  • 家庭からのCO2排出に対して、何らかのデメリットを与えること。
  • 炭素税を導入して、省エネを行うメリットを感じさせる仕組みづくりを行う。また、それを財源に、省エネへのインセンティブにつながる制度を導入する。

【問12】

地球温暖化や家庭の省エネ等に関する意識を高めるためには、具体的にどのような施策が最も有効だと思いますか?(答は一つ:H211,422人、H231,141人)

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1 地球温暖化や家庭の省エネ等に関心がない人への啓発 

408

315

28.7

27.6

2 地球温暖化や家庭の省エネ等に関心がある人への情報提供

161

108

11.3

9.5

3 学校における環境教育

383

297

26.9

26.0

4 地域における環境教育

280

205

19.7

18.0

5 環境に関する啓発や教育ができるボランティア等の人材育成

99

62

7.0

5.4

6 その他

48

33

3.4

2.9

無回答

43

121

3.0

10.6

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

(問12その他の意識を高めるための施策)

  • メディアから情報を提供する。
  • 子どもへの啓発を行う。理解も早く、大人への影響力もある。
  • 何をすべきか具体的に示して、効果やメリットを明確にする。
  • 地球温暖化防止の取組みを行うと得をするようにする。
  • 何らかのメリットやインセンティブがなければ進まないと思う。

【問13】

家庭の省エネ等を進めるための設備や機器などの導入を促進するためには、具体的にどのような支援が最も有効だと思いますか?(答は一つ:H211,422人、H231,141人)

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1 家庭を対象とした省エネルギーの無料診断やアドバイスの実施

431

281

30.3

24.6

2 エネルギー消費量をテレビやモニターで把握できるシステムの導入への補助

281

241

19.8

21.1

3 太陽光発電の導入への補助

431

280

30.3

24.5

4 高効率給湯器の導入への補助

64

62

4.5

5.4

5 エコカーの導入への補助

101

100

7.1

8.8

6 その他

62

51

4.4

4.5

無回答

52

126

3.7

11.0

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

(問13その他の省エネを進めるための設備や機器などの導入促進支援)

  • 省エネ商品への買い替え費用の補助を行う。
  • マンションの場合、個人ではどうにもならない部分があるので、そういった部分への支援策。
  • 新たな機器を導入するのではなく、必要ではないものを買わないように倹約を勧めることが大切だと思う。

【問14】

家庭におけるCO2の削減に対し、何らかのメリットを与えるための施策としては、具体的にどのような施策が最も有効だと思いますか?(答は一つ:H211,422人、H231,141人)

項 目

回答数(人)

回答率(%)

H21

H23

H21

H23

1 CO2削減量を金額価値に換算し、売却できる仕組みづくり

333

282

23.4

24.7

2 CO2削減に応じてポイントを獲得し、商品等と交換できる仕組みづくり 

542

435

38.1

38.1

3 CO2削減に応じて、公共施設の利用料や協力企業の商品が割引される仕組みづくり

381

228

26.8

20.0

4 CO2排出削減量の多い家庭への表彰

41

 27

2.5

2.4

5 その他

58

 45

4.1

3.9

無回答

67

124

4.7

10.9

合 計

1,422

1,141

100.0

100.0

(問14その他のCO2削減にメリットを与える施策)

  • 現状で、最低限の使用量に抑えている我が家では、削減量に対してメリットが付与されても何の恩恵もないということ。なので、使用量の少ない家庭に対してメリットがあると嬉しい。
  • あまり有効な背策はない。
  • メリットを与えるより、意識を高めるべき。見返りがなくてもそうしたいと思うことが大切。

自由意見

CO2削減のための提案

  • 個人で意識しても、意識のまったくない人や、行動のない人を見てしまうと、無意味さを感じガッカリすることもあります。学校、自治体、企業などでも意識が高くなっているのは感じるので、個々が実践できる・しやすい活動の啓発をすすめていく必要があると思います。
  • 地球温暖化対策のひとつとして自転車利用を促進すべきと思う。駐車場の利用価格、方法についてもっと利用しやすいようにするとよい。
  • 協力的ではない方々に関心を持たせるのは大変なことですが、紙面の周知では読み深めなければ行動に移りません。隣近所、友人等からの口コミやお誘いは意外に効果があるので、地域ごとに啓発ボランティアを配置したり、楽しみながら知識の身につく学習会を開催すれば効果があるのではないでしょうか。
  • 書面や街頭キャンペーンで訴えても関心が得られ難い。テレビ等でもっと呼びかけたほうが、浸透すると思う。
  • ポイントやお金で関心を集めるのではなく、地道な啓蒙活動を、広報等通じて行うのがあるべき姿だと思います。
  • 自家用車を使わず、公共交通機関を利用する人がもっと優遇されても良いのでは?
  • 我が家では子どもも無駄の削減に取り組んでいます。やったことが成果として見え、メリットを感じる活動を進めれば、少しずつでも良くなっていくのでは、と期待しています。
  • 個々の人が成果を意識・確認することは大変大切なこと。次のSTEPとして、取組みの成果が効果を挙げているのか知れたらよいと思います。
  • 一人ひとりが自覚を持ち、できることから始めるのが一番だと思います。

CO2削減の決意

  • 個人でできることから実践し、その積み重ねを成果として次世代に伝えていく。
  • お米を研いだ水は土に戻すとか、野菜のくずは再利用するなど、少しでもできる限りのことはしたい。
  • 地球温暖化防止は皆が少しずつでも心がけたら効果があると思います。グリーンカーテンや家庭菜園、米の研ぎ汁や風呂水の再利用、エコドライブなど楽しんでやっています。
  • 環境家計簿にもトライしてみようと思います。
  • 地震後の節電対策の省エネが思いがけず生活の見直しにつながった。不便はちょっとだけ工夫をすれば省エネできる。小さいことだけど、意識して続けていきたい。
  • 洗濯は毎日ではなくためてから行い、週に2回くらいにしようと思います。

マイアジェンダ登録への感想

  • 広報に載せるなどして広く知らせたらよいと思います。カタカナを使わず、幅広い年齢に分かりやすくしたほうが良い。
  • お互いにコミュニケーションをとりたいので、登録している人が地域毎に分かるといいかもしれません。
  • このアンケートをきっかけに、もう少し地球温暖化防止についての意識を高めなければいけないと思いました。
  • 震災前後での変化が大きいと思う。もともとエアコン等をほとんど使用しない我が家のような場合、大きな削減は難しいので細かい節エネしかない。「エコ」もあまり言われると、生活の中で罪悪感を感じてしまう。

行政への提言

  • 東日本大震災や温暖化による大雨等により国民全体の意識が大きく変わってきており、今がいろいろな意味でチャンスの時だと思う。行政の早い対応を望む。
  • ごみの減量化として家庭ででできることに「生ごみの自家処理」があります。身近で簡単にできる方法を広く推進する施策を推進してください。
  • このようなアンケートに参加させていただくだけでも、意識の高まりを感じます。将来(未来)のある子どもたちのためにも、先を歩む大人たちが基盤を築くべきだと思います。公共機関と手を携えて取り組めたら、いっそう良い対策ができるでしょう。
  • 地球温暖化防止といっても人事だと思っている人が、まだまだたくさんいます。一人ひとりが危機を捉えないと真剣に考えられないのかもしれないので、どんどん活動を広げていってください。
  • 温暖化対策が月単位、半年単位、年単位でどれだけ効果が出ているのか、県および国単位でマスメディアを使って公表するなどの工夫が必要だと思う。節約をしたところでどれだけ貢献できたかが分からないと長続きしない。

その他

  • 省エネの新しい商品が出ても、古い製品が使えるので買い換える気にはなれない。
  • 地球温暖化防止、すこしでも心がけたいと思っています。青い空ときれいな川の地球に戻れたら…がんばりましょう!!
  • 環境フェアが毎年楽しみです。楽しみながら環境問題に自然に取り組むことが一番だと思います。
  • 「省エネ」や「温暖化対策」が商品を売るためのキャッチコピーになっているところがとても気になります。「物を大切にする」ということを考えると、まだ使えるものを手放して新しいものに買い換えるのが環境にいい事をした、とは言えないような気がします。
  • 娘は北極の氷が解ける=白熊がかわいそう 程度の知識しかありませんが、子どもの頃からそういう問題を知っているだけでも、意識が違うと思います。これからも情報を与えていきたいと思います。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa