中央新幹線(東京都・名古屋市間)に係る環境影響評価方法書の概要

掲載日:2020年4月3日

1 事業者の名称、代表者の氏名及び主たる事務所の所在地

 
事業者 東海旅客鉄道株式会社
(代表者の氏名) 取締役社長 山田 佳臣
(所在地) 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番4号

 

2 対象事業の目的及び内容

対象事業の目的

 
事業の目的

中央新幹線は、国土交通省の交通政策審議会の答申の中で、中央新幹線整備の現代社会における国民的・国家的意義として、次の5点を目的としている。

1 三大都市圏を高速かつ安定的に結ぶ幹線鉄道路線の充実

2 三大都市圏以外の沿線地域に与える効果

3 東海道新幹線の輸送形態の転換と沿線都市群の再発展

4 三大都市圏を短時間で直結する意義

5 世界をリードする先進的な鉄道技術の確立及び他の産業への波及効果

対象事業の内容

 
対象事業の名称 中央新幹線(東京都・名古屋市間)
対象事業の種類 新幹線鉄道の建設
対象事業の位置又は実施区域

起点:東京都港区 終点:愛知県名古屋市

対象事業の規模

建設区間延長:約286キロメートル(内、神奈川県:約40キロメートル)

単線、複線の別:複線

動力:交流33,000ボルト

設計最高速度:毎時505キロメートル

鉄道事業に係る施設の概要

地表式、堀割式、嵩上式:延長 約38キロメートル(リニア実験線約8キロメートルを含む)

トンネル:延長 約248キロメートル(リニア実験線約35キロメートルを含む)

停車場:6箇所(内、地上駅:3箇所(山梨県、長野県、岐阜県)

地下駅:3箇所(東京都、神奈川県、愛知県))

車両基地:2箇所

工事計画等

多摩川より相模川に至るルートは神奈川県駅周辺及び多摩丘陵西端部周辺を除き、大深度地下トンネルで通過する。

相模川より山梨実験線東端部に至るルートは、相模川・道志川の主要河川を橋梁で渡河する区間があるものの、主に山岳トンネルで通過する。

相模川等の主要河川は橋梁でできる限り短い距離で横断する。

藤野木・愛川構造線をできる限り短い距離で横断する。

車両基地は相模原市内に設置する計画である。

3 対象事業実施区域及びその周辺の概況

大気質

対象事業実施区域及びその周囲の過去5年間の二酸化硫黄及び一酸化炭素の測定結果は、全測定局で環境基準の長期的評価を満たしている。対象事業実施区域及びその周囲の過去5年間の二酸化窒素及び浮遊粒子状物質の測定結果は、一般環境大気測定局では全地点において環境基準の長期的評価を満たしているが、自動車排出ガス測定局では一部の測定局で長期的評価を満たしていない。

騒音

対象事業実施区域及びその周囲の自動車騒音の測定結果は、16地点の内3地点で昼夜共に環境基準を満たしているが、その他は満たしていない。対象事業実施区域及びその周囲の新幹線鉄道騒音(1地点)の測定結果は環境基準を満たしていない。なお、川崎市、横浜市及び相模原市の一部は騒音規制法に基づく指定地域に該当する。

振動

対象事業実施区域及びその周囲の自動車振動の測定結果は、全地点で要請限度を下回っている。対象事業実施区域及びその周囲の新幹線鉄道振動(1地点)の測定結果は指針値を満たしている。なお、川崎市、横浜市及び相模原市の一部は振動規制法に基づく指定地域に該当する。

水環境の状況(水質)

対象事業実施区域及びその周囲の公共用水域水質測定結果は、生活環境の保全に関する項目は、溶存酸素量(DO)は全地点で環境基準を満たしているが、水素イオン濃度(pH)、生物化学的酸素要求量(BOD)、浮遊物質量(SS)及び大腸菌群数は、一部の地点で環境基準を満たしていない。また、人の健康の保護に関する項目及びダイオキシン類測定結果は、全地点で環境基準を満たしている。

