業務内容と連絡先

所管区域
神奈川県全域
業務内容
1  新技術、新製品の研究開発
2  中小企業の技術課題への支援
3  企業技術者や研究人材の育成
4  技術情報提供や産学公交流の推進
備考
▼代表電話:046-236-1500(代表)
▼ファクシミリ:046-236-1525

▼開所(館)時間 : 8時30分から17時15分 (月から金)

▼休所(館)日 : 土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始
部署名 業務内容
管理部
  • 管理課:庶務、庁舎管理 などを行っています。
  • 経理課:予算の編成・執行、物品の購入、収入事務 などを行っています。
企画部
  • 企画調整室:総合的企画調整、広報企画、勤務発明管理、中長期技術支援計画の策定と進捗管理、図書室と知的所有権センターの運営管理などを行っています。
  • 研究開発連携室:受託研究・共同研究等の推進、技術開発可能性評価支援・スマートエネルギーシステム導入事業の推進、「神奈川R&Dネットワーク構想」等の技術連携コーディネートなどを行っています。
  • 環境整備室:業務支援情報システムの運用管理、設備機器の整備、化学物質の管理、産学公技術連携データベースの運用、国際規格(ISO17025)の管理などを行っています。
技術支援推進部
  • 交流相談支援室:技術相談・依頼試験等の総合受付、技術アドバイザー等派遣、研修等の人材育成、技術交流フォーラムやものづくり技術交流会の開催、技術連携コーディネートや、中小企業の自社ブランド化に向けたハンズオン支援などを行っています。
  • 商品開発支援室:神奈川工業技術開発大賞、中小企業新商品開発等支援事業補助金交付、製品化・事業化支援事業、各種技術調査、デザイン相談事業、各種商品開発支援、テクニカルショウヨコハマ出展などを行っています。
機械・材料技術部
  • 材料物性チーム:機械部品の摩擦・摩耗試験、金属表面の熱処理・表面改質などに関する技術支援や試験・研究を行っています。
  • 材料加工チーム:切削、研削、放電、溶接などによる金属・セラミックス材料の機械加工、粉末冶金などの焼結処理、木質材料の加工、ならびに構造解析・設計加工等の技術支援や試験・研究を行っています。
  • ナノ材料チーム:ナノ材料の作製や物性評価、有機・無機材料の分光分析などに関わる技術支援や試験・研究を行っています。
  • 機械構造チーム:金属材料や機械部品の強度試験・疲労破壊試験や、破面観察や金属組織観察による故障解析、さらにX線による残留応力測定などの技術支援や試験・研究を行っています。
  • 解析評価チーム:X線や電子線を用いた材料表面の局所的な元素分析や故障解析、また、X線透過観察による電子部品・装置などの微小領域を検査する技術を用いて、技術支援や試験・研究を行っています。
  • 機械制御チーム:機械設計・機械制御に関する技術や、音・振動関連技術全般に関する試験・相談・研究、ならびに製品の形状・表面粗さの精密測定などの技術支援を行っています。
電子技術部
  • 電子デバイスチーム:電子機器を高機能・高性能化するための光センサーや磁気センサー、半導体・微細加工技術を応用した各種センサーの作製と評価、情報・制御に用いられる弱電部品から電気自動車などに用いられる大電流かつ高耐熱が要求される強電部品の実装に関する技術支援や試験・研究を行っています。
  • 電子材料チーム:電子部品等に使われる金属材料、半導体材料や絶縁材料について、新しい機能を持った材料の開発や作製方法に関する技術開発及びその評価に関する技術支援や試験・研究を行っています。さらに電子部品の作製工程としての薄膜作製や微細加工技術に関する技術支援や試験・研究を行っています。
  • 電子システムチーム:安全な電気・電子機器を開発するための各種電気試験、及び過酷な温度湿度環境における耐久性試験などを行うとともにこれらに関する技術支援や研究を行っています。また、各種センサーなどを用いた電子回路応用技術に関する技術支援や試験・研究を行っています。
  • 生産システムチーム:工場内のオートメーション化等に関わるネットワーク技術及びシーケンス制御技術、マイコンボードなどの電子機器への組込技術、情報システムに関わる技術に関する技術支援や試験・研究を行っています。また、パワーエレクトロニクス制御に関する技術支援や研究を行っています。
  • 電子制御チーム:メカトロニクスに係る電子制御技術や画像処理技術に関わる技術支援や試験・研究を行っています。
  • 電磁環境チーム:電気・電子機器における電磁環境適合性を満足するために、電磁ノイズ計測及び電磁ノイズによる誤作動防止のための各種ノイズ試験などを行うとともにこれらに関する技術支援や試験・研究を行っています。また、高速デジタル信号伝送やアンテナ評価のための高周波技術及び電磁界シミュレーションに関する技術支援や研究を行っています。
化学技術部
  • 材料化学チーム:高機能高分子材料技術、表面処理技術、中小企業におけるプラスチックトラブル対策などの技術支援や試験・研究を行っています。
  • 化学評価チーム:中小企業のものづくり高度化を支援するための評価技術として、材料の成分・元素分析、機器分析、環境分析などの技術支援や試験・研究を行っています。
  • バイオ技術チーム:バイオエンジニアリング技術、新規食品素材の開発や食品の機能性評価などの技術支援や試験・研究を行っています。
  • 環境安全チーム:環境エンジニアリング技術、廃棄物処理、化学物質の安全性評価、水処理などの技術支援や試験・研究を行っています。また、他部門と共同で繊維評価も行っています。
  • 新エネルギーチーム:再生可能エネルギー、燃料電池、リチウムイオン二次電池などの開発や評価技術に関する技術支援や試験・研究を行っています。
工芸技術所
電話
0465-35-3557
ファクシミリ
0465-35-3936
  • 「産業技術センター工芸技術所」として出先機関案内ページに別掲
計量検定所
電話
045-421-3484
ファクシミリ
045-402-6260
  • 「産業技術センター計量検定所」として出先機関案内ページに別掲

所在地などのご案内

所在地
JR相模線・小田急線・相模鉄道線「海老名駅」から徒歩約15分
庁舎案内地図(最初に利用条件案内ページが表示されます)
代表電話
046-236-1500(代表)
ファクシミリ
046-236-1525
産業技術センター への問い合わせフォーム(一般的なお問い合わせ)