令和2年度神奈川県環境インターンシップ受入企業の募集について

掲載日:2020年4月3日

神奈川県では、大学生や大学院生に、インターンシップ研修生として、環境配慮に積極的に取組んでいる企業においてその業務を体験させることにより、環境保全や環境問題の解決に必要な意欲及び実践的能力を有する人材を育成することを目的とした「環境インターンシップ研修」を実施しています。

現在、受入企業を募集しています。【締切:令和2年4月15日(水曜日)】
環境に関する取組を積極的に行っている企業の皆様の御応募をお待ちしております。

対象

■受入先企業 環境に関する取組を積極的に行っている企業

■研 修 生 神奈川県内にキャンパスを有する大学に在籍する大学生・大学院生

実施内容

受け入れが可能な定員及び期間の範囲内で、研修を実施していただきます。

【研修プログラム例】

  • 企業における独自のISOの取組の学習や監査業務の体験
  • 環境に配慮した製品づくりの企画・提案

実施に際しては事前に研修場所、研修期間および、研修内容等について県と連絡調整を行い、各企業の研修プログラムをとりまとめて県から大学へ募集を行います。

詳細は下記『研修実施の流れ』 および、募集要項を御覧ください。 

研修実施期間

原則、令和2年7月中旬から12月中旬の期間内において10日間程度(応相談)

例)8月5日~14日(土日祝日除く)7日間、10月木曜のみ 5日間

研修実施の流れ

3月

  • 受入企業の募集

4月から6月上旬

  • 学生の募集
    ⇒県は、受入可能企業の情報を大学に提供するなどして、研修生を募集
    ⇒大学は、学生へ周知

6月上旬から7月中旬

  • 企業―学生のマッチング
    ⇒県は、大学からの申し込み情報を受入企業に送付
    ⇒受入企業は、受け入れ可能な学生を決定し、県に報告
    ⇒県は、受入企業及び大学にマッチング結果を送付
  • 事前調整
    ⇒受入企業、研修生、大学、県は、実施にあたっての諸手続や内容等の詳細を調整

7月中旬から12月中旬

  • 研修の実施

終了後

  • 受入企業は、「評価書」を県に提出
  • 研修生は、「修了レポート」を県に提出
  • 県は、報告会等を開催

費用負担

研修生は無給。研修に係る交通費、出張旅費など全ての経費は、研修生個人又は派遣大学が負担する。

服務

研修生は、研修期間中、受入先の服務規律に従うとともに、受入先の担当者の指導、監督等に従うほか、秘密保持の義務を負う。

募集要項など

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。