土壌及び地盤の状況

土壌対象事業実施区域及びその周辺のダイオキシン類土壌環境の調査結果は、全地点で環境基準を満たしている。また、川崎市、横浜市の地盤沈下量は、年間1cm未満であり安定している。対象事業実施区域及びその周囲の地下水位に大きな変動はない。

地形及び地質の状況

対象事業実施区域及びその周囲には、国定公園1箇所、県立自然公園2箇所が指定されている。また、自然的社会的諸条件から将来にわたって保全すべき地域が自然環境保全地域として16地域指定されている。

地質の状況

神奈川県西部地域では、約7,000万~3,000万年前に堆積したと考えられている小仏層群や相模湖層群が、陣馬山、相模湖、津久井湖にかけて露出している。両層群を構成する岩石は硬砂岩、粘板岩、千枚岩などからなり、県内見られる最古の岩石である。

動植物の生息又は生育、植生及び生態系の状況

神奈川県内では自然環境保全地域の野生動物保護地区に指定されている地域はない。対象事業実施区域及びその周囲には、鳥獣保護区19箇所、特別保護地区1箇所が指定されている。対象事業実施区域及びその周囲で確認された昆虫類のうち、重要な昆虫類はタガメ、ギフチョウ、コオイムシ、オオムラサキ、ベニモンマダラ、チョウトンボ、ムカシヤンマ、オツネントンボ、ヒラタクワガタ、ヒゲコガネ等である。また、旧藤野町全域((現相模原市緑区)では、「キマダラルリツバメとその生息地」及び「ギフチョウとその生息地」が神奈川県の天然記念物に指定されている。対象事業実施区域及びその周囲には、天然記念物が11件存在する。また、巨樹、巨木林は119箇所、特定植物群落は10箇所存在する。

人と自然との触れ合いの活動

対象事業実施区域及びその周囲には、自然環境資源として水景の6件、河川景観の3件、山地景観の1件が相模原市、愛川町、清川村内に分布しているが、名勝となるものはない。対象事業実施区域及びその周囲には、特別緑地保全地区が61地区、近郊緑地保全区域が1区域、近郊緑地特別保全地区が2地区指定されている。

地下水の利用状況

対象事業実施区域を含む周辺市町村のうち川崎市では約540万m3、相模原市では簡易水道事業として合計約47万m3、愛川町では約320万m3、清川村では簡易水道事業として約62万m3の地下水を取水している。

交通の状況

対象事業実施区域及びその周囲においては、15路線の鉄道が営業している。対象事業実施区域及びその周囲を通過する主要な道路は、一般国道246号、一般国道466号(第三京浜道路)、一般国道16号、東名高速道路がある。

4 対象事業に係る環境影響評価項目の選定

環境影響評価方法書で選定した評価項目

(1)大気環境(大気質、騒音、振動、微気圧波、低周波音)、(2)水環境(水質、水底の底質、地下水の水質及び水位、水資源)、(3)土壌に係る環境その他の環境(土壌汚染、日照阻害、電波障害、文化財、磁界、地域分断、安全(危険物)、安全(交通))、(4)動物、(5)植物、(6)生態系、(7)景観、(8)人と自然との触れ合いの活動の場、(9)廃棄物等、(10)温室効果ガス

対象事業の評価項目と行為内容の関係

環境要素の区分

行為内容(影響要因の区分)

