神奈川県畜産技術センター 研究情報 2008.01

掲載日:2016年4月1日

神奈川県畜産技術センター 研究情報 2008年1月

「平成18年え付け採卵鶏の経済検定より」 

 現在、国内には多くの種類の採卵鶏の銘柄が流通しており、この中から自分の経営に合った銘柄を選定するのは難しいことと思われます。
  そこで、本県で普及している採卵鶏の銘柄について、それらの特質と能力を明確にし、養鶏農家のみなさんの銘柄選定の一助とするため、経済検定を毎年実施しています。
 この度、平成18年2月にえ付けした採卵鶏の成績がまとまりましたので、お知らせします。
 飼養期間は平成18年2月から平成19年9月までの80週間です。
 供試鶏は白玉鶏のジュリア、ジュリアライト(ライト)、シェーバーホワイト(シェーバー)、マリア、ピンク玉鶏のソニア及び赤玉鶏のボリスブラウン(ボリス)の6銘柄です。 飼養方法は、表1のとおり、養鶏農家で一般に実施されている方法を用いました。
 各銘柄の検定成績は、表2及び図1から5のとおりで、その概要は次のとおりでした。

表1 飼育方法と給与飼料
0から3週齢:立体育すう機

4から17週齢:ウインドウレス鶏舎
        2段群飼ケージ
        (6から7羽飼い)
        点灯時間:8時間

18から80週齢:解放鶏舎
         3段成鶏用ケージ
         (2羽飼い)
         点灯時間:15時間
0週齢:市販え付け用(CP24%-ME3.05kcal/g)

1から3週齢:市販育成前期用(CP21%-ME2.92kcal/g)

4から9週齢:市販育成中期用(CP18%-ME2.80kcal/g)

10から17週齢:市販育成後期用(CP14%-ME2.75kcal/g)

18から59週齢:市販成鶏用(CP18%-ME2.87kcal/g)

60から80週齢:市販成鶏用(CP17%-ME2.86kcal/g)


表2 平成18年度採卵鶏の経済検定試験育成期成鶏期卵質の成績(0から80週齢)
表2

1 育成期成績
 育成率は、全銘柄で98%以上と良好でした。20週齢体重は赤玉鶏のボリス、次いでピンク玉鶏のソニアが重く、マリアが軽い傾向でした(統計的有意差あり。以下、P<0.05)。0から19週齢の飼料摂取量は、体重が重かったソニア、ボリスが多く、体重の軽かったマリアが少ない値でした(P<0.05)。

2.成鶏期産卵成績
 50%産卵到達日齢は、赤玉鶏のボリスが140日齢と早く、最も遅かったシェーバーとの銘柄間の差は7日程度でした。
 産卵率は、全銘柄が80%以上と良好で、図1に示したように各銘柄とも、産卵期前半の成績が特に優れていました。
 平均卵重は、ライト、シェバー、マリアが軽く、ジュリアが重く(P<0.05)、マリアとジュリアの差は3g程度でした。なお、ジュリアは、図2に示すように、産卵期後半の卵重が重く推移しました。
 日産卵量、飼料要求率については、銘柄間に統計的に差がありませんでした。
 飼料摂取量はジュリアとソニアが多く、マリアが少なく(P<0.05)、ジュリアとマリアの差は7g程度でした。 
 生存率はボリスが99%と高く(P<0.05)、最も低かったマリアとの差は12%程度でした

図1
図1 20から80週齢産卵率
図2
図2 20から80週齢平均卵重 

3.成鶏期卵質成績 卵質検査は34から78週齢の間に5回実施しました。
 ハウユニットは、5回の測定結果の平均では、全銘柄が82%以上と良好で、特にライト、マリア、ソニアは、図3に示したとおり、産卵後期の78週齢でも80%以上と極めて良好でした。
 卵殻強度は、図4に示したとおり、産卵前・中期の34、43、54週齢では、マリアが小さい値でジュリアが大きい値で推移し、平均でも、マリアが小さくジュリアが大きい値を示しました(P<0.05)。卵殻厚、卵殻重、卵殻比率は、卵殻強度が小さいマリアが小さい値でした(P<0.05)。
 肉斑は、白玉鶏の4銘柄は4%以下と少なく、一方、赤玉鶏のボリスは14%と最も多く認められました(P<0.05)。

図3
図3 34から78週齢ハウユニット
図4
図4 34から78週齢卵殻強度

4.成鶏期規格卵成績

 規格卵比率の特徴は、平均卵重の重い銘柄はL級以上の比率が高く、軽い銘柄はS級以下の比率が高い傾向でした。卵重の軽かったライト、シェーバー、マリアのS級以下の比率は、10%前後と他の銘柄より高い比率を示しました。
 産卵期後半に卵重が重かったジュリアは、LL以上の比率が最も高く、LからMSのパック卵比率は、産卵期後半に低く推移し(図5)、平均でも最も低い値でした(P<0.05)。
図5
図5 20から80週齢パック卵比率

5.収益性
 収益性は生産卵量×卵価―(ヒナ代+育成飼料費+成鶏飼料摂取量×飼料価格)の式とし、新聞相場の全農の規格卵価及び東京鶏卵事業協同組合の非規格卵価の月平均卵価を用いて計算しました。この結果、非規格卵収益、規格卵収益ともに、ボリス>シェーバー>ライト>ジュリア>ソニア>マリアの順となりましたが、最も高かったボリスと最も低かったマリアとの銘柄間差が小さく、統計的にも差は認められませんでした。なお、19年2月え付け鶏の経済検定を、白玉鶏のジュリア、ジュリアライト、シェーバーEX、マリア、ピンク玉鶏のソニア及び赤玉鶏のボリスブラウン(ボリス)の6銘柄について、現在実施しており、成績がまとまり次第、ご報告させていただく予定です。
(畜産工学部 平原敏史)

神奈川県

このページの所管所属は 畜産技術センター です。