Q&Aコーナー

掲載日:2018年1月30日

※質問と回答のコーナーです。質問をクリックすると回答ページの該当部分に移動します。 
  各部門の回答ページを見る
  →「乳用牛・肉用牛」「豚」「鶏」「畜産環境」「経営・その他共通」

部門別質問一覧
部門質問
乳用牛・肉用牛

Q25 寒冷期の和牛子牛の飼養管理で特に気をつけなければならないことは?(平成30年1月)

Q24 搾乳機器の「ATP検査」とは何ですか?(平成29年6月)

Q23 肥育牛の尿石症について教えてください。(平成29年2月)

Q22 乳房炎ワクチンが販売されたと聞いたけど?(平成29年2月)

Q21 後継牛生産のために性選別精液を利用する際の注意点はなんですか?(平成28年1月)

Q20 受精卵移植で和牛子牛が生まれました。必要な手続きがあれば教えてください。(H25年6月)
Q19 カビ毒とその対策について教えてください。(H24年1月)
Q18 受精卵移植で和牛の子牛が生まれました。冬場に、特に注意することはありますか。(H23年1月)
Q17 今年の夏は非常に暑かったので、牛も夏の疲れが残っているようです、これから注意する点は何でしょうか。(H22年9月)
Q16 最近、「牛肉のオレイン酸含有量」という言葉をよく耳にしますが、もう少し詳しく知りたいと思います。(H22年6月)
Q15 最近、種雄牛評価に「泌乳持続性」という項目がありますがどのような意味ですか?(H22年1月)
Q14 和牛受精卵移植の子牛が生まれる予定ですが、管理上、気をつけることは(H21年9月)
Q13 暑熱対策について、今から備えておいたほうが良いことは何でしょうか。(H21年6月)
Q12 自家育成で乳用後継牛を確保したいと考えています。育成牛の必要頭数の考え方について教えてください。(H20年9月)
Q11 飼料の特性を示すRVIという指標があると聞きましたが、どのようなものか教えてください。(H20年1月)
Q10 飼料のカビ毒が心配です。カビ毒とその対策について教えてください(H19年9月)→(H23年10月削除)
Q9 肥育前期の飼養管理が適切かを検証するにはどうしたらよいですか?(H19年6月)
Q8 乳中尿素窒素(MUN)について教えてください(H19年1月)
Q7 なぜ乳用育成牛の体高や胸囲の測定を行うのですか?(H18年9月)
Q6 暑熱対策以外に、畜舎内の換気や送風の確保にはどのような効果があるのですか?(H18年6月)
Q5 乳成分で乳牛の健康チェックができるそうですが、チェックのポイントを教えてください。(H18年1月)
Q4 和牛を野草地に放牧したいのですがどの様な野草を好みますか。(H17年9月)
Q3 肉用子牛を導入する時に注意することは何ですか?(H17年6月)
Q2 最近話題になっている搾乳ユニット自動搬送装置について教えてください。(H17年1月)
Q1 よく、乾物摂取量が重要だと言われますが、何によって決まるのですか?(H16年9月)

Q13 最近よく聞く豚の「多産系」とはどのようなものでしょうか(平成29年6月)

Q12 離乳期の子豚の管理にあたって、どのような点に注意すればよいでしょうか?(平成28年1月)

Q11 繁殖母豚の管理にあたって、どのような点に注意すればよいでしょうか?(H27年6月)

Q10 日本飼養標準・豚が改訂されたようですが、主な改訂点は?(H26年6月)

Q9 日照時間が繁殖豚に及ぼす影響について教えてください。(H26年1月)

Q8 季節の変わり目となりましたが、養豚の管理でこの時期に行っておくことを再確認したいのですが。(H20年9月)
Q7 飼料価格の高騰対策として、養豚経営においてはどのような取り組みをしたらよいのでしょうか?(H20年6月)
Q6 初乳を飲ませるのに分割授乳がよいといわれますが、どのような方法でしょう。(H19年9月)
Q5 豚肉の食品として優れている点を、消費者にアピールしたいのですが。(H18年9月)
Q4 「ポジティブリスト制度」が平成18年5月29日から施行されましたが、養豚農家として気をつけなければいけない点はどこですか?(H18年6月)
Q3 伝染疾病防止のポイントを、従事者全員で再確認しておきたいのですが。(H18年1月)
Q2 豚肉におけるトレーサビリティシステムの導入の可能性について教えて下さい。(H17年9月) 
Q1 新しい系統豚「ユメカナエル」の特徴について教えてください。(H17年6月)

Q12 鶏の暑熱ストレスのサイン、パンティングとは何ですか (H29年6月)

Q11 「かながわ鶏」とはどのような鶏ですか? (H29年2月)

Q10 畜産技術センターが計画している地域銘柄鶏のフィールド調査について教えて下さい。(H26年6月)

Q9 新たに鶏の飼育を考えていますが、届出等、留意することはなんですか?(H25年6月)
Q8 消費者は何を基準にして卵を購入していますか。 (H23年1月)
Q7 アニマルウェルフェアの考え方に対応した採卵鶏の飼養管理指針とはどのようなものですか? (H22年1月)
Q6 「鶏卵表示の適正化について」検討されていると聞きますが、その内容はどのようなものですか?(H21年1月)
Q5 最近話題になっている「国産鶏の利用拡大」とは何ですか。(H20年1月)
Q4 卵黄色は濃い方が栄養価も高そうであるというイメージがありますが実際に栄養価に違いはあるのでしょうか?(H19年9月)
Q3 鶏ふんのエネルギー利用について教えて下さい。(H19年1月)
Q2 採卵鶏の改良増殖目標について教えてください。(H17年9月)
Q1 強制換羽のストレスによるサルモネラ症の発生が心配なのですが。(H16年9月)

