(仮称)三浦市三戸地区発生土処分場建設事業に係る環境影響予測評価書案の概要

掲載日:2020年4月3日

対象事業の名称等

対象事業の名称

(仮称)三浦市三戸地区発生土処分場建設事業

事業者

京浜急行電鉄株式会社 取締役社長 石渡恒夫

事業の種類

発生土処分場の建設

対象事業の目的

神奈川県内では、社会資本設備や民間の宅地開発等による建設発生土が恒常的に発生しているが、県東部地域では、適地の不足から発生土の受入処分場が慢性的に不足している。そのため、三浦市初声町三戸地区において建設発生土処分場を建設し、県東部地域における建設発生土処分場不足の解決を図るための一助となることを目的とする。

対象事業の位置等

対象事業の位置

三浦市初声町三戸40番ほか

実施区域及び周辺地域の環境の特性

〈社会的状況〉

土地利用

  • 平成17年度三浦市統計書によると、三浦市の土地利用の状況は、農耕地37.3パーセント、山林16.1パーセント、宅地15.2パーセントの順で割合を占めているが、実施区域においては畑地と山林が大部分を占めている。都市計画区域及び用途地域面積は795ヘクタールが市街化区域に、2,349ヘクタールが市街化調整区域に指定されている。市街化区域の内訳は住居系86.2パーセント、商業系6.7パーセント、工業系7.1パーセントとなっている。実施区域は全域が市街化区域であり、用途地域は第一種低層住居専用地域に指定されている。

交通

  • 実施区域周辺の道路状況は、東側に国道134号、国道を挟んで北側に京浜急行の鉄道が走っており、実施区域周辺における交通手段としては、電車とバスが利用できる。幹線道路が国道134号のみであるため、周辺地域からの交通が集中し、特に夏季の行楽シーズンは交通渋滞が見受けられる。

大気汚染

  • 実施区域周辺では三崎中学校一般環境大気測定局が設置されており、平成18年度は、二酸化窒素、浮遊粒子状物質の長期的評価、二酸化硫黄の長期的評価は環境基準を達成しているが、光化学オキシダントについては、環境基準を達成していない。

水質汚濁

  • 実施区域周辺の公共水域3地点で調査を実施されているが、水質汚濁に係る環境基準の類型区分に該当する河川はない。健康項目については、調査を実施した全地点において環境基準を満たしている。

〈自然的環境〉

水象

  • 河川については、実施区域及びその周辺には、一級河川、二級河川及び準用河川はない。なお小規模な河川として実施区域に北川がある。北川の下流部は、ほ場整備事業により暗渠化されている。

地象

  • 三浦市の地象は半島の中央部を北西から南東に横切る山地が延び、山地を境に地形的に北帯、中帯及び南帯に区分される。実施区域は南帯に属し標高が40~50メートルの丘陵部と低地の谷戸部が入り組んだ地形をしている。地質は第三紀層から構成される三浦層群・初声層からなっている。

植物

  • 実施区域及びその周辺の丘陵部の植生は、オニバシリ-コナラ群集などの二次林が発達し、急な斜面は、クサイチゴ-タラノキ群集などの先駆二次林が発達している。谷戸はヨシなどの優占する湿性草原が形成されている。

動物

  • 実施区域の含まれる丘陵部は、大楠山に連なる丘陵地帯から市街地により分断された飛び石状の緑地であることから、大楠山周辺における動物相に比べて多少貧弱である。実施区域における動物相は、ヒミズ、アカネズミ、タヌキ、イタチ等の哺乳類をはじめ、スズメ、メジロ、トビ等の鳥類、トカゲ、アマガエル等の爬虫類、両生類及びオニヤンマ、アオマツムシ等の昆虫類により特徴づけられる。

