都市計画道路 腰越大船線「大船立体」が暫定開通しました

掲載日:2014年3月28日

 県では、都市計画道路腰越大船線がJR横須賀線と交差する前後の区間(鎌倉市台二丁目から小袋谷一丁目までの延長約370m区間)で、「大船立体」の新設整備を進めてまいりました。

 この事業は、鎌倉市道の小袋谷跨線橋が幅員狭小であり老朽化しているため、交通安全対策や地震対策の観点から、県が都市計画道路の整備として取り組んでいるものです。

 今回、「大船立体」の一部が暫定開通するとともに、仮設の桟橋等を利用して、小袋谷跨線橋の交通を仮設道路に切り替えました。

 今後とも、早期の完成に向け、小袋谷跨線橋の撤去および「大船立体」の残りの工事を進めてまいります。

路線名

県道304号(腰越大船)

開通日

平成26年3月28日(金曜日)

開通延長

約370m

幅員等

標準幅員 約7.0m(2車線)

  添付資料1:都市計画道路 腰越大船線「大船立体」 位置図 [PDFファイル/151KB]

  添付資料2:都市計画道路 腰越大船線「大船立体」 平面図、暫定供用横断図 [PDFファイル/224KB]

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 道路部 道路整備課 です。