畜産
環境

Q18 堆肥の評価をする評点法とは?(H27年6月)

Q17 有害鳥獣捕獲に使うククリワナってなんですか?(H27年1月)

Q16 「除草剤のクロピラリド」による苗物の生育障害があったそうですが、どのような事例ですか?(H26年1月)
Q15 うちの浄化槽に砂がたまったみたいで調子が悪いんですが、どうしたらよいでしょう? (H25年6月)
Q14 なぜ、肥料・土壌改良資材・培土として利用できる放射性セシウム濃度を400ベクレル/kg以下としたのですか(H24年1月)
Q13 堆肥化施設から低級脂肪酸が発生し悪臭となっています。低級脂肪酸の発生する原因と対策は何でしょうか(H23年1月)
Q12 農作業事故を未然に防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか?(H22年9月)
Q11 最近、農作業事故が話題になっていますが、実態はどうなっているのでしょうか?(H22年6月)
Q10 家畜ふんの堆肥化発酵を行うときには、通気性を確保することが重要であると言われていますが通気性を推定する良い方法はありますか?(H22年1月)
Q9 家畜ふんたい肥は野菜などの耕種農家ではどのような使われ方をしていますか。(H21年9月)
Q8 完熟堆肥とはどのようなものですか。(H20年9月)
Q7 堆肥を施用すると土壌改善に役立つといわれていますが、なぜですか?(H20年6月)
Q6 乳牛ふんの堆肥づくりで、なるべく臭気を抑えるためには、どのような点に気をつければよいのでしょうか?(H19年6月)
Q5 家畜用浄化槽で汚水を処理する時、希釈水を加えるのはなぜなのでしょうか?(H19年1月)
Q4 畜舎消毒の目的について教えてください。(H18年9月)
Q3 家畜ふんの堆肥化には、なぜ水分調整が必要なのでしょうか?(H18年6月)
Q2 家畜用浄化槽の維持管理についての留意点を教えてください。(H18年1月)
Q1 生産した堆肥を野菜、果樹農家や家庭菜園の人に販売したいのですが。(H17年6月)

経営・
その他共通

Q24 「家族経営協定」を締結するとどんなメリットがあるのですか?(H30年1月)
Q23 「JGAP家畜・畜産」って何?(H30年1月)

Q22 畜産農家が利用できる主な農業制度資金はどのようなものですか? (H28年8月)

Q21 HACCP導入の注意点は? (H28年8月)

Q20 苗の生産農家で発生している生育障害は、牛ふん堆肥が原因と聞いたのですが、そのようなことがあるのですか?(平成28年1月)

Q19 トウモロコシサイレージの分析をしたのですが、結果を検討する際の注意点はなんですか?(H27年6月)

Q18 県内でも飼料用トウモロコシの二期作栽培に取り組む農家が増えているそうですが、どのようなメリットや特徴があるのですか?(H27年1月)

Q17 養豚経営のコスト低減のためには、どのようなポイントを見直したらいいですか?(H27年1月)

Q16 酪農経営にかかる経費を見直したいのですが、どのようなポイントがありますか?(H26年6月)

Q15 飼料用稲及び飼料米が注目され始めた経緯と、それをめぐる情勢について教えて下さい?(H25年1月)
Q14 食品中の放射性物質の新しい基準値とはどのようなものですか?(H24年6月)
Q13 畜産農家が利用できる主な農業制度資金はどのようなものですか?(H24年6月)
Q12 飼料中の放射性セシウム暫定許容値が見直しされましたが、どう対応したらいいですか?(H24年6月)
Q11 エコフィード利用畜産物認証制度とは? また、認証を受けるメリットはなんですか?(H24年1月)
Q10 震災が発生して、自然災害の恐ろしさを痛感しました。今何を準備しておけばいいのでしょうか。(H23年6月)
Q9 農場HACCP認証基準とは?その畜産農家にとってのメリットとは?(H22年9月)
Q8 畜産物価格低迷により、畜産経営の厳しい情勢が続いています。飼料購入等の運転資金に利用できる融資制度はないでしょうか。(H22年6月)
Q7 飼料原料としての飼料用米の利用について教えてください。(H21年9月)
Q6 経営規模が大きくなって従業員やアルバイト、パートを雇用するようになりました。従業員等に機械を使った作業させるときに必要なことはありますか。
Q5 畜産関係の減価償却制度の見直しとは?(H21年1月)
Q4 飼料高騰によって厳しい経営状況になってきました。より収益を上げるにはどこから手をつけていったらよいですか?(H21年1月)
Q3 飼料費等の運転資金として利用できる長期運転資金はないでしょうか。(H20年1月)
Q2 農業制度資金が無利子化されると聞いたのですが、どのような場合に利用できるのでしょうか?(H19年6月)
Q1 JAS法に基づく生産履歴公表豚肉の規格が平成16年7月に施行されたそうですが、どのようにすれば「生産履歴公表豚肉」としてJASマークを付け販売出来るのですか。(H17年1月)

神奈川県

このページの所管所属は 畜産技術センター です。