クリーンセンター建設事業に係る環境影響予測評価実施計画書の概要

掲載日:2020年4月3日

対象事業の名称等

事業の名称

クリーンセンター建設事業

事業者の名称

秦野市長古谷義幸

事業の種類

廃棄物処理施設の建設

対象事業の目的

秦野市及び伊勢原市域内で発生する可燃ごみの安全で安定的なごみ焼却を図ることを目的に、老朽化が進む伊勢原清掃工場180トン/日施設の更新施設として、秦野衛生センター(し尿処理施設)廃止後の跡地に建設する。

あわせて、焼却に伴い発生する熱を積極的に回収し、場内で消費される電力を発電により賄うとともに、余熱利用施設への供給によりエネルギーの有効利用を図る。また、焼却灰の溶融等による資源化を進め、最終処分量の減量化を図る。

対象事業の位置等

実施区域

秦野市曽谷4624番地

実施区域及び周辺地域の環境の特性

 
〈社会的状況〉
土地利用 実施区域は現在、秦野衛生センターであり、廃止後の跡地にクリーンセンター施設を建設する。東側は主に山林など自然的土地利用であり、西側は主に市街化の進んだ都市的土地利用となっている。実施区域は市街化調整区域に指定されている。
交通 実施区域の南側約2.4キロメートルに東名高速道路の秦野中井インターチェンジがある。実施区域北側約900メートルに国道246号線が東西に通っており、西側約200メートルに県道秦野二宮線が南北に通っている。
大気汚染 実施区域周辺には秦野市役所に一般環境大気測定局が設置されており、平成17年度は、二酸化窒素、浮遊粒子状物質の長期的評価、二酸化硫黄の長期的評価は環境基準を達成しているが、浮遊粒子状物質の短期的評価、二酸化硫黄の短期的評価及び光化学オキシダントについては、環境基準を達成していない。また同じく実施区域周辺の秦野本町に設置されている自動車排出ガス測定局においては、二酸化窒素、浮遊粒子状物質、一酸化炭素のすべてについて環境基準を達成している。
水質汚濁 周辺の公共水域6地点で生活環境項目、健康項目について調査を実施されており、生活環境項目の大腸菌群数が全ての地点で環境基準値を上回っている。その他の項目についは全ての地点で環境基準を達成している。
 
〈自然的環境〉
地形 実施区域は秦野盆地の東端部段丘上にあり、南東側は山地となっている。
地質 秦野盆地の地質は、第三系丹沢層群をつくる凝灰岩を基盤として、その上を砂礫とローム層が互層をなして堆積している。実施区域は、ローム層が表層となっている。
植物 実施区域の植生は、コナラ群落、畑地雑草群落が占めており、その周辺には水田雑草群落、果樹園、クヌギ-コナラ群集、スギ・ヒノキ・サワラ植林等が見られる。

環境の特性に基づき配慮しようとする内容

 
土地利用計画策定上の配慮 隣接する弘法山公園等の自然景観と調和するよう、工場棟や煙突の高さ、デザイン及び緑地の配置に配慮する。
既存施設の地盤を生かし、土地の改変区域を最小限におさえ、土工土量は極力抑えることとする。
事業実施にあたっての配慮 排ガスについては、焼却炉の適正な燃焼管理と最新の排ガス処理を実施することにより、法規制よりも厳しい公害防止に係る計画目標を満足させる。
プラント排水は河川への放流せず、場内で再利用する。
焼却に伴って発生する熱エネルギーを回収して発電することにより、総体として二酸化炭素の抑制を図る。

このページの先頭へもどる

対象事業の概要

対象事業の規模

 
実施区域面積 約35,000平方メートル
1日当たりの処理能力 ストーカ式焼却炉+灰溶解方式 流動床式ガス化溶融炉
ストーカ式焼却炉:約200トン/日
(100トン/日×2炉)
灰溶融炉 :約24トン/日
合計 :約224トン/日

約200トン/日
(100トン/日×2炉)

※ 処理方式は、現在上記2つの方式を検討している。

土地利用計画

 
利用区分 面積(平方メートル)
造成区域 工場棟(エントランス含む) 4,800
駐車場・駐輪場 1,500
ストックヤード等関連設備 300
場内道路 2,700
造成緑地 7,000
その他 1,700
小計 18,000
管理棟(既存等) 1,500
既存緑地 15,500
合計 35,000

施設全体計画

 
工場棟 建築面積約4,800平方メートル高さ約35メートル鉄骨・鉄筋コンクリート造
管理棟(既存棟) 建築面積約1,400平方メートル高さ15.7メートル
煙突 59メートル

評価項目の選定

選定した評価項目

13項目(大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音・低周波空気振動、振動、悪臭、廃棄物・発生土、電波障害、日照阻害、植物・動物・生態系、景観、レクリエーション資源、安全)

対象事業の評価項目と行為内容の関係

 
評価項目 評価細目 行為内容(環境影響要因)
大気汚染 一般環境項目 二酸化硫黄 施設の稼働
浮遊粒子状物質 建設機械の稼働、工事用車両の走行、施設の稼働、関係車両の走行
二酸化窒素 建設機械の稼働、工事用車両の走行、施設の稼働、関係車両の走行
特定環境項目 ダイオキシン類 施設の稼働
規制項目 塩化水素 施設の稼働
粉じん 建設工事、施設の稼働
有害項目 水銀 施設の稼働
水質汚濁 生活環境項目 施設の稼働
健康項目 施設の稼働
規制項目 施設の稼働
土壌汚染 土壌汚染 建設工事、施設の稼働
騒音・低周波空気振動 騒音 建設機械の稼働、工事用車両の走行、施設の稼働、関係車両の走行
低周波空気振動 施設の稼働
振動 振動 建設機械の稼働、工事用車両の走行、施設の稼働、関係車両の走行
悪臭 悪臭 施設の稼働
廃棄物・発生土 一般廃棄物 施設の稼働
産業廃棄物 建築副産物の発生
発生土 建築副産物の発生
電波障害 テレビジョン電波障害 施設の存在
日照阻害 日照阻害 施設の存在
植物・動物・生態系 植物 建築工事
動物 建築工事
生態系 建築工事
水生生物 建築工事
景観 景観 施設の存在
レクリエーション資源 レクリエーション資源 工事用車両の走行、施設の存在、関係車両の走行
安全 高圧ガス 施設の稼働
危険物 施設の稼働
交通 工事用車両の走行、関係車両の走行

選定しない評価項目

6項目(地盤沈下、気象、水象、地象、文化財、地域分断)

対象事業を実施するにつき必要な許可等の種類及び内容

  • 一般廃棄物処理施設設置届出(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)
  • 建築確認申請(建築基準法)
  • 都市計画決定(都市計画法)
  • ばい煙発生施設設置届出(大気汚染防止法)
  • 特定施設設置届出(騒音規制法)
  • 特定施設設置届出(振動規制法)
  • 特定施設設置届出(ダイオキシン類対策特別措置法)
  • 指定事業所設置許可の申請(神奈川県生活環境の保全等に関する条例)
  • 工事計画届出(電気事業法)

このページの先頭へもどる

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa