コストコホールセールジャパン不当労働行為救済申立事件の命令について

掲載日:2019年5月29日
2019年05月29日
記者発表資料

神奈川県労働委員会(会長 盛誠吾)は、標記の事件について、本日、申立人の不当労働行為救済申立てについて棄却する命令を発しましたので、お知らせします。概要は次のとおりです。

1 当事者

申立人 神奈川シティユニオン(組合)
被申立人 コストコホールセールジャパン株式会社(会社)

2 事件の概要

組合が、組合員Aの労働災害(転倒事故)について会社に損害賠償を求める団体交渉を申し入れたところ、会社が文書で、当該事故の内容や会社にその責任があるとする根拠を示すよう組合に求めたことが、正当な理由のない団体交渉拒否に当たり、労働組合法第7条第2号に該当する不当労働行為であるとして、救済申立てのあった事件である。

3 命令の概要

(1)主文
本件申立てを棄却する。

(2)判断の要旨
組合は、会社が文書で、当該事故の内容や会社にその責任があるとする根拠を示すよう組合に求めたことについて、団体交渉の開催に当たり条件を付けることによって団体交渉を拒否したものであると主張する。
しかしながら、会社は、発生から約8年半が経過した当該事故について必要な情報提供を求めたものである。また、会社は、当該文書で組合が指定した団体交渉の開催日時では都合が悪いので、再度日程調整をしたいとの意向を示していたことも併せて考えれば、団体交渉を開催する前提条件としていたものと評価することはできず、団体交渉を拒否したとまではいえない。
したがって、上記会社の対応は、正当な理由のない団体交渉の拒否に当たらない。

 

※不当労働行為
使用者は、労働組合法7条により、次のような行為が禁止されている。
不利益取扱い(同条1号):組合員であることや労働組合の正当な行為をしたことを理由に、労働者に対して解雇などの不利益な取扱いをすること。
団体交渉拒否(同条2号):正当な理由なく団体交渉を拒否したり、不誠実な団体交渉をすること。
支配介入(同条3号):労働者による労働組合の結成やその運営を支配したり、これらに介入すること。
報復的不利益取扱い(同条4号):労働委員会に申立てなどをしたことを理由に、労働者に対して不利益な取扱いをすること。

問合せ先

神奈川県労働委員会事務局審査調整課

労働関係調整担当課長 髙安
電話 045-633-5445

審査調整グループ 池田
電話 045-633-5449