このページの先頭へもどる

対象事業の概要

受入土砂量

総量 約220万立方メートル

土地利用計画

 
利用区分 規模(ヘクタール)
発生土処分場 21.8
農地改良(関連事業地) 3.2
合計 25.0

環境影響予測評価の結果

選定した評価項目

12項目(大気汚染、水質汚濁、騒音・低周波空気振動、振動、廃棄物・発生土、水象、地象、植物・動物・生態系、文化財、景観、レクリエーション資源、安全)

環境影響予測評価結果の概要

 
評価項目 評価細目 予測評価結果の概要
大気汚染 一般環境項目(浮遊粒子物質及び二酸化窒素)、規制項目(粉じん) 1 受入搬入土砂の車両走行による浮遊粒子状物質及び二酸化窒素の予測結果は環境基準値等を満足する。
2 粉じんについては、実施区域周辺の北側及び東側の約850メートルの範囲〔風速毎秒5.5メートル以上におけるシルト分(0.01ミリメートル)が飛散する距離〕には住宅地があるため、環境保全対策として必要に応じて散水を行い、敷地境界付近には防じんネットや仮囲いを設置する。
したがって、実施区域周辺の生活環境に著しい影響は及ぼさないと評価する。
水質汚濁 指標項目(外観) 本事業の実施により、降雨時には濁水が生じるが、実施区域内に設置される仮設調整池等に一時的に貯留することにより、河川への浮遊物質量(SS)濃度は現状と同程度またはそれ以下と予測される。また、環境保全対策として、急激な裸地増加の抑制や裸地の早期緑化を図る。
したがって、河川の外観に変化を及ぼすおそれはないと評価する。
騒音・低周波空気振動 騒音 1 建設機械の稼働に伴う、建設作業騒音レベルは、仮囲い等を設置することにより、敷地境界での規制基準及び周辺家屋での環境基準を満足する。
2 受入土砂搬入車両の走行による国道134号の騒音レベルは環境基準を満足します。市道17号では環境基準を上回るが、現状でも超過しており要請基準は満足する。
したがって、実施区域周辺の生活環境に及ぼす影響は少ないものと評価する。
振動 振動 1 建設機械の稼働に伴う周辺家屋での振動レベルは、評価目標を満足する。
2 受入土砂搬入車両の走行による国道134号及び市道17号の沿道における振動レベルは、要請限度以下であり評価目標を満足している。
したがって、実施区域周辺の生活環境に及ぼす影響は少ないものと評価する。
廃棄物・発生土 産業廃棄物 工事中及び供用時の伐採樹木は、可能な限り有効利用を図り、余剰材及び根や枝葉等は許可を受けた専門業者に委託して適切に処理、処分されるので、実施区域周辺の生活環境に著しい影響は及ぼさないと評価する。
水象 河川 本事業の実施区域を含む北川流域においては、隣接し、既に実施されている農地造成事業と将来実施される土地区画整理事業による土地改変を想定して、下流の河川及び水路が改修されている。
また、実施区域内に仮設調整池(5箇所)と沈砂池(1箇所)を設けるため、実施区域下流の河川や水路への影響はほとんどない。
したがって、実施区域下流域への影響はほとんどないと評価する。
地象 傾斜地の崩壊 盛土法面は基盤部を地盤改良することにより、形成される盛土法面の安全等に関する基準1.0を満足している。
また、法面の表面排水の処理や種子吹付による緑化により法面保護工を施し、雨水による侵食を防ぐこととする。
したがって、形成される盛土法面は長期にわたって安定となり、周辺地域の居住環境に著しい影響は及ぼさないと評価する。
植物・動物・生態系 植物・動物・生態系 1 本事業の実施により消失又は縮小される植物、動物及び水生生物の注目種については、隣接する農地造成事業における蟹田沢ビオトープや小網代の森に移植・移設を行い、多様な環境を創出し、周辺の豊かな自然環境との連続性を確保するよう努める。
2 生態系の面からは、谷戸ユニットの機能を確保するため、事業着手後速やかに蟹田沢ビオトープを保全整備し、湿性植物の保全及び水辺を利用する動物の生息地を創出する。更に樹林ユニットは、法面の樹林の育成管理や補植を行い、樹林性植物の生育地及び樹林を利用する動物の生息地を創出する。
したがって、事業実施による植物・動物・生態系への影響は可能な限り小さくなると評価する。
文化財 文化財 本事業の実施により埋蔵文化財包蔵地が改変されるが、工事に先立って発掘調査を行い、その学術的価値に応じて記録・保存等を行う等、適切な措置を講じるため、埋蔵文化財に著しい影響は及ぼさないと評価する。
景観 景観 主要な展望地点から実施区域を展望すると、谷戸部における景観の変化はわずかであり、尾根部の標高等の変化は見られない。また、法面や仕上り面は早期に緑化される。
したがって、実施区域の存在が主要な展望地点からの展望に著しい妨げとなることはなく、事業の実施が眺望の対象に支障を与えることは少ないと評価する。
レクリエーション資源 レクリエーション資源 本事業の実施により、実施区域周辺のレクリエーション資源である海水浴場・散歩コース・スポーツ公園及び小網代の森の利用については、いずれも公共機関と歩行を利用する来訪者が多いと考えられ、利用状況に著しい影響は及ぼさないと評価する。
安全 交通 受入土砂搬入車両は国道134号を経由し、1日最大で220台を計画している。
一方、国道134号の現況交通量は、昼間の12時間で約12,000~13,000台となっている。実施区域周辺の三戸入口交差点の飽和度の予測結果は0.45であり、交差点交通流に支障が出るとされる0.9を大きく下回っている。
また、歩行者、通勤、通学の交通安全については、必要に応じて事業区域の車両出入口等に交通整理員を配置する等の安全対策を実施する。
したがって、本事業の実施による実施区域周辺の交通安全に著しい影響は及ぼさないと評価する。

予測評価の対象としなかった項目

土壌汚染、地盤沈下、悪臭、電波障害、日照阻害、気象、地域分断

このページの先頭へもどる

 

審査意見書に基づく実施計画書の変更内容又は変更しない場合は、その理由

 
審査意見書における指摘事項 事業者の対応
(仮称)三浦市三戸地区発生土処分場建設事業(以下「本件事業」という。)は、京浜急行電鉄株式会社が、三浦市初声町三戸40番外の面積約25ヘクタールの土地(以下「実施区域」という。)に、主に県東部地域の建設発生土を7年半にわたり合計約220万立方メートル受け入れる処分場を建設するものである。
なお、実施区域を含む周辺地域は、都市計画区域の整備、開発及び保全の方針において、「土地区画整理事業等を活用」し、「自然と共生した市街地の形成を誘導」するとされており、本件事業はその基盤整備を行うという性格も併せ持つものである。
実施区域は三浦市西部にあって、京浜急行電鉄三崎口駅から南に約500メートルの場所に位置する。実施区域及びその周辺地域は第一種低層住居専用地域に指定されている。北側及び東側はおおむね農地であり、東側の幹線道路沿いには住宅が建ち並んでいる。西側には整備中の農地造成事業があり、南側には「小網代の森」がある。
実施区域を含む周辺地域は昭和40年代前半から住宅地として開発が計画されてきたが、実施区域南側の「小網代の森」は海から干潟、そして森につながる地形により多様な生態系が形成されており、NPOなどが中心となって保全に向けた取り組みも行われてきた。こうした背景から、平成4年以降、県は三浦市及び地権者と土地利用についての調整を図り、その結果、「小網代の森」は保全する区域とされる一方で、実施区域は開発する区域とされた。なお、「小網代の森」は平成17年に近郊緑地保全区域に指定された。
実施区域の現況は自然が残された谷戸地形で、斜面は主に二次林に覆われ、底部には小川(北川)が流れており、メダカなどの貴重な動物や湿性植物が生息及び生育する比較的豊かな生態系が形成されている。
本件事業の実施により、実施区域に存在するこの谷戸環境が失われるとともに、隣接する「小網代の森」を含む周辺地域を生息環境とする動物などへの影響が懸念される。
このような状況の中で、本件事業の環境影響予測評価実施計画書を審査したところ、その審査結果は以下のとおりである。
環境影響予測評価書案の作成に当たっては、次の審査結果を十分に踏まえ、適切な対応を図る必要がある。
特に、事業者は実施区域及び周辺地域が持つ自然環境の重要性を十分に認識し、周辺地域を含めた十分な調査を行った上で、生態系の保全の視点に立って環境保全対策の検討及び立案を行い、可能な限りの自然環境の保全と創造に努める必要がある。
環境影響予測評価書案の作成に当たっては、審査意見書の内容を十分に踏まえ、特に実施区域及び周辺地域が持つ自然環境の重要性に着目し、周辺地域を含めた十分な調査を行ない、その結果を踏まえて予測及び評価を行った。
また、環境保全対策については、「小網代の森」など周辺の自然環境への十分な配慮を行なうため、緑のネットワークを意識した対策の検討を行った。環境保全対策の具体的な内容については、将来計画である土地区画整理事業等を踏まえ、事業者として実行可能な内容を検討した。
1 環境影響評価項目の選定について
(1) 大気汚染
供用時の受入土砂搬入車両は1日当たり最大220台を予定しており、利用する国道134号の現況交通量と比較してわずかであることから、搬入車両の通行による影響として粉じん以外の大気汚染物質を選定していない。しかし、すべてが大型車であり、小型車との排出量の差を考慮すると影響を無視できないため、評価する物質として二酸化窒素及び浮遊粒子状物質の選定を検討すること。


「大気汚染の一般環境項目(浮遊粒子状物質・二酸化窒素)」と「景観」及び「レクリエーション資源」を評価項目として選定した。
(2)景観
事業の実施によって谷戸地形が消失し、身近な景観が大きく変化するため、評価項目として選定すること。
(3)レクリエーション資源
「小網代の森」は、自然観察などの場として将来県民の利用が見込まれることから、評価項目として選定すること。
2 調査計画等について
 植物・動物・生態系
実施区域及びその周辺地域は、北川の集水域と樹林が一体となった谷戸の生態系が成立し、貴重な種であるメダカの生息が確認されている。また、文献には周辺地域にキツネ、オオタカなどが生息すると記載されている。こうしたことから、十分な環境保全対策を講じるためには、次のことに留意して、自然環境の実態を正確に調査し、把握すること。


現地調査については、自然特性に則し適切に調査を実施した。その結果、動物及び植物の注目すべき種が確認された。
植物については現状と同様の環境を有する小網代の森と農地造成事業が行われた区域において自然環境を保全することになったエリア(以下、「自然環境保全エリア」という。)に移植し、ビオトープとして整備する計画とした。
また、動物についても注目すべき種は環境保全対策としてメダカやホタルを指標種とする蟹田沢ビオトープに移設を行い、生息環境を整備する計画とした。
 鳥類以外の動物の調査範囲は実施区域の境界から約200メートル程度としているが、生息の可能性のある中型哺乳類は行動域が広いため、その特性に応じ適切な調査範囲を設定すること。 哺乳類の調査範囲については、実施区域の南側を、小網代近郊緑地保全区域内を流れる「浦の川」まで(実施区域の境界から約300~500メートル程度)広げた範囲とした。
 谷戸底部の調査に当たっては、生物種の調査漏れがないよう可能な限り多数の生物種を定量採集すると同時に、北川の流量や底質など、生物種の生育及び生息環境を十分把握すること。
特に、水生生物の調査を各季1回行うとしているが、種によって確認できる時期が異なるので、適切な時期及び回数などを設定すること。
実施区域を流れる北川の谷戸底部については、生物種について調査漏れがないよう可能な限り詳細な調査を実施した。水生生物調査は、魚類、底生、付着藻類の調査を各季1回計4回実施し、各季の調査時期についても適切な時期を選定して実施した。
また、調査方法についても、可能な限り定量的な内容で実施し(例:コドラート法による底生動物調査、トラップ法による魚類調査等)、特にメダカについては、貴重種として位置づけ、北川の流量や水質、底質(粒度分析)など、生息環境条件に関する調査を専門家の意見を踏まえて実施し、その結果を活かした環境保全対策を検討した。
更に、水辺を生息場とするホタル類については、6月及び7月に計5回調査を実施し、生息状況を確認した。
3 その他
 事業の背景にある関係者との間で行われた土地利用の調整の経緯等を記載して、事業の実施を必要とする理由をより明確にすること。

土地利用の調整の経緯等の概要は以下のとおりである。
対象事業となる発生土処分場を計画している区域については、昭和40年代から土地利用のあり方について検討されてきた「三浦市三戸・小網代地区」(約160ヘクタール)のなかに位置しており、三戸・小網代地区については、平成7年に京浜急行電鉄株式会社・三浦市・神奈川県の三者で調整をした結果、次の土地利用計画に沿って事業が行われることになっている。
農地造成区域(約40ヘクタールの市街化調整区域)
三戸地区宅地開発区域(約50ヘクタールの市街化区域で土地区画整理事業を予定)
保全区域・小網代地区(約70ヘクタールの市街化区域)
このような土地利用計画に基づき、今回の発生土処分場は、三戸地区宅地開発区域における土地区画整理事業の早期完成のための準備事業として位置付けている。
 実施区域は豊かな生態系が形成されていることから、事業の内容を工夫して少しでも多くの自然環境を残すための検討をすること。 対象事業の実施により、実施区域内の植物、動物及び水生生物の生育・生息環境及び生態系ユニットに影響を与えると予測されるため、環境保全対策の検討を行った。
環境保全対策の検討については、「回避」、「低減」、「代償」の3つの観点から行い、対象事業を実施するうえで実行可能な内容の検討を行った。
その結果、環境保全対策の主な概要は以下のとおりである。
実施区域及びその周辺は市街化区域で、本事業完了後に土地区画整理事業が計画されており、その時点では事業者である京浜急行電鉄株式会社は一地権者となる予定である。土地区画整理事業において外周部の緑地の保全や、街路における地域種による植栽等の環境保全対策の提案は行なうが、将来の具体的な計画についてはその時点で検討する。
次に、現在工事中の5つの土地利用計画の一つである農地造成事業は、平成20年度に工事完了予定であり、農地造成事業の一環として蟹田川沿いの造成法面の緑化と造成地からの湧水と休耕田を利用した自然環境保全エリアの整備が行なわれている。自然環境保全エリアは、農地造成によって形成された盛土法面の緑化、休耕田の谷戸及び残存する斜面の樹林等の各環境がコンパクトにまとまって存在しており、本事業の実施区域内に広がる谷戸に類似した環境である。
この自然環境保全エリアを本事業により消失または縮小される貴重な植物及び動物の移植及び移設先として活用し、新たに「蟹田沢ビオトープ」として整備し、本事業の代償としての環境保全対策として環境の保全と復元に当たる。具体的には、変化に富んだ流水域及び止水域を作ることにより、指標種としてのホタルやメダカが生息する多様性のある環境を整備する。本事業によるこのような整備により、「蟹田沢ビオトープ」は小網代の森と連続する新しい多様性のある自然環境の場として創出されることになる。
更に、メダカやホタルについては三浦地域の固有種であると云われているので、種の保存のため愛好家やボランティア等の協力も得て室内水槽等による種の保存につとめ、必要に応じて周辺のビオトープ等に移設する計画とする。

このページの先頭へもどる

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa