LPガスの法定の点検・調査を受けましょう

掲載日:2018年3月30日

LPガスの法定の点検・調査を受けましょう

LPガスを御利用の皆様へ 
LPガス販売事業者等では、LPガスを安全にお使いいただくために、法律に基づき定期的にLPガス設備の点検・調査を行っています。

定期的な点検や調査を受けないと・・・

→機器の不具合によるガス漏れに気がつかない場合があります。

→爆発・火災や一酸化炭素中毒事故の危険があります。

法定の点検・調査とは

「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」の中では、一般的な家庭や飲食店等においてLPガスを使用するにあたり、おおむね下表のとおり管理することが定められています。

LPガスを販売事業者が、法令で定められた期間ごとに点検や調査を自ら行うか、行政から認定された保安機関に委託して行うことになっています。

【点検・調査に係る管理表】

設備の区分

管理責任

点検・調査

改善

ガスボンベからガスメーターまで
【供給設備】

販売事業者

販売事業者(保安機関)が定期点検を行う

販売事業者が改善する

ガスメーターの出口から各燃焼器具まで
【消費設備】

消費者

販売事業者(保安機関)が定期調査を行う

販売事業者が消費者に改善を勧める

点検・調査は、新たな販売事業者によりLPガスの供給が開始される時、それ以降は、4年以内に1回受けることになっています。また、供給設備は、容器交換時(または月に1回以上)の点検も受けることになっています。

「留守がち」「家の中に他人をいれたくない」などの諸事情もあると思いますが、販売事業者や保安機関などから点検・調査のお知らせがあった場合には、事故を防止するために必ず受けるようにしてください。

また、点検・調査の結果、使用に危険があるという理由で機器の交換を勧められた場合には、事故防止の観点から、早い機会に買い換えなどの検討をお願いします。

なお、設備等の改善に係る費用負担については、それぞれの契約内容によりますので、契約している販売事業者に確認してください。

LPガス安全委員会が作成したチラシ(PDFファイル)を次のリンク先から入手できます。参考にしてください。

LPガス安全委員会/経済産業省 「安全・安心にお使いいただくために」

関連リンク

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。