スマートエネルギー関連製品等開発促進事業(現在、HEMS関連製品等開発促進セミナー見学会参加者募集中!!)

掲載日:2016年4月1日

≪NEW!!≫

平成28年度 HEMS関連製品等開発促進セミナー(ENEDIAハウス見学会のご案内)

ENEDIAハウス見学会のご案内(9月29日(木曜日))-スマートライフを体感しよう!-

「スマートハウス普及セミナー/施設見学会」を以下内容にて開催します。
本セミナーでは、実際に商品化されているスマートハウスのモデルルームを見学することができます。

見学する施設は、三菱電機様の『ENEDIAハウス』であり、最先端のスマートハウスライフを体感することができます。

詳細は以下のとおりとなります。

【 開 催 日 】 平成28年 9月 29日(木曜日) 13時から16時まで

【 会   場 】 神奈川県鎌倉市大船5丁目1−1

【集合場所】 神奈川県横浜市西区高島2-6-32 横浜東口ウィスポートビル1F(ここからバスで移動します。)

【 対   象 】 基本的には県内中小企業等の関係者(対象外の方も応募可能です)

【 内   容 】 実際に商品化されているスマートハウスのモデルルームを見学、最先端のスマートライフの体験。

【 定   員 】 10名

【 参 加 費 】 無料

【 詳細及び申込先URL】 http://sh-center.org/shrepo/2465

 使用電力の見える化や家電・電気設備の最適制御等、住宅のスマート化を図るHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の普及は、2016年4月の電力小売完全自由化や2020年までに全家庭に設置が予定されているスマートメーターの普及と合わせて拡大していくことが見込まれており、様々なHEMS関連のビジネスが生まれることが期待されています。

 そこで本県では、HEMSを中心とした「スマートハウス」分野のビジネスについてわかりやすく解説するセミナーを国内で唯一のHEMS認証支援センター※を有する神奈川工科大学と連携し開催いたします。

 既に行いましたセミナーについて、IT関連企業や工務店等、幅広い業種の方々に「基本的な部分を含め、現状がよくわかった。」、「いろいろな知識が増えて大変勉強になった。」等のご意見をいただくなど、大変ご好評いただいております。

※ HEMS認証支援センター・・・ECHONET Lite(HEMS構築のための国際標準通信規格)相互接続環境を整備し、新規参入
 事業者向けのHEMS開発支援キットの開発や接続機器の運用ルール・ガイドラインの策定支援等を行っている。


スマートエネルギー関連製品等開発促進事業

【事業の概要】

 HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)や水素・燃料電池関連製品等の技術・研究開発、製品開発等を行う県内の中小企業を対象に、県の「開発アドバイザー」が御社を訪問し、アドバイスを行います。(アドバイスは無料で受けられます。)
 技術開発・製品開発や、事業化手法に関する諸問題の解決に、ぜひ本事業をご活用ください。

【開発アドバイザーについて】

 企業、大学、研究機関等において、技術・研究開発、商品企画、経営企画、マーケティング、事業計画、知財戦略などに携わった実務経験があるなど、豊富な知識を有する専門家から構成されています。

【このようなお悩みをお持ちの事業者様に】

・技術開発、製品開発における課題を解決したい
・NEDO事業等への応募を検討しているが書類作成等の手続きが不安
・自治体等の各種支援制度を活用したいが手続きがよくわからない
・知財戦略の策定を支援してほしい など

【対象となる技術開発や製品開発の例】

(HEMS関連)
  ・ECHONET Lite搭載のHEMSコントローラーに付加するアプリの製品開発
  ・ECHONET Lite搭載の家電等の住宅関連機器の製品開発
   ※ECHONET Liteとは
    経済産業省傘下のスマートハウス標準化検討会において推奨された
     HEMSと接続機器及びスマートメータとの間の標準規格です。

 (水素・燃料電池関連)
   ・燃料電池自動車、水素ステーションの低コスト化に資する構成機器等の技術開発
   ・家庭用燃料電池の低コスト化に資する技術開発 など

【開発アドバイザーによる支援の内容】

  ・技術開発、製品開発、事業化等への助言、指導
  ・大手企業、大学、研究機関、中小企業等とのマッチング支援
  ・NEDO事業等の活用に関する助言、指導
  ・分野特有の出口を見据えた知財戦略の策定等の助言、指導

【ご利用にあたって】

ご利用いただける方

   神奈川県内に事業所、営業所を有する中小企業

ご利用の流れ

 1  お電話でのお問い合わせ

    まずはお気軽に、お電話にて以下に記載の各連絡先までご連絡ください。
         事業趣旨や、支援内容、申込みの方法等、ご利用の流れについてご案内いたします。

 2 支援の申込

        支援申込書 [Wordファイル/39KB]及び添付書類を下記まで郵送又はEメールで提出してください。
  (郵送の場合)     
    〒231-8588 横浜市中区日本大通1 
      神奈川県産業労働局産業部エネルギー課
      スマートエネルギー関連製品等開発促進事業 担当者宛

  (Eメールの場合)
   ・HEMS関連  pv_kanagawa@pref.kanagawa.jp
   ・水素・燃料電池等関連   fcv2015@pref.kanagawa.jp

 3 事前調査

        必要に応じ、県の開発アドバイザーが御社を訪問します。
          お申込み内容(技術課題等)について詳しく伺うとともに、支援の内容や、 日程等
          についてご相談させていただきます。

 4 選考

        県において、実施要綱 [PDFファイル/60KB]に従って、支援申込書の記載内容や
     事前調査結果をもとに、支援の可否を決定し、ご連絡いたします。

 5 支援実施

          開発アドバイザーが御社を訪問し支援を行います。
        ※開発アドバイザーは原則として申込み内容に応じ、県が指定しますが、
         支援申込者があらかじめ希望を県へ伝えることも可能です。
               ※あらかじめ決められた支援期間(最大6日間)を超えて、引き続き支援の継続を
                   希望する場合は、支援の延長を申し込むことができます。

 

   

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 エネルギー課 です。