大気環境 大気質 二酸化窒素・浮遊粒子状物質 建設機械の稼動
資材及び機械の運搬に用いる車両の運行
鉄道施設(車両基地)の供用
粉じん等 建設機械の稼動
資材及び機械の運搬に用いる車両の運行
騒音 騒音 建設機械の稼動
資材及び機械の運搬に用いる車両の運行
鉄道施設(換気施設)の供用
列車の走行(地下を走行する場合を除く。)
振動 振動 建設機械の稼動
資材及び機械の運搬に用いる車両の運行
鉄道施設(換気施設)の供用
列車の走行(地下を走行する場合を除く。)
列車の走行(地下を走行する場合に限る。)
微気圧波 微気圧波 列車の走行(地下を走行する場合に限る。)
低周波音 低周波音 鉄道施設(換気施設)の供用
水環境 水質 水の濁り 切土工等又は既存の工作物の除去
トンネルの工事
工事施工ヤード及び工事用道路の設置
水の汚れ 切土工等又は既存の工作物の除去
トンネルの工事
鉄道施設(駅、車両基地)の供用
水底の底質 水底の底質 切土工等又は既存の工作物の除去
地下水の水質及び水位 地下水の水質及び水位 切土工等又は既存の工作物の除去
トンネルの工事
鉄道施設(トンネル)の存在
鉄道施設(駅)存在
鉄道施設(車両基地)の供用
水資源 水資源 切土工等又は既存の工作物の除去
トンネルの工事
鉄道施設(トンネル)の存在
鉄道施設(駅)の存在
鉄道施設(車両基地)の供用
土壌に係る環境その他の環境 地形・地質 重要な地形及び地質 工事施工ヤード及び工事用道路の設置
鉄道施設(トンネル)の存在
鉄道施設(地表式又は掘割式)の存在
鉄道施設(嵩上式)の存在
鉄道施設(駅、車両基地)の存在
地盤 地盤沈下 切土工等又は既存の工作物の除去
トンネルの工事
鉄道施設(トンネル)の存在
鉄道施設(駅)の存在
鉄道施設(車両基地)の供用
土壌 土壌汚染 切土工等又は既存の工作物の除去
トンネルの工事
その他の環境要素 日照阻害 鉄道施設(嵩上式)の存在
鉄道施設(換気施設)の存在
電波障害 鉄道施設(嵩上式)の存在
鉄道施設(換気施設)の存在
文化財 鉄道施設(トンネル)の存在
鉄道施設(地表式又は掘割式)の存在
鉄道施設(嵩上式)の存在
鉄道施設(駅、車両基地)の存在
磁界 列車の走行(地下を走行する場合を除く)
地域分断※ 鉄道施設(地表式又は掘割式)の存在
鉄道施設(車両基地)の存在
安全(危険物等)※ 鉄道施設(車両基地)の供用
安全(交通)※ 資材及び機械の運搬に用いる車両の運行
鉄道施設(駅、車両基地)の供用
動物 重要な種及び注目すべき生息地 建設機械の稼動
資材及び機械の運搬に用いる車両の運行
切土工等又は既存の工作物の除去
トンネルの工事
工事施工ヤード及び工事用道路の設置
鉄道施設(トンネル)の存在
鉄道施設(地表式又は掘割式)の存在
鉄道施設(嵩上式)の存在
鉄道施設(駅、車両基地)の存在
植物 重要な種及び群落 切土工等又は既存の工作物の除去
トンネルの工事
工事施工ヤード及び工事用道路の設置
鉄道施設(トンネル)の存在
鉄道施設(地表式又は掘割式)の存在
鉄道施設(嵩上式)の存在
鉄道施設(駅、車両基地)の存在
生態系 地域を特徴づける生態系 建設機械の稼動
資材及び機械の運搬に用いる車両の運行
切土工等又は既存の工作物の除去
トンネルの工事
工事施工ヤード及び工事用道路の設置
鉄道施設(トンネル)の存在
鉄道施設(地表式又は掘割式)の存在
鉄道施設(嵩上式)の存在
鉄道施設(駅、車両基地)の存在
景観 主要な眺望点及び景観資源並びに主要な眺望景観 鉄道施設(地表式又は掘割式)の存在
鉄道施設(嵩上式)の存在
鉄道施設(車両基地、換気施設)の存在
人と自然との触れ合いの活動の場 主要な人と自然との触れ合いの活動の場 鉄道施設(地表式又は掘割式)の存在
鉄道施設(嵩上式)の存在
鉄道施設(車両基地)、換気施設の存在
廃棄物等 建設工事に伴う副産物 切土工等又は既存の工作物の除去
トンネルの工事
廃棄物等 鉄道施設(駅、車両基地)の供用
温室効果ガス 温室効果ガス 建設機械の稼動
資材及び機械の運搬に用いる車両の運行
鉄道施設(駅、車両基地)の供用
※神奈川県環境影響評価条例に基づき追加した項目もある

このページの先頭へもどる

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa