環境Q&A みず

掲載日:2014年6月12日

環境Q&A みず

みずの役割

Q1:地球上で利用できる水はどのくらいありますか?

Q2:水はどのように利用されていますか?

Q3:水は人の体でどんな働きをしていますか?

Q4:バーチャルウォーターとはなんですか?

水とくらし

Q5:おいしい水とはどんな水ですか?

Q6:水道水の安全性はどうなっていますか?

Q7:水道の水質基準であるpH値について教えて下さい。

Q8:水道水をつくるために、二酸化炭素(CO2)はどのくらい発生しますか?

Q9:家庭での水道水の使用量はどのくらいですか?

Q10:節水のためにはどんな取組をするとよいですか?

Q11:ディスポーザは利用しない方がよいのですか?

水環境

Q12:水環境を保全するためにはどうすればよいですか?

Q13:神奈川県の水ガメの水質はどうなっていますか?

環境Q&A みず 答え

みずの役割

Q1:地球上で利用できる水はどのくらいありますか?

 地球にはおよそ14億k㎥の水が存在すると言われていますが、ほとんどが海水で、淡水は2.5%にすぎません。また、その大部分が南極や北極の氷であり、河川や湖沼に存在する淡水は地球上の水の約0.01%しかありません。 

【参考HP】国土交通省 日本の水資源について(平成25年度版)

Q2:水はどのように利用されていますか?

 家庭やオフィスで使用される生活用水、産業活動に使用される工業用水、農作物の生育に使用される農業用水として利用されています。

【参考HP】国土交通省 水の利用状況

Q3:水は人の体でどんな働きをしていますか?

 人間の体の50%~75%は水でできており、体内では、

・血液となって体のすみずみに酸素や栄養素を運搬する。

・体液の一部となって細胞の働きをサポートする。

・老廃物を溶かし体外に排出する。

・汗を放出するなどして体温を調節する。

等の役割を果たしています。

Q4:バーチャルウォーターとはなんですか?

 バーチャルウォーター(仮想水)とは、食料を輸入している国において、もしその輸入食料を生産するとしたら、どの程度の水が必要かを推定したものです。

 例えば1㎏のトウモロコシを生産するには、灌漑用水として1,800ℓの水が必要です。また、牛はこうした穀物を大量に消費して育つため、牛肉1㎏を生産するには、その約2万倍もの水が必要です。

 つまり日本は海外から食料を輸入することによって、その生産に必要な水を使わないで済んでいると言えます。食料の輸入は、形を変えて水を輸入していることと考えることができます。

【参考HP】環境省 バーチャルウォーター

水とくらし

Q5:おいしい水とはどんな水ですか?

 水には多くの成分が溶け込んでおり、その量やバランスによって水の味が変化します。

 水の味を良くする成分として、カルシウム、マグネシウム等や蒸発残留物がコクとまろやかさを、水に溶けた炭酸ガスが清涼感を与えます。また、水の味を悪くする成分は有機物等や残留塩素があり、これらが多いと臭気が強くなり味を損ないます。さらに、水温は、15℃以下がおいしさの適温といわれています。

 【参考HP】神奈川県 おいしい水について

Q6:水道水の安全性はどうなっていますか?

 水道水の安全性は、水源から給水栓(蛇口)まで一貫した水質検査などを通じ、確認されています。

 水源である湖における水質調査、浄水場における浄水処理工程ごとの水質監視、配水池や給水栓(蛇口)における自動水質測定装置による常時監視の他、給水栓(蛇口)では、水道水質基準である50項目を含め、150種類以上の精密な検査が定期的に行われ、安全性が確認されています。

 また、水道水中の放射性セシウムについても、定期的に測定が行われ、不検出(検出限界値未満)であることが確認されています。

Q7:水道の水質基準であるpH値について教えて下さい。

 pH(ペーハー/ピーエイチ)値とは、水の酸性とアルカリ性の度合いを示す数値であり、酸・アルカリによる水源の汚染の確認や、浄水場における薬品注入量の決定、水道施設に対する腐食性の判定など、水道にとって非常に重要な指標です。

 水道水質基準値は、pH5.8~8.6であり、水道水は中性であるpH7.0前後となっています。

Q8:水道水をつくるために、二酸化炭素(CO2)はどのくらい発生しますか?

 県民の約31%に給水を行う県営水道では、平成24年度に約3億5,238万㎥の水道水を給水しています。その際の二酸化炭素の排出量は、54,054t-CO2でした。

Q9:家庭での水道水の使用量はどのくらいですか?

 生活用水の一人一日の平均使用量は296ℓ(平成21年度)です。

 生活用水のうち、家庭用水の使われ方は、トイレ(約28%)、風呂(約24%)、炊事(約23%)、洗濯(約16%)といった洗浄を目的とするものが大部分を占めています。

【参考HP】国土交通省 水の利用状況

Q10:節水のためにはどんな取組をするとよいですか?

①風呂の残り湯を洗濯や水まきに使用する。

②炊事、洗顔、歯磨きは水を流しながらしない。

③車はホースでかけ洗いせず、バケツに汲んだ水を使う。

④樹木や草花への散水は雨水やコメのとぎ汁を利用する。

⑤洗濯はまとめて効率よく行う。

これ以外にも取組はたくさんありますが、それらを日常の習慣にして実施することが大切です。

Q11:ディスポーザは利用しない方がよいのですか?

 ディスポーザは、排水口の下に取り付けて、生ゴミを細かく砕き、水と一緒に下水管に流す装置で、

①  粉砕した生ごみを直接下水管に流すタイプ

②  生ゴミを粉砕した後、排水処理を行ってから下水管に流すタイプ

の2種類があります。

 生ゴミをそのまま流すと、下水管に汚泥が堆積したり、下水処理場の機能を低下させることがあるため、市町村によっては、使用の禁止や自粛を呼びかけています。 

水環境

Q12:水環境を保全するためにはどうすればよいですか?

 水は、雨となって地上に降り注ぎ、土壌に保水されつつ、地表水及び地下水として相互に行き来しながら河川、湖沼及び海域に流れ込み、また、それぞれの過程で蒸発して雲になり再び雨となって絶え間なく循環しています。

 水環境を保全するためには水を浄化するだけでなく、汚れた水をできるだけ流さないようにすることが大切です。

<家庭でできること>

・調理くずや食べ残しは水に流さない

・食器の汚れはまず拭き取る

・洗剤の使用は最小限にする

・節水を心がける

<河川でできること>

・水鳥の観察、水遊び、釣りなどで河川に親しむ

・クリーンキャンペーンに参加し、河川の浄化などを学ぶ

<森林でできること>

・水源における森林づくりに参加する

・キャンプなどで森や林に親しみ、水の大切さを学ぶ。

【参考HP】神奈川県 くらしと水環境について考えよう!

Q13:神奈川県の水ガメの水質はどうなっていますか

 相模湖・津久井湖・宮ヶ瀬湖・丹沢湖は、水質汚濁の一般的な指標であるCOD(化学的酸素要求量)、全窒素、全燐で評価すると、平成24年度は、全環境基準(一部暫定基準)を達成しました。

 ただし、相模湖や津久井湖では、富栄養化の原因となる窒素、リンの濃度が高く、アオコが発生しやすい状況なっており、引き続き水質改善に取り組んでいます。

神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 環境部 環境計画課 です。