2010年度 三県省道スポーツ交流事業

掲載日:2011年3月1日

結団式など | 日程 | 試合結果 | 交流事業 | 感想 | フォトギャラリー


事前勉強会、開会式及び知事訪問の様子(8月17日)

事前勉強会

選手たちは、韓国人留学生と中国人留学生から韓国語及び中国語を学びました。

開会式

選手たちはそれぞれ自己紹介をし、事業に参加する意気込みを話しました。また、団長からは事業に対する期待が表明されました。

知事訪問

選手たちは知事へ出発前のあいさつを行い、知事からは選手たちへ実りある国際交流を行うよう激励のあいさつがありました。

神奈川県選手団:サッカー(男子)は監督、コーチら含め20名、バスケットボール(女子)は監督、コーチら含め15名

事前勉強会の様子  結団式

このページの先頭へもどる


日程

日付内容
8月23日 月曜日羽田空港発、韓国・金浦空港着(出発)
歓迎晩餐会
8月24日 火曜日男子サッカー親善試合(神奈川県 対 京畿道)
女子バスケットボール親善試合(京畿道 対 遼寧省)
エバーランド見学
8月25日 水曜日男子サッカー親善試合(神奈川県 対 遼寧省)
女子バスケットボール親善試合(神奈川県 対 京畿道)
驪州神勒寺見学
8月26日 木曜日男子サッカー親善試合(京畿道 対 遼寧省)
女子バスケットボール親善試合(神奈川県 対 遼寧省)
景福宮・東大門見学
歓送晩餐会
8月27日 金曜日水原華城観覧
韓国・金浦空港発、羽田空港着(帰国)

このページの先頭へもどる


試合結果

             

男子サッカー

1勝1敗

女子バスケットボール

1勝1敗


全体の状況

試合日男子サッカー女子バスケットボール
8月24日 火曜日神奈川県 対 京畿道
1点 対 3点
京畿道 対 遼寧省
61点 対 58点
8月25日 水曜日神奈川県 対 遼寧省
1点 対 0点
神奈川県 対 京畿道
75点 対 72点
8月26日 木曜日遼寧省 対 京畿道
1点 対 5点
神奈川県 対 遼寧省
69点 対 81点

 試合会場にて試合会場にて


このページの先頭へもどる


交流事業(歓迎行事、学校訪問など)

8月23日

歓迎夕食会

初日ということもあり選手たちは比較的静かでしたが、同じテーブルに座る京畿道と遼寧省の選手とジェスチャーを交えつつ話をする姿が見られました。韓国の“B-boys"(ヒップホップダンスのグループ)のダンスの公演では、京畿道の選手の声援もあり、会場がとても盛り上がりました。

8月24日

男子サッカー親善試合(神奈川県 対 京畿道)
女子バスケットボール親善試合見学(京畿道 対 遼寧省)

エバーランド見学

京畿道水原市内にある遊園地と動物園を備えた施設で、選手たちは遼寧省の選手団とともにアトラクションや園内の動物園を観覧し過ごしました。

8月25日

男子サッカー親善試合(神奈川県 対 遼寧省)
女子バスケットボール親善試合(神奈川県 対 京畿道)

驪州神勒寺等観覧

京畿道驪州郡内にある驪州神勒寺及び農業博物館を観覧しました。 驪州神勒寺は京畿道内の名勝地の1つであり、自然豊かな山の中腹にあります。 選手たちは山を登り、驪州神勒寺を京畿道・遼寧省の選手と観覧しました。 3カ国の選手たちは記念写真を一緒に撮り、参道の途中にある小川で遊ぶなどして交流を深めていた

8月26日

景福宮、東大門見学

景福宮(ソウル市内の王宮)を遼寧省の選手とともに観覧しました。 両国の選手たちは広い宮内を観覧し、韓国の伝統的な建築物と衣装を見るなど、韓国の伝統的な文化にふれることができました。 神奈川県の選手たちは、日本と韓国の伝統的な建築物の違いを見つけ、とても興味深かったと話していました。 また、遼寧省の選手たちとは、宮内で記念写真を撮るなどして交流を深めていました。 また、東大門では、付近の施設を遼寧省の選手と観覧し、韓国の街並みを体験することができました。

8月27日

水原華城見学

神奈川県選手団は京畿道水原市内にあるユネスコ世界遺産にも登録されている「華城(ファソン)」を見学しました。

このページの先頭へもどる


選手たちの感想

サッカー選手団の感想

親善試合について

  • 神奈川県の代表として韓国に行って試合をしてみて、神奈川県という範囲は世界の中でどれだけ小さいかを実感しました。具体的には、サッカーの技術の面であってもフィジカルの面でも日本の選手を比べると違いが分かります。今まで日本の選手を見てきて基準としていて韓国に行って実際に試合をして、その基準を少し広くすることができました。
  • 神奈川県の代表として選手団に入れたことをとても誇りに思っています。やはり選抜チームなので慣れるまで大変で、チームとしての練習時間も少なく仲間とプレーが噛み合わない場面もありましたがその中で一勝できたことはとても嬉しく感じました。
  • 今回の神奈川のチームはとても良いチームだったと思います。もう少しこのチームでやりたかったというのが本音です。ですが、もう終わってしまったことなので、今回、国際試合で学んだことをチームで活かして将来また韓国・中国チームと試合ができるよう頑張りたいです。

施設見学・交流等について

  • 最初は心を開くのが難しくなかなか話しかけられませんでしたが、徐々にお互い心を開いて片言の英語やジェスチャーでコミュニケーションがとれるようになりました。会話ができるようになるととても楽しくて会話が止まることがなかったです。
  • 施設見学では、建造物や遊園地などに行き、日本に似ている点もあり、違った点もありで文化の違いを目の前で感じることが出来て良い経験をすることができました。
  • 最初、自分は韓国や中国に対してあまり良い印象を持っていませんでした。でも、食事の時に話してみるととても話やすく優しくてとても良い人たちでした。自分は偏見でしか見ていなかったと思います。これからはどんな人とも偏見などなく誰とでも同じように接することができる人になりたいと思います。

バスケットボール選手団の感想

親善試合について

  • 韓国、中国と試合をさせていただき、楽しかったです。国内から出るのも初めて、もちろん国外の選手と試合をやるなどの経験がなく、とても貴重な経験をすることができました。自分が考えられる事以上の考え、知恵、工夫を自分自身で感じました。
  • 初めての海外遠征は不安もあったけど、それ以上にワクワクしていました。中国や韓国と試合をしてみて、日本では違った経験ができました。中国や韓国は時間にルーズだったり、日本とは少し違うタイミングで審判に笛が鳴ったりして戸惑ってしまい、なかなか自分のプレーができなくて、今ではもっと積極的に色々やってみればよかったと後悔しています。これからは、そういった自分の気持ちの弱さを克服し、もっと強い選手になれるように日々の練習からしっかりやっていこうと思います。
  • 私の外国の選手の印象は、とてもパワーがありました。誰をディフェンスするにしても、力強くゴールに向かってきて今までにないプレーを体験する事ができました。

県内施設の見学、学校訪問、京畿道の選手との交流等について

  • 初日の食事会ですぐ他国の選手と仲良く交流することができました。中国の選手も韓国の選手も、とてもフレンドリーで、各国の言葉は伝わらなくても、英語やジェスチャーを使ってお互いの年齢やチームのメンバーの事、バスケットボールのことなどを中心に言葉を交わすことができました。
  • 日本を飛び出すのは本当に初めてで緊張していましたが、一度韓国へ行きたいと思っていたので興奮している気持ちの方がありました。しかし正直言って最初の歓迎晩餐会では緊張して何も話せませんでした。日本語は通じないので英語で会話していましたが、英語もしっかり勉強しないとだめだと思いました。
  • 施設見学では世界遺産や博物館、お寺等を見学しました。世界遺産は本当に大きくてきれいで驚きました。ほとんど石でできていたのが日本と少し違うところだなと思いました。

このページの先頭へもどる


フォトギャラリー

試合の様子 試合の様子 交流の様子 交流の様子 交流の様子 交流の様子 試合の様子 交流の様子 試合の様子 交流の様子 食事の様子 交流の様子 交流の様子 交流の様子 交流の様子 交流の様子 交流の様子 施設見学 送迎会の様子 送迎会の様子 送迎会の様子 送迎会の様子 金浦空港にて 記念品交換の様子
神奈川県

このページの所管所属は 国際文化観光局 国際課 です。