神労委平成28年(不)第18号ほうび等(その2)事件命令交付について

掲載日:2018年7月5日

神奈川県労働委員会(会長 盛誠吾)は、標記の事件について、平成30年7月2日付けで申立人の不当労働行為救済申立てを棄却する命令を発しましたので、お知らせします。概要は次のとおりです。

1 当事者

申立人 神奈川シティユニオン(組合)

被申立人 株式会社ほうび(ほうび)

 同 株式会社川島工業(川島工業)

 同 株式会社ノザワ(ノザワ)

2 事件の概要

 本件は、ほうびで雇用され、川島工業に派遣されて、ノザワの工場内で軽量コンクリートパネルの梱包作業に従事していた組合員Aの労働問題等に係る団体交渉について、【1】ほうびが、団体交渉の冒頭において組合に事前の承諾を得ることなく、団体交渉の様子を録音したこと及び【2】ほうびが、団体交渉に形式的には応じるものの、具体的な解決案を提示しなかったことが、【1】は労働組合法(以下「労組法」という。)第7条第2号及び第3号に、【2】は労組法第7条第2号に、また、【3】川島工業及びノザワが、組合の申し入れた団体交渉に使用者性がないとして応じなかったことが、労組法第7条第2号に該当する不当労働行為であるとして救済申立てのあった事件である。

3 命令の概要

(1)主文

 本件申立てをいずれも棄却する。

(2)本件の争点及び判断の要旨

(争点I)

 平成28年7月11日に開催された団体交渉におけるほうびの対応が、不誠実な交渉態度及び支配介入に当たるか否か。また、その後の組合に対するほうびの対応が、不誠実な交渉態度に当たるか否か。

(判断の要旨I)

 ほうびは、団体交渉の冒頭から組合に承諾を得ず交渉を録音したが、録音の目的は議事録の作成であること、録音自体がICレコーダーを机上に置いて行われており組合に隠れて録音するという意思は認められないこと、組合からの指摘を受けた後には録音を中止していることからすると、組合の承諾を得ずに録音したことのみを捉えて団体交渉を軽視した態度ということはできない。

 また、ほうびは、Aの雇用契約上の使用者として、組合から申し入れられた団体交渉に応じており、組合が回答要求した事項に対する見解を文書で提示していること、組合が団体交渉時に提示した解決案に対してその場での回答の猶予を求めたが、団体交渉後には、Aの要求事項と組合が回答要求した事項について、組合に対し、一定の見解を提示していることからすれば、ほうびの対応に不誠実な点は認められない。

 したがって、平成28年7月11日に開催された団体交渉におけるほうびの対応は、不誠実な交渉態度にも支配介入にも当たらない。また、その後の組合に対するほうびの対応も、不誠実な交渉には当たらない。

(争点II・III)

 川島工業及びノザワは、Aとの関係で、それぞれ労組法第7条の使用者に当たるか否か。また、両社が使用者に当たる場合、両社が、組合の団体交渉申入れに応じなかったことは、正当な理由のない団体交渉拒否に当たるか否か。

(判断の要旨II・III)

 川島工業及びノザワは、Aの労働条件等について、Aの雇用主であるほうびと部分的とはいえ、同視できる程度に現実的かつ具体的に支配、決定できる地位にあったとはいえず、組合が両社に対して申し入れた団体交渉議題である本件労働問題等について、労組法第7条の使用者には当たらない。よって、その余については検討するまでもなく、組合の両社に係る主張には理由がない。