スマートエネルギー関連製品等開発促進事業(HEMS、水素ともにセミナー参加者募集中!!)

掲載日:2016年11月7日

≪NEW(参加者募集中!!その1)≫

平成28年度 第2回HEMS関連製品等開発促進スマートハウス普及セミナー(経営者向け)のご案内

今回は、センター長一色先生の講演に加えて、今年1月から開始された、「スマートマスター」資格制度について

一般財団法人家電製品協会認定センターの森拓生様に、そのねらいと概要についてご講演いただきます。

どうぞお気軽にご参加ください。

 

講  演: 「スマートハウスビジネスの現状について」  

          神奈川工科大学教授   一色 正男

      「IoT時代の人材育成策 『スマートマスター』資格制度のねらいと概要」

          一般財団法人家電製品協会 認定センター センター長  森 拓生 氏

詳細は以下のとおりとなります。

【 開 催 日 】 平成28年  11月 25日(金曜日) 15時から17時まで

【 会   場 】 神奈川工科大学 アクティブ・ラーニング横浜(横浜東口ウィスポートビル10F)

【 対   象 】 経営者向けではありますが、どなたでも参加可能です。

【 内   容 】 スマートハウスビジネス及びスマートマスター資格制度等

【 定   員 】 90名

【 参 加 費 】 無料

【 詳細及び申込先URL】 http://sh-center.org/shrepo/2513

 使用電力の見える化や家電・電気設備の最適制御等、住宅のスマート化を図るHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の普及は、2016年4月の電力小売完全自由化や2020年までに全家庭に設置が予定されているスマートメーターの普及と合わせて拡大していくことが見込まれており、様々なHEMS関連のビジネスが生まれることが期待されています。

 そこで本県では、HEMSを中心とした「スマートハウス」分野のビジネスについてわかりやすく解説するセミナーを国内で唯一のHEMS認証支援センター※を有する神奈川工科大学と連携し開催いたします。

 既に行いましたセミナーについて、IT関連企業や工務店等、幅広い業種の方々に「基本的な部分を含め、現状がよくわかった。」、「いろいろな知識が増えて大変勉強になった。」等のご意見をいただくなど、大変ご好評いただいております。

※ HEMS認証支援センター・・・ECHONET Lite(HEMS構築のための国際標準通信規格)相互接続環境を整備し、新規参入
 事業者向けのHEMS開発支援キットの開発や接続機器の運用ルール・ガイドラインの策定支援等を行っている。

≪NEW(参加者募集中!!その2)》

「水素・燃料電池関連市場参入セミナー」の開催について 

申込書のダウンロードはコチラから!!


 県では、県内企業における水素・燃料電池関連分野の製品・技術開発及び市場参入を促進するため、
関東経済産業局と共に、次のとおりセミナーを開催いたします。
 水素・燃料電池関連分野の市場参入にご興味のある企業様のご参加をお待ちしています。

【日時】 平成28年12月8日(木曜日) 14:00から16:30
【会場】 神奈川中小企業センタービル14階 多目的ホール(横浜市中区尾上町5-80)
【主催】 神奈川県   【共催】 関東経済産業局・一般財団法人日本立地センター
【申込】 申込用紙により、県エネルギー課へEメールで申し込み。(定員100名)

【プログラム】 
 ○関東経済産業局
  水素社会の実現に向けた国の取組の最新情報
 ○国立研究開発法人 産業技術総合研究所
  「福島新エネ社会推進構想」の中核を担う「産総研」の研究動向
 ○株式会社山王(横浜市港北区)
  県内中小企業の水素分野への参入チャレンジ事例 
 ○一般財団法人日本立地センター
  関東経済産業局が進める、大手メーカーニーズとのマッチング事業について

◎ 上記終了後、「県開発アドバイザーによる個別相談会」を実施
  製品・技術開発等における各種のお悩み等について、実務経験等の豊富なアドバイザーが親身にご相談に応じます。                  

 


スマートエネルギー関連製品等開発促進事業

【事業の概要】

 HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)や水素・燃料電池関連製品等の技術・研究開発、製品開発等を行う県内の中小企業を対象に、県の「開発アドバイザー」が御社を訪問し、アドバイスを行います。(アドバイスは無料で受けられます。)
 技術開発・製品開発や、事業化手法に関する諸問題の解決に、ぜひ本事業をご活用ください。

【開発アドバイザーについて】

 企業、大学、研究機関等において、技術・研究開発、商品企画、経営企画、マーケティング、事業計画、知財戦略などに携わった実務経験があるなど、豊富な知識を有する専門家から構成されています。

【このようなお悩みをお持ちの事業者様に】

・技術開発、製品開発における課題を解決したい
・NEDO事業等への応募を検討しているが書類作成等の手続きが不安
・自治体等の各種支援制度を活用したいが手続きがよくわからない
・知財戦略の策定を支援してほしい など

【対象となる技術開発や製品開発の例】

(HEMS関連)
  ・ECHONET Lite搭載のHEMSコントローラーに付加するアプリの製品開発
  ・ECHONET Lite搭載の家電等の住宅関連機器の製品開発
   ※ECHONET Liteとは
    経済産業省傘下のスマートハウス標準化検討会において推奨された
     HEMSと接続機器及びスマートメータとの間の標準規格です。

 (水素・燃料電池関連)
   ・燃料電池自動車、水素ステーションの低コスト化に資する構成機器等の技術開発
   ・家庭用燃料電池の低コスト化に資する技術開発 など

【開発アドバイザーによる支援の内容】

  ・技術開発、製品開発、事業化等への助言、指導
  ・大手企業、大学、研究機関、中小企業等とのマッチング支援
  ・NEDO事業等の活用に関する助言、指導
  ・分野特有の出口を見据えた知財戦略の策定等の助言、指導

【ご利用にあたって】

ご利用いただける方

   神奈川県内に事業所、営業所を有する中小企業

ご利用の流れ

 1  お電話でのお問い合わせ

    まずはお気軽に、お電話にて以下に記載の各連絡先までご連絡ください。
         事業趣旨や、支援内容、申込みの方法等、ご利用の流れについてご案内いたします。

 2 支援の申込

        支援申込書 [Wordファイル/39KB]及び添付書類を下記まで郵送又はEメールで提出してください。
  (郵送の場合)     
    〒231-8588 横浜市中区日本大通1 
      神奈川県産業労働局産業部エネルギー課
      スマートエネルギー関連製品等開発促進事業 担当者宛

  (Eメールの場合)
   ・HEMS関連  pv_kanagawa@pref.kanagawa.jp
   ・水素・燃料電池等関連   fcv2015@pref.kanagawa.jp

 3 事前調査

        必要に応じ、県の開発アドバイザーが御社を訪問します。
          お申込み内容(技術課題等)について詳しく伺うとともに、支援の内容や、 日程等
          についてご相談させていただきます。

 4 選考

        県において、実施要綱 [PDFファイル/60KB]に従って、支援申込書の記載内容や
     事前調査結果をもとに、支援の可否を決定し、ご連絡いたします。

 5 支援実施

          開発アドバイザーが御社を訪問し支援を行います。
        ※開発アドバイザーは原則として申込み内容に応じ、県が指定しますが、
         支援申込者があらかじめ希望を県へ伝えることも可能です。
               ※あらかじめ決められた支援期間(最大6日間)を超えて、引き続き支援の継続を
                   希望する場合は、支援の延長を申し込むことができます。

 

   

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 エネルギー課 です。