城ヶ島・三崎のみどころ

掲載日:2017年1月31日

 

城ヶ島・三崎エリアマップ
城ヶ島・三崎エリアマップ

         10 11 12 13 14 15

城ヶ島・三崎には、たくさんのみどころがあります。レンタルサイクル、渡し船などを使って、ぐるっと回ることもできますので、一日ゆっくりお過ごしください。
外部リンク先の概要をあわせて紹介しています。

城ヶ島のみどころ

県立城ケ島公園は、海を見渡すことのできる雄大な景観、海浜植物や野鳥が生息する貴重な自然海岸を含んだ自然環境が特徴です。園内では、一年を通じて、海触崖と砂浜が混在する自然海岸や段丘状に広がるマツ林、季節により、海浜植物であるハマオモトやイソギクが観察できます。ウミウ、ヒメウ、クロサギなどを観察できる県指定天然記念物の生息地があります。また、初春の八重咲水仙は、毎年、県内外からの来園者で人気を博しています。

城ヶ島大橋を渡ってすぐ、県立城ケ島公園があります。公園には海辺に降りる階段があり、その先には磯場や恋する灯台に認定された安房埼灯台があります。

城ケ島公園画像1

ピクニック広場

城ケ島公園画像2

八重水仙

城ケ島公園画像

ウミウ展望台

↑トップへ

 磯遊び画像

 出典:新たな観光の核づくり構想推進協議会資料

↑トップへ

手ぶらでバーベキュー。城ヶ島の自然と食を思う存分楽しもう。

三崎港より仕入れた自慢のBBQ食材や現地の機材レンタルサービスが事前予約でご利用いただけます。ぜひ、きれいな海と緑に囲まれた神奈川県三浦半島城ヶ島でビーチサイド手ぶらバーベキューをお楽しみください。 

城ヶ島の中にある城ヶ島漁協直販所では、バーベキューにぴったりのサザエ、ハマグリやその日にあがった新鮮な魚が揃っています。城ヶ島海上イケス釣堀J'sフィッシングで釣った真鯛やブリをすぐにバーベキューで堪能できるのも城ヶ島ならではの楽しみ方です。

バーベキュー画像

ビーチサイドBBQ

白秋碑苑画像

アジサイと白秋碑苑

城ヶ島大橋画像

城ヶ島大橋の下のBBQを望む

↑トップへ

 かながわの名産100選三崎のまぐろBBQ

 出典:新たな観光の核づくり構想推進協議会資料

↑トップへ

冷凍マグロを美味しく食べる方法 

 出典:新たな観光の核づくり構想推進協議会資料

↑トップへ

根がかり等をしにくい特殊なイケスだから、初心者も安心

当釣り堀は、まぐろも養殖できる規模の30メートル四方の規模の外網と底網が無いことで、自然に近い環境を再現し、釣り好きの皆様に楽しんで頂ける釣堀を目指しました。
針がかりもしにくいので、釣り中のお客様のストレスを軽減します。
魚が泳げる十分な広さがあるので、引きも天然に近く、釣り好きの方にも楽しんでいただける釣り堀に仕上げました。
また、当施設では初めて釣りをされる方でも釣りを楽しんでいただけるよう、釣りに必要な道具は全て用意してあります。

三崎港の「うらり」と城ヶ島の渡し船発着場の脇にある海上イケス釣堀です。天候次第では富士山も見える絶景のロケーションで、気軽に釣りを満喫することができます。釣竿やエサはもちろん、持ち帰り用の箱まで用意されていますので、手ぶらでお越しください。

J’Sフィッシング画像
J’sフィッシング画像
J’sフィッシング画像

↑トップへ

ボートダイビング、ビーチダイビングで三浦半島最南端の綺麗な海をお楽しみください。

ダイビング画像
ビーチダイビング画像
ダイビング画像

↑トップへ

まぐろ、さざえ、しらす等の新鮮な魚介類の美味しい食事どころもあります。城ヶ島京急ホテルの客室にも出しているお菓子や、城ヶ島ならではのおせんべいなども商店街で買うこともできます。そのほか、わんちゃん歓迎のお店もあります。

城ヶ島灯台商店街画像
磯しぶき画像
城ヶ島灯台商店街画像

↑トップへ

恋する灯台プロジェクトとは

一般社団法人日本ロマンチスト協会(本部:長崎県雲仙市愛野町)と日本財団(東京都港区)が共同で実施するプロジェクトで、灯台を「ふたりの未来を見つめる場所」として定義することで「ロマンスの聖地」へと再価値化していきます。
日本全国の灯台から、ロマンスの聖地にふさわしい灯台を「恋する灯台」として、灯台がある地域を「恋する灯台のまち」として認定し、地域の観光資源としての灯台の価値を見直すことで、灯台に訪れる老若男女を増やして海への関心を高めていくことを目的とします。

灯台商店街の途中にある登り口をいくと城ヶ島灯台があります。灯台には小さなハートがあります。探してみてください。安房埼灯台とペアになっているロマンティックな灯台です。

城ヶ島灯台画像

城ヶ島灯台

城ヶ島灯台画像

城ヶ島灯台

安房埼灯台(城ケ島公園)

安房埼灯台

↑トップへ

平成25年2月に発行されたミシュラングリーンガイドジャポン改定第3版に、城ヶ島が「近くにいれば寄り道をして訪れるべき場所」を意味する二つ星で掲載され、「南岸は自然がそのまま残っている。崖上を歩いたり、散歩しながら海、富士山を眺めて楽しむことができる。」と紹介されています。

城ヶ島ウォーキングコースおススメスポットマップ

夕日画像

長津呂の夕日

見晴し広場(グライダー広場)画像

みはらし広場(旧グライダー広場)

ハイキングコース画像

馬の背洞門

↑トップへ

恋する灯台を結ぶハイキングコースの城ヶ島南側の海には、綺麗な星空が広がります。また、初日の出や夕日も綺麗なスポットです。

星の観察画像

出典:新たな観光の核づくり構想推進協議会資料

↑トップへ

大自然を相手にクロダイ、イシダイ、メジナ、スズキ、イカなどの磯釣りが楽しめるポイントがあります。ただし、海岸は波が高く、波しぶきもあるので、安全には十分注意してください。

磯釣り画像

出典:新たな観光の核づくり構想推進協議会資料

↑トップへ

車の移動はお得で便利な城ヶ島ワンデーパス(1日駐車券)

ワンデーパスサイン表示

 城ヶ島の東西で6箇所の公共駐車場があります。1日料金で何回でも出し入れ自由になっていますので、城ヶ島のそれぞれの見所を車で行き来しやすくなります。城ヶ島全体をまるごと、ゆっくりお楽しみください。

駐車場

ワンデーパス

駐車料金

利用可能車両

営業時間等

普通車

二輪車

大型車

公園第1駐車場

普通車:  450円/日

 

二輪車:  100円/日

 

大型車:1,000円/日

 

(緑化協力金20円を含む)

4月から9月

 8:00から19:00

10月から3月

 8:00から17:00

公園第2駐車場

第1駐車場

24時間営業

 

(1時間200円併用)

第2駐車場

第3駐車場

第4駐車場

※大型車は高さ2.3m以上

ワンデーパスの使い方は

1. 最初の駐車場出口でワンデーパス発行ボタンを押して精算
精算機画像
駐車場出口精算機

駐車場に入る時は、一般的な駐車場と同じように、発券ボタンを押して駐車券を受け取ってください。 駐車場を出る時に「ワンデーパス発行ボタン」を押してから精算すると、駐車券が戻ってきます。この駐車券が「ワンデーパス」になりますので、必ず受け取ってください。

(注)城ケ島公園第1駐車場は、機械式ではないため、駐車場入口でワンデーパスをお渡ししています。

2. 2箇所目以降は、「ワンデーパス」を入れて駐車場に入ります。
発券機画像
駐車場入口発券機

2箇所目以降の駐車場入口では、駐車券発行ボタンを押さないで、ワンデーパスカード投入口にワンデーパスを入れて、戻ったワンデーパスを受け取ると、ゲートが開きます。
駐車場出口でも、ワンデーパスを入れていただければ、ゲートが開いて駐車場から出ることができます。この時も、ワンデーパスが戻ってきますので、必ず受け取ってください。

城ヶ島ワンデーパス(1日駐車券)公共駐車場全体案内図

皆さんの足として、三崎港、城ヶ島間を運航していきます。
どうぞご利用ください。

城ヶ島と三崎港を結ぶ渡船が運航しています。短い船旅ですが海から見る風景も素敵です。

渡し船画像
渡し船画像
渡し船画像

↑トップへ

三崎のみどころ

三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり(愛称)」は地域活性化と水産振興を目的として2001年7月にオープンしました。

当施設は(株)三浦海業公社が運営し、マグロをはじめ旬の魚介類や野菜などを販売する「産直センター」、多目的イベントスペースの「うみぎょうプレイス、研修・展示室」があります。
また、コンサートや演劇等多目的に利用できる市民ホール「三浦市民ホール」が併設されています。

海の幸のほか、2階には三浦の新鮮な野菜を販売する「うらりマルシェ」が、平成28年11月5日にオープンしました。そのほか、手軽に海中散歩が楽しめる半潜水式の観光船にじいろさかな号があります。城ヶ島を結ぶ渡船もここから出発します。

三崎フィッシャリーナ・ウォーフうらり画像

うらり

うらり画像

うらりマルシェ

三崎フィッシャリーナ・ウォーフうらり画像

観光船にじいろさかな号

↑トップへ

三崎港にある三崎下町商店街は、昭和の風情を残す港町三崎のレトロな雰囲気と、三浦ならではの様々なグルメを楽しむことができます。8月のお盆の風物詩といえば三浦夜市。毎年多くの人が訪れ、グルメやイベントを楽しんでいます。

三崎下町商店街画像

三崎下町商店街

海南神社画像

海南神社

三浦夜市画像

三浦夜市

↑トップへ

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 横須賀三浦地域県政総合センター です。