神労委平成28年(不)第15号ほうび等事件命令交付について

掲載日:2019年1月11日

1 当事者

申立人 神奈川シティユニオン(組合)

被申立人 株式会社ほうび(ほうび)

 同 株式会社ワークエイチビー(ワークエイチビー)

2 事件の概要

 本件は、組合が、ほうび及びワークエイチビーに対して組合員Aの労働問題を交渉事項とする団体交渉の申入れを行った後に、ほうび及びワークエイチビーがAと直接交渉を行い、組合から脱退させようとしたこと、また、直接交渉を行った際に組合を誹謗中傷するような発言をしたことが、労働組合法(以下「労組法」という。)第7条第3号に該当する不当労働行為であるとして、救済申立てのあった事件である。

3 命令の概要

(1)主文(要旨)

【1】ほうび及びワークエイチビーは、組合員Aに対して同人と直接交渉を行うことにより組合からの脱退勧奨を行ったり、組合を誹謗中傷する発言を行ったりするなどして組合の運営に対する支配介入を行ってはならない。

【2】ほうび及びワークエイチビーは、本命令受領後、速やかに陳謝文を組合に手交しなければならない。

(2)本件の争点及び判断の要旨

(争点1)

 ほうびが、組合から申入れのあった団体交渉の開催を巡り、Aに対して直接交渉を行ったこと及び同交渉におけるほうびの発言内容等は、組合の運営に対する支配介入に当たるか否か。

(判断の要旨1)

 ほうびの取締役であったYがAと連絡を取り、同人との間で行った面談及び同面談でのAに対するYの発言内容は、組合の運営や組合活動を阻害するおそれのあるものであるから、組合の運営に対する支配介入に当たる。

(争点2)

 ワークエイチビーは、Aとの関係において、労組法第7条の「使用者」に当たるか否か。また、ワークエイチビーが労組法第7条の「使用者」に当たる場合、組合から申入れのあった団体交渉の開催を巡り、Aに対して直接交渉を行ったこと及び同交渉におけるワークエイチビーの発言内容等は、組合の運営に対する支配介入に当たるか否か。

(判断の要旨2)

 ワークエイチビーは、実質的にほうびと同一であり、労使関係においてもほうびの地位を承継しているとみることができ、ワークエイチビーは、Aとの関係において、労組法第7条の「使用者」に当たる。

 ほうびの取締役であり、ワークエイチビーの従業員でもあるYがほうび及びワークエイチビーの両社の立場でAと接していたとみることができること、ワークエイチビーが実質的にほうびとの一体性を有するほか、労使関係においてもほうびの地位を承継していることからすると、YがAに対して直接交渉を行ったこと及び同交渉におけるYの発言内容等は、組合の運営に対する支配介入に当たる。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる