第235回神奈川県都市計画審議会速報

掲載日:2019年8月1日

第235回神奈川県都市計画審議会速報

次の審議会等を下記のとおり開催した。

審議会等名称

第235回神奈川県都市計画審議会

開催日時

令和元年7月30日(火曜日)14時から14時55分

開催場所

神奈川県庁本庁舎3階大会議場(横浜市中区日本大通1)

出席者【会長・会長職務代理】

岸井隆幸【会長】、高見沢実【会長職務代理】、沼尾波子、福岡孝則、三ツ堀清已、奥真美、坂井文、高斉正樹(角野然生委員の代理出席)、小澤知幸(石原康弘委員の代理出席)、西村裕二(幸田淳委員の代理出席)、勝亦政幸(吉田晶子委員の代理出席)、小池良哉(北村信委員の代理出席)、松下昇(古谷洋一委員の代理出席)、中川理夫(林文子委員の代理人)、中﨑久雄、川崎修平、おざわ良央、芥川薫、鈴木ひでし、佐藤圭介、楠梨恵子、横山正人、小島総一郎、草間時彦 (24名)

次回開催予定日

未定

審議の議題及び結果

【議題】
1 議第4384号議案 茅ヶ崎都市計画区域区分の変更

(1)案件の説明
議第4384号議案は、寒川町南部に位置する田端西地区に関するもので、土地利用計画が明らかになるとともに、土地区画整理事業による計画的な市街地整備の見通しが明らかになったことから、市街化区域に編入するものです。

(2)主な意見
・ありませんでした。

(3)審議の結果
採決の結果、第4384号議案については、原案どおり可決されました。

 

2 議第4385号議案 小田原都市計画区域区分の変更

(1)案件の説明
議第4385号議案は、小田原市北部に位置する鬼柳地区に関するもので、民間開発事業者の開発行為により、土地利用計画や計画的な市街地整備が行われる見通しが明らかになったこと、また、既存の小田原卸商業団地についても開発区域と一体的な土地利用が図られることから、市街化区域に編入するものです。

(2)主な意見
・地区計画及び下水道について、委員から質問があり、事務局が回答しました。

(3)審議の結果
採決の結果、第4385号議案については、原案どおり可決されました。

 

3 議第4386号議案 厚木都市計画区域区分の変更
 議第4387号議案 厚木都市計画道路の変更(3・4・12号酒井長谷線)

(1)案件の説明
議第4386号議案は、厚木市南部に位置する南部産業拠点(酒井地区)に関するもので、土地利用計画が明らかになるとともに、土地区画整理事業による計画的な市街地整備の見通しが明らかになったことから、市街化区域に編入するものです。
議第4387号議案は、市街化区域へ編入する南部産業拠点(酒井地区)の土地利用計画等に合わせ、3・4・12号酒井長谷線の未整備区間について、道路計画を見直し、土地区画整理事業により新たに計画される都市計画道路3・4・20号酒井下津古久線に接続するよう、起点の位置及び区域の変更を行うものです。また、今回の変更に併せて車線の数を定めるものです。

(2)主な意見
・本地区周辺の市街化調整区域における今後の土地利用や工業系土地利用のニーズについて、委員から質問があり、事務局が回答しました。
・土地利用計画の公園について、委員から質問があり、事務局及び厚木市が回答しました。

(3)審議の結果
採決の結果、第4386号議案及び第4387号議案については、原案どおり可決されました。

「審議結果」の公開予定時期

令和元年9月下旬の予定

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa