研究情報 2009年12月

掲載日:2016年4月1日

平成20年え付け採卵鶏の経済検定成績より

 現在、国内には多くの種類の採卵鶏の銘柄が流通しており、この中から自分の経営に合った銘柄を選定するのは難しいことと思われます。そこで、本県で普及している採卵鶏の銘柄について、それらの特質と能力を明確にし、養鶏農家のみなさんの銘柄選定の一助とするため、経済検定を毎年実施しています。
 この度、平成20年2月にえ付けした採卵鶏の成績がまとまりましたので、お知らせします。
 飼養期間は平成20年2月から平成21年9月までの80週間です。
 供試鶏は白玉鶏のジュリア、ジュリアライト(ライト)、B400、マリア、ピンク玉鶏のソニア及び赤玉鶏のボリスブラウン(ボリス)の6銘柄です。
 飼養方法は、表1のとおり、養鶏農家で一般に実施されている方法を用いました。
 各銘柄の検定成績は、表2及び図1から5のとおりで、その概要は次のとおりでした。

              表1 飼養方法
表1 飼養方法

表2 平成20年え付け採卵鶏の経済検定の成績(0から80週齢)
表2 平成20年え付け採卵鶏の経済検定の成績

図1 産卵率の推移
図1 産卵率の推移
図2 平均卵重の推移
図2 平均卵重の推移
図3 ハウユニットの推移
図3 ハウユニットの推移
図4 卵殻強度の推移
図4 卵殻強度の推移
図5 パック卵比率の推移
図5 パック卵比率の推移

1 育成期
 育成率は、ジュリア、マリア、ソニアで100%、ライト、B400、ボリスは97%前後でやや低く統計的に有意な差がありました(5%の統計的有意差あり、以下P<0.05という)。20週齢体重は有色卵鶏のボリス、ソニアが重く、白玉鶏のジュリア、ライト、B400、マリアが軽い傾向でした(P<0.05)。0から19週齢の飼料摂取量は体重が重かったボリス、ソニアで多く、飼料摂取量の少なかったマリア、B400と有意な差がありました(P<0.05)。 

2 成鶏期(生産性)
 50%産卵到達日齢は、ボリス140日齢で最も早く、最も遅かったB400との差は6日でした(P<0.05)。  産卵率は、全銘柄が80%以上と良好でしたが、特にジュリア、ライト、B400が89.6%から87.2%でマリア82.7七%、ボリス82.2%に比べ有意に優れていました(P<0.05)。産卵率の推移では、ジュリア、ライトが産卵全期間にわたり高値で推移し、B400は40週齢以降ジュリア、ライトと同様に推移しました。一方マリア、ボリスは44週齢以降、急激に低下し76から80週齢までの平均では70%前後と他銘柄の80から87.6%より10%以上の差になりました(図1)。
 平均卵重はボリスが64.1gで最も重く、ジュリア、ライト、マリア、ソニアの4銘柄と統計的に差がありました(P<0.05)。平均卵重の推移では36週齢以降ボリスが最も重く、逆にライトは40週齢以降最も軽く推移しました(図2)。
 日産卵量は産卵率が良好で卵重が中程度だったジュリアが55.9gで最も良く、低かったボリス、マリアと統計的に差がありました(P<0.05)。  飼料摂取量はB400が105.9gで最も少なく、最も多かったジュリア111.0gと統計的な差がありました(P<0.05)。 
 飼料要求率は、飼料摂取量が少なく、産卵率が良好だったB400が最も良く、産卵率が優れていたジュリアと続き、いずれも2.00以下の好成績で、マリア2.12と統計的に有意な差が認められました(P<0.05)。
 生存率は各銘柄内のバラツキが大きかったため銘柄間での有意な差は認められませんでした。  

3 成鶏期(卵質)   卵質検査は34、42、52、65、78週齢で計5回実施し、その平均で示しました。
 ハウユニットは、全銘柄とも84以上と良好でしたが、特にB400が89.7でマリアを除く4銘柄と有意な差がありました(P<0.05)。図3に示したハウユニットの推移でも、B400が34から78週齢まで最も高く推移し、42、65、78週齢時にボリスと統計的に差がありました(P<0.05)。
 卵殻強度は、ジュリア4.38kg/cm2で最も高く、B400、マリア、ソニアより統計的に有意に優れていました(P<0.05)。図4に示した卵殻強度の推移でも、産卵全期間にわたって、ジュリアの卵殻強度が優れていました。
 卵黄重比はボリスが24.7%で最も少なく、他の5銘柄25.8から27.4%に対して有意な差がありました(P<0.05)。
 血斑出現率は、ボリス5%、ライト4%でやや高い傾向がありましたが統計的な差は認められませんでした。
 肉斑出現率は、ソニアが12%と高く、ジュリア、ライト、B400と統計的に有意な差が認められました(P<0.05)。

4 成鶏期(規格卵比率)

 規格卵比率では、平均卵重の重かったボリスのLL級比率が18.6%と他の銘柄11.7から5.4%に比べて特に高く、逆にM級比率ではボリスは21.1%で他の銘柄29.2から36.2%と比べて低く、いずれも統計的に有意な差がありました(P<0.05)。また、MS級比率はライト、S級比率はマリアがそれぞれ他の4銘柄に比べて高く、統計的に有意に差がありました(P<0.05)。
 パック卵比率は、ボリスが71.9%で他の5銘柄と比べて生産割合が最も低く、統計的に有意な差がありました(P<0.05)。図5のパック卵比率の推移では32から35週齢で各銘柄ともパック卵の生産割合が最も高く、以降は加齢に伴い低下しますが、特にボリスは他銘柄に比べて急激に低下し、試験期間終了まで最低位で推移しました。逆にライトは下落率が低く、試験期間終了まで高値で推移しました。

5 収益性
 収益性は生産卵量×卵価―(ヒナ代+育成飼料費+成鶏飼料摂取量×飼料価格)の式とし、4週毎の生産卵量と新聞相場の全農の規格卵価及び東京鶏卵事業協同組合の非規格卵価の4週毎平均卵価を用いて計算しました。試験全期間中の飼料単価は51.6円/kg、卵価は非規格卵価162円、規格卵価M級182円でした。この結果、ジュリア、ライト、B400が1羽当たりの年間収益が規格卵で1,000円以上と高く、ソニア、ボリス、マリアがやや低く、非規格卵価でも同様な傾向でした。
 なお、平成21年2月え付け鶏の経済検定を、白玉鶏のジュリア、ジュリアライト、B400、マリア、ピンク玉鶏のソニア及び赤玉鶏のボリスブラウンの6銘柄について、現在実施しており、成績がまとまり次第、ご報告させていただく予定です。

(企画経営部 引地宏二)

神奈川県

このページの所管所属は 畜産技術センター です。