平成30年度神奈川県環境インターンシップ報告会 結果概要

掲載日:2019年2月13日

平成30年度神奈川県環境インターンシップ報告会

日時

平成30年10月11日(木曜日) 14時から16時30分

場所

かながわ県民センター301会議室

参加者

受入企業担当者3名、学生6名、大学担当者1名

企業による研修紹介

インターンシップにご協力いただいた、受入企業の担当者様より、学生たちに体験していただいた研修内容について紹介していただきました。紹介していただいた企業様は次のとおりです。

  • 株式会社大川印刷
  • 生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ
  • 株式会社日立製作所 システム&サービスビジネス

学生による研修報告

インターンシップに参加した研修生より、研修日程・内容、インターンシップで学んだことなどについて発表しました。その後、受入企業担当者からのコメントをいただきました。
研修生からは、「見るだけではなく実際に体験することで、環境活動の幅が広がった」や、「インターンシップ前に想像していたよりも、企業の環境への配慮がされており、圧倒された。企業の環境配慮の取り組みをもっと発信した方が良いと感じた」など、研修を通して学んだことや、企業や環境問題に対する意識の変化、またインターンシップに参加したことで感じたことなどを発表されました。

意見交換

後半は企業担当者、研修生、大学担当者混合の5人のグループに分かれ、全体を通しての感想や質疑応答、県・大学・学生・企業等への要望など、自由に意見交換を行いました。立場の違う方たちが集まり、企業が行う環境保全活動や、インターンシップの意義、実施方法などについて、意見を出し合いました。

参加者の声

受入企業担当者の声

  • 学生の皆さんのインターンシップの取り組んだ内容や姿勢が大変よく分かりました。
  • 一人一人丁寧にインターンシップの内容を説明しようとしていた点が良かったです。

研修生の声

  • 環境インターンシップということで、理系の大学生が多いかと思っていましたが、文系がほとんどでまったく違う観点から体験を見ることができた。
  • 他大学の学生の方や担当の方のお話を聞き、今後自分に何が必要か分かった。参加してとても良かったです。

大学担当者の声

  • 発表という限られた時間を、実習体験の内容を中心とした話が聞けるとより良いと思いました。