神労委平成27年(不)第6号ファルコンエキスプレス等事件命令交付について

掲載日:2017年7月26日

神奈川県労働委員会(会長 盛誠吾)は、標記の事件について、申立人の不当労働行為救済申立てについては、救済する必要性がないとして、棄却する命令を発しましたので、お知らせします。概要は次のとおりです。 

1 当事者

申立人 日本労働評議会(組合)

被申立人 ファルコンエキスプレスことA

同 株式会社愛永(愛永)

2 事件の概要

本件は、次の【1】及び【2】のA及び愛永の行為が労働組合法で禁止されている不当労働行為に当たるかどうかが争われた事件である。

【1】組合員BがAの「雇用する労働者」に当たる場合、組合の団体交渉申入れに対するAの対応は、正当な理由のない団体交渉拒否に当たるか否か。

【2】愛永がBの「使用者」に当たる場合、組合の団体交渉申入れに対する愛永の対応は、正当な理由のない団体交渉拒否に当たるか否か。

3 申立人の請求する救済内容

団体交渉応諾

4 命令の概要

(1)主文

本件申立てを棄却する。

(2)判断の要旨

【1】BがAとの間で締結した業務委託契約は、一方的・定型的な内容であり、報酬、業務時間等との実態から広い意味でのAの指揮監督下にあったと評価でき、Bは、労働組合法上の「労働者」に該当する。
組合がAに対して団体交渉を申し入れた事項は、いずれも義務的交渉事項に当たるにもかかわらず、Aは団体交渉に応じなかった。こうしたAの対応は、団体交渉拒否の不当労働行為に該当する。

【2】愛永は、Bの就労条件について雇用主と部分的とはいえ同視できる程度に現実的かつ具体的な支配力を有していたといえ、団体交渉応諾義務を負うべき「使用者」に当たる。
愛永が「使用者」に当たる一部の団体交渉事項は、義務的交渉事項に当たるにもかかわらず、同社は団体交渉に応じなかった。こうした愛永の対応は、団体交渉拒否の不当労働行為に該当する。

【3】組合が申し入れた団体交渉事項の一部は、別件訴訟において一部認容判決が下され確定している。また、本件審査手続中に、当事者間で事実上団体交渉が行われたものと認められることなどを併せ考えると、A及び愛永による本件団体交渉の拒否に、団体交渉の応諾を命じるまでの必要性は認められない。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa