(仮称)平塚市次期環境事業センター建設事業の概要

掲載日:2020年4月3日

事業概要

整理番号 事業名称 129 (仮称)平塚市次期環境事業センター建設事業
事業の種類 廃棄物処理施設の建設
事業者 平塚市
事業の実施位置 平塚市大神3230番地ほか
事業の規模等
実施区域面積 約1.3ヘクタール
1日当たりの処理能力 焼却方式 焼却+灰溶融方式 ガス化溶融方式
1日当たり315トン 焼却炉:1日当たり315トン
灰溶融炉:1日当たり30トン
合計:1日当たり345トン
1日当たり315トン
 

※処理方式は、上記3つの方式の中から選定することを前提とした環境影響評価手続を行った。

事業の目的 平塚市及び大磯町では、既存の可燃ごみ焼却施設の老朽化が進み、新たな焼却施設等の建設が急務となっていること及び両市町が神奈川県ごみ処理広域化計画を受けて「平塚・大磯ブロックごみ処理広域化実施計画」を策定したことから、平塚市大神地区に焼却施設等を建設し、両市町で発生する可燃ごみを安全で安定的に処理する。
関係市町村等 藤沢市、厚木市、伊勢原市、海老名市、寒川町
 

手続の状況

実施計画書の手続

実施計画書 提出年月日2007年11月16日 実施計画周知書承認年月日2007年12月5日
(実施計画書の概要はこちら)
縦覧期間2007年12月18日~2008年1月31日(45日間)
実施計画意見書 提出期間2007年12月18日~2008年1月31日(45日間) 意見書数9通
関係市町村長意見 藤沢市2008年2月22日厚木市2008年2月26日伊勢原市2008年2月26日海老名市2008年2月19日寒川町2008年2月25日
審査会 諮問年月日2007年11月27日答申年月日2008年5月7日 審査回数6回
知事審査意見書 送付年月日2008年5月14日(審査意見書はこちら)
 

予測評価書案の手続

予測評価書案 提出年月日2009年6月23日 周知計画書承認年月日2009年7月6日
(予測評価書案の概要はこちら)
縦覧期間2009年7月14日~2009年8月27日
意見書 提出期間2009年7月14日~2009年8月27日 意見書数6通
説明会 開催回数6回 参加者数54人
意見・見解書 縦覧期間2009年9月25日~2009年10月26日  
公聴会 開催日2009年11月7日 公述人数2人
関係市町村長意見 藤沢市長2009年12月7日厚木市長2009年12月11日伊勢原市長2009年12月10日海老名市長2009年12月10日寒川町長2009年12月11日
審査会 諮問年月日2009年6月30日 答申年月日2010年2月1日 審査回数7回
知事審査書 送付年月日2010年2月8日(審査書はこちら)
予測評価書 提出年月日2010年3月29日(審査書に対する事業者の主な対応はこちら)
縦覧期間2010年4月9日~2010年4月23日  
 

事後調査手続など

着手届 提出年月日2010年6月25日 公告年月日2010年7月6日
事後調査報告書(第1回) 提出年月日2012年8月10日 縦覧期間2012年8月24日~2012年9月7日(15日間)
完了届 提出年月日2013年10月3日 公告年月日 2013年10月18日
事後調査報告書(第2回) 提出年月日2017年6月23日 縦覧期間2017年7月4日~2017年7月18日(15日間)
 

このページの先頭へもどる

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa