研究情報 2009年7月

掲載日:2016年4月1日

黒毛和種肥育牛に対する生トウフ粕の給与について

1 はじめに
 畜産技術センターでは、食品残さを家畜の飼料として有効活用する取り組みを行っており、平成18年度より黒毛和種肥育牛を対象に生トウフ粕の給与試験を実施しています。
 トウフ粕は、表1に示すように高蛋白質で消化性の高い繊維を多く含み、エネルギー価値が高いなどの特徴を持ち、肥育牛にとって優れた飼料といえます。このため、食品残さの中でも肥育牛の飼料として広く利用されています。農家での利用形態は、コストを抑えた生の状態あるいは発酵処理した状態での給与が多いようですが、扱いやすさや保存性を重視し、乾燥処理の状態で利用する場合も見受けられます。

表1 トウフ粕の栄養成分

 このトウフ粕をどの程度給与するかは各農家の経験によるところが大きいと思われ、現状では農家により給与量・給与割合はまちまちです。
 このような中、当センターでは「トウフ粕を生で利用する場合、どの程度給与するのがよいのか?」「どの位までなら給与できるのか?」といった肥育牛農家の要望を受け、生トウフ粕の給与割合に関する検討を行っています。
 現在、全9頭の供試牛のうち7頭の肥育が終了したので、中間結果について報告いたします

2 試験の概要
 試験区は、(1)生トウフ粕を濃厚飼料の70%配合する70%区、(2)同50%配合する50%区、さらに比較対照のため(3)50%区と全く同じ配合の飼料をサイレージ調製用容器に一週間程度密封して乳酸発酵させた50%発酵区、の全3区を設けました。 供試牛は黒毛和種去勢牛を各区3頭ずつとし、8ヶ月齢より32ヶ月齢まで給与試験を行いました。

3 給与飼料について
 トウフ粕は、水分割合が高いため劣化・腐敗しやすいという欠点があります。本試験では農家における利用形態も考慮し、排出されたトウフ粕を当日午前中に搬入した後配合し、午後速やかに給与しました。 給与飼料の配合割合を表2に、栄養成分を表3に示しました。配合原料は肥育牛の飼料として一般的かつ入手容易なものを用い、各試験区のTDN割合が同一になるよう配合設計しました。

表2 給与飼料の配合割合(原物%)

表3 給与飼料の栄養成分

4 中間結果について
 まず飼料摂取量ですが、図1に自由給餌に切り替えた16ヶ月齢以降の乾物摂取量を示しました。50%発酵区が7から8kg/日・頭、50%区が6から7kg/日・頭と、いずれも出荷まで安定した摂取状況であったのに対し、70%区は28ヶ月齢以降に摂取量の落ち込みが見られました。

図1 乾物摂取量
図1 乾物摂取量

 70%区は16ヶ月齢以降の原物での合計摂取量は最も多かったのですが、飼料の水分割合が他区より高かったため、乾物の合計摂取量は最も少ない結果となりました。
 次に体重推移ですが、各試験区の平均体重を図2に示しました。試験区間を比較すると、試験期間を通して50%発酵区が最も大きく、次いで50%区、70%区の順となりました。この結果は飼料の摂取状況を反映しており、出荷時体重は50%発酵区が785kg、50%区が721kg、70%区が671kgでした。

図2 体重推移
図2 体重推移

 本試験では、健康状態の指標として血液及びルーメン内容液の性状を3ヶ月毎に調査しています。このうち血中ビタミンAを図3に、ルーメン内容液pHを図4に示しました。
図3 血中ビタミンA
図3 血中ビタミンA

図4 ルーメン内容液pH
図4 ルーメン内容液ペーハー(単位pH)

 まず血中ビタミンAについてですが、3区ともほぼ同様の推移を示しました。本試験では25ヶ月齢以降、ビタミンA欠乏の予防のため、すべての供試牛に対して1日1頭あたり1万IUのビタミンAを飼料に添加しており、いずれの供試牛も出荷まで問題は見られませんでした。
 次にルーメン内容液pHですが、試験期間を通して3区ともおおむね6.5から7.0の正常値の範囲で推移しており、特に問題は見られませんでした。なお、18ヶ月齢時の一時的なpH低下は、飼料の切り替えによるものと思われます。
 最後に出荷時の枝肉成績について表4に示しました。

表4 枝肉成績

 枝肉格付は70%区がいずれもA4、50%区及び50%発酵区がいずれもA5となりました。枝肉重量は出荷時体重と同様、50%発酵区、50%区、70%区の順となりました。その他の項目や枝肉価格等、食肉市場における枝肉の評価については50%区及び50%発酵区がほぼ同等の評価となりました。
 妊娠中の胎児は子宮内で無菌状態で発育しますが、産道を通過する際に細菌に感染し、これが腸内細菌の棲み着く契機になります。そのため、今回の試験牛も生後まもなく腸内に多数の細菌が棲息していました。その後、シンバイオティクスを給与した子牛は、ふん中の乳酸菌数が無添加に比べて高く推移しています。また、ふん中の大腸菌数はシンバイオティクスを給与した子牛で減少する傾向が確認されました。このことから、シンバイオティクスの給与により子牛の腸内では有益菌である乳酸菌が増殖し、有害菌である大腸菌の増殖が抑えられたと考えられます。

5 まとめ
 今回は、給与試験が終了した50%区3頭、50%発酵区及び70%区各2頭の合計7頭の供試牛の試験成績について検討しました。 その結果、肥育牛に対するトウフ粕の配合割合が、50%の場合には生、乳酸発酵いずれも好成績が得られました。一方、配合割合が70%の場合には枝肉重量不足の傾向が見られました。 また、いずれの供試牛も健康状態に関して特に問題は見られていません。

6 おわりに
 今後は、すべての供試牛の肥育試験が終了する本年の10月以降、脂肪酸組成等の肉質分析や飼料代等の経済性を含めた検討を行う予定で、来年度に最終的な試験結果をお伝えいたします。

(畜産工学部 水宅清二)

神奈川県

このページの所管所属は 畜産技術センター です。