全国初!ドローンを活用した、危険物タンク群での点検・災害対応の実証試験を行いました。

掲載日:2019年5月29日

近年、各地で大規模地震が発生する中、わが国の経済活動を支える本県の石油コンビナート地域の防災力の向上は、喫緊の課題です。
 そこで県は、経済産業省及びJXTGエネルギー株式会社と連携し、災害時の迅速な現場確認が期待されるドローンを活用したタンクの点検等の実証試験を実施しました。
 県では、実証試験で得られた成果や課題をもとに、更なる取組みを実施し、ドローン等の先進技術の活用によるコンビナート地域の総合的な災害リスク管理を進めていきます。

※サムネイルをクリックすると、実証試験の動画が再生されます。

0305

 

実証試験結果の概要

 (1) 日時・場所
   2019年2月4日(月) JXTGエネルギー株式会社 根岸製油所

 (2) 試験内容
   災害時における対応を想定し、浮き屋根式タンク群の周囲にドローンを飛行させ、搭載したカメラから浮き屋根上を確認した。

実証試験により得られた成果

  • 保安を所管する消防庁や地元の横浜消防と検討を行い、プラント内でドローンを安全に飛行させる一定のルールを作成
  • ドローンに搭載したカメラで、タンクの点検が十分に可能であることを確認

 ⇒国は、実証試験の結果を踏まえ、「プラントにおけるドローンの安全な運用方法に関するガイドライン」(PDF:276KB)及び「事例集」(PDF:3,060KB)を作成

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa