基本理念と基本方針

掲載日:2018年4月3日
基本理念と基本方針を現すシンボルマークのイラストです。私たちを導いてくれるコンパスがモチーフです。

基本理念

1、人としての尊厳を重んじ、利用者本位のサービスの提供に努めます。

2、一人ひとりの個性に応じた豊かな地域生活を目指します。

3、専門的、広域的、先駆的な県立施設の役割を推進します。 

強度行動障害、発達障害への適切な相談・支援が受けられる体制を構築します。

 

 

基本方針

1、強度行動障害を支援する中核機能の強化【強度行動障害への取り組み】

入所機能の強化を図ると共に、相談支援事業者等との連携を強化し、在宅支援機能の強化に向けて地域の支援体制整備に努めます。

民間施設へのコンサルテーションや研修の充実に取り組めるよう、支援レベルの向上、人材育成等を行っていきます。

市町村や民間施設、県立指定管理施設と連携して、地域生活移行を目指した仕組みづくりを行っていきます。

2、虐待防止と質の高いサービス提供

虐待防止の徹底に向け、職員の意識向上と行動制限をしない支援の実施に努めます。

本人主体の個別支援計画に基づき、一人ひとりのライフステージに応じたサービス提供に努めます。

3、豊かな地域生活の推進

地域住民やボランティア、地域の企業等の理解を得ながら、地域にある様々な社会資源の有効活用により生活の幅を広げる取り組みをすすめると共に、ボランティア育成を行っていきます。

4、発達障害児者への支援体制整備の強化【かながわA(エース)の取組み】

市町村や地域の相談支援機関との連携、障害保健福祉圏域での相談支援ネットワークとの協働を積極的に図ると共に、地域支援マネージャー等との連携による機関支援など、重層的な相談支援体制の整備を行っていきます。

地域での相談支援体制の強化のため、高度で専門的な研修の実施や専門支援技術の発信により、人材育成を行っていきます。

 

発達障害支援センターかながわ(A)エースはこちら

強度行動障害への取り組みはこちら

中井やまゆり園(指定障害者支援施設)へ戻る