研究情報 2012年12月

掲載日:2016年4月1日

平成23年え付け採卵鶏の経済検定成績より

はじめに

 現在、国内には多くの採卵鶏銘柄が流通しており、この中から自分の経営に合った銘柄を選定するのは難しいことと思われます。
 そこで、本県で普及している採卵鶏の銘柄及び今後普及が期待される銘柄について、それらの特質と能力を明確にし、銘柄選定の一助とするため経済検定を実施しています。
 この度、平成23年2月にえ付けした採卵鶏の成績がまとまりましたので、お知らせします。
 飼養期間は平成23年2月から平成24年8月までの80週間です。
 供試鶏は、白玉鶏のジュリア、ジュリアライト(ライト)、ジュピター、ノボホワイト(ノボW)、赤玉鶏のシェーバーブラウン(シェーバーB)、ノボブラウン(ノボB)の6銘柄で  各100羽で実施しました。
 飼養方法は、表1のとおり各ステージの市販飼料を不断給餌し、18週齢以降はウィンドウレス鶏舎内で3段ケージ2羽で飼養しました。

表1

育成期

 育成期の成績を表2に示しました。
 育成率は、98.0%から93.1%で銘柄間に危険率5%未満の統計的に有意な差(以降、P<0.05と表します)はありませんでした。
 0から19週齢の飼料総摂取量は、シェーバーBが9,050gでジュリア、ライト、ジュピター、ノボWの7,715gから8,245gと比べて、有意に多く飼料を摂取していました(P<0.05)。
 20週齢体重は、飼料総摂取量の多かったシェーバーBが1,878g、ノボBが1,809gで白玉鶏4銘柄の1,500g台に対して有意な差がありました(P<0.05)。

表2

生産性成績

 20から80週齢の生産性を表3に示しました。
 50%産卵到達日齢は、シェーバーBが138.5日で白玉鶏に対して有意に早く産卵を開始しました(P<0.05)。
 産卵率は、ジュピターが91.4%でノボBに対して有意に優れていました(P<0.05)。産卵率の推移でもジュピターがほぼ全期間で高値に推移しました。またジュリアは72週齢以降の落ち込みが少ない傾向でした(図1)。
 平均卵重は、ジュリアがライト、シェーバーBに対して有意に重く(P<0.05)、卵重の推移は、ジュリアが52週齢以降、高値で推移しました。またライト、シェーバーBが全期間で低値に推移しました(図2)。
 日産卵量は、産卵率に優れ平均卵重がやや重かったジュリア、ジュピターがノボBに対して有意に優れていました(P<0.05)。
 飼料摂取量は、ノボWが108.0gで最も少なく、ジュリア、ジュピター、シェーバーBに対して有意な差がありました(P<0.05)。
 飼料要求率は、白玉鶏2.02から2.04、赤玉鶏2.15から2.17と赤玉鶏で多い傾向でしたが銘柄間に有意差はありませんでした。
 生存率は、87.5から92.7%で銘柄間に有意差はありませんでした。

表3

図1図2

卵質成績

 卵質検査は、34、50、64、78週齢で計4回実施し、表4に示しました。
 ハウユニットは、ノボWが89.8で他の5銘柄に対して有意に優れていました(P<0.05)。ハウユニットの推移でも、ノボWが各調査週齢とも最高値で推移しました(図3)。
 卵殻強度は、3.85から4.12kg/cm2で銘柄間に有意差はありませんでした。
 卵黄重比は、ライトが27.1%で最も多く、ノボW、シェーバーB、ノボBに対して有意な差がありました(P<0.05)。
 血斑出現率は、シェーバーBが5%で最も多く、ジュリア、ライト、ノボWでは確認できませんでした。各銘柄間の出現率に有意差はありませんでした。
 肉斑出現率は、シェーバーB 13.8%、ノボB 7.5%と赤玉鶏で多く、シェーバーBは、白玉鶏4銘柄に対して有意な差がありました(P<0.05)。

表4 卵室成績
図3 

規格卵比率

 20から80週齢の規格卵比率を表5に示しました。
 LL級では、ジュリアが17.6%で最も多く、シェーバーBに対して有意に多く(P<0.05)、L、M、MS級では銘柄間に有意な生産比率の差はなく、LからMS級のパック卵比率も同様でした。またS級では、シェーバーBが最も多く、ジュリア、ノボBに対して有意な差がありました(P<0.05)。

表5

収益性

 収益性は、生産卵量×卵価―(ヒナ代+育成費+成鶏飼料摂取量×飼料価格)の式より、 4週毎の生産卵量と全農の規格卵価及び東京鶏卵事業協同組合の非規格卵価の4週毎平均卵価を用いて検定期間60週間で積算し、これを年換算(52.2週)して算出しました  (表6)。試験全期間中の飼料単価は47.8円/kg、卵価は非規格卵価151円/kg、規格卵価M級177円/kgでした。
 規格卵価の収益は、ジュピターが1,082円で最も優れ、赤玉鶏のシェーバーB、ノボBに対して有意な差がありました(P<0.05)。非規格卵価の収益性でもジュピターが723円で赤玉鶏より有意に高い収益性がありました(P<0.05)。

表6

(企画研究課 引地 宏二)

神奈川県

このページの所管所属は 畜産技術センター です。