電子申請システムに関するアンケートの集計結果(平成27年度実施e-かなネットアンケート)

掲載日:2016年4月1日

 平成27年度に実施したe-かなネットアンケートの集計結果をお知らせします。

 このアンケートは、神奈川県と県内市町村(横浜市、川崎市、横須賀市を除く)が共同運営しているe-kanagawa電子申請システムについてのアンケートです。皆様のご意見を参考にして、更に便利で安全なサービスを提供できるよう改善を行って参ります。


調査の概要

調査対象メルマガ会員及びインターネット利用者
調査期間平成28年1月8日(金曜日)から平成28年2月7日(火曜日)まで
回収状況77人

調査結果

【Q1】.回答者の区分(n=77)

メルマガ会員棒グラフ(72件 93.5%)
一般回答者棒グラフ(5件 6.5%)

【Q2】.回答者の年代(n=77)

10代以下棒グラフ(0件 0%)
20代棒グラフ(0件 0%)
30代棒グラフ(10件 13%)
40代棒グラフ(11件 14.3%)
50代棒グラフ(27件 35%)
60代棒グラフ(19件 24.7%)
70代以上棒グラフ(10件 13%)
無回答棒グラフ(0件 0%)

【Q3】.インターネットの利用環境を教えてください。【任意/複数選択可】(n=77)

パソコン(Windows)棒グラフ(73件 94.8%)
パソコン(Mac OS)棒グラフ(2件 2.6%)
パソコン(その他)棒グラフ(0件 0%)
スマートフォン・タブレット(iPhone, iPad)棒グラフ(11件 14.3%)
スマートフォン・タブレット(Android端末)棒グラフ(16件 20.8%)
スマートフォン・タブレット(その他)棒グラフ(1件 1.3%)
携帯電話棒グラフ(12件 15.6%)

【Q9】.『e-kanagawa電子申請システム』を利用したことのある方に伺います。 (【Q7】で「ある」を選択した方に伺います。) どのような手続でご利用になりましたか。手続名をお答えください。【任意/複数回答可】(n=21)

講座・イベント等の申込み棒グラフ(11件 52.4%)
職員採用試験の申込み棒グラフ(4件 19%)
アンケートの回答棒グラフ(3件 14.3%)
粗大ごみ収集申込み棒グラフ(2件 9.5%)
落し物をした届出(遺失届)棒グラフ(1件 4.8%)

【Q11】.【Q10】で「そう思わない」を選択した方に伺います。理由を教えてください。【任意/400字以内】(n=1)

内容は以下のとおりです。
常に使いたいとは思わないが、簡単に申請できる手続があれば、使ってもよいと思う。

【Q13】.【Q12】で「そう思わない」を選択した方に伺います。理由を教えてください。【任意】(n=6)

内容は以下のとおりです。
使いたい手続や便利な手続がないため。
まだシステムに不具合があるようなので、これらの問題が一段落してから考える。
正しく申請できるか、なんとなく不安だから。
住基カード等を使いたくない。
便利すぎて怖い。
内容が不明確なため面倒な印象がある。

【Q14】.インターネットから申請・届出ができたら便利だと思う手続がありましたら、以下の回答欄にご入力ください。【任意/複数回答可】(n=35)

特になし棒グラフ(12件 34.3%)
戸籍謄抄本等の交付申請棒グラフ(2件 5.7%)
住民票の写し交付申請棒グラフ(2件 5.7%)
納税証明書の交付請求手続棒グラフ(2件 5.7%)
電子化可能な全ての手続棒グラフ(2件 5.7%)
図書館蔵書予約棒グラフ(2件 5.7%)
相続に関する手続棒グラフ(2件 5.7%)

結果の詳細は、資料1/Q14の集計結果をご参照ください。

【Q15】. その他、『e-kanagawa電子申請システム』に関してご意見等がありましたら、以下の回答欄にご入力ください。【任意/400字以内】(n=20)

内容は以下のとおりです。
個人情報の保護等のセキュリティ対策を徹底してほしい。(4件)
→(参考)e-kanagawa電子申請システムのプライバシーポリシーについて
定員がある手続は、申請時に参加の可否等がわかるとよい。
施設の入場券の予約や購入ができるようにしてほしい。
本人確認に住基カードを使用したくない。
電子化可能な手続は、利便性向上のため電子化してほしい。
利用者の意見をシステムに取り込んでほしい。
手続の内容に応じて、電子申請と窓口での申請を使い分けたい。
申請内容の誤りがチェックされているか心配である。
システムの操作性が悪い。
何ができるシステムかがわからない。
特になし(5件)
e-kanagawa電子申請システム以外のご意見(2件)
神奈川県

このページの所管所属は 政策局 ICT推進部 情報システム課 です。