環境Q&A そら・大気汚染(空気の汚れ)

掲載日:2014年2月26日

環境Q&A そら・大気汚染(空気の汚れ)

大気

Q1:大気とは、空気とはなんですか?

Q2:空気と私達の暮らしはどのように関係していますか?

Q3:大気と地球環境問題の関係はどのようになっていますか? 

大気汚染

Q4:大気汚染はどうしておこるのですか?

Q5:空気の汚れは人間にとってどのような影響がありますか?

Q6:大気汚染物質とはどんなものがありますか?

Q7:酸性雨はどのようにしておこりますか?

Q8:酸性雨はどのような影響がありますか?

Q9:オゾン層の破壊はどうしておこりますか?

Q10:オゾン層が破壊されるとどんな心配がありますか?

Q11:光化学スモッグはどのようにしておこりますか?

Q12:光化学スモッグ注意報の発令状況はどうやって分かりますか?

Q13:光化学スモッグ注意報が出たら、どうしたらよいですか?

Q14:神奈川県の大気汚染の状況はどうなっていますか? 

大気汚染の防止

Q15:大気汚染を防止する技術にはどんなものがありますか?

Q16:大気汚染の環境基準とはどんなものですか?

Q17:大気汚染を防止する法律はどんなものがありますか?

Q18:大気を守るために私達は何が出来ますか? 

大気汚染と車

Q19:車に乗るとどうして、大気汚染の原因になるのですか?

Q20:大気汚染を防ぐには、どのようなことに気をつけて車を運転したらよいですか?

Q21:アイドリングストップとはどのような運転をすることですか?

Q22:低公害自動車とは、どのような自動車ですか。購入時には補助金の制度がありますか?

Q23:車を買い替えるとき、どのような点に注意したらよいですか?

Q24:自動車に頼らず公共交通機関を使うとどのような良いところがありますか?

環境Q&A そら・大気汚染(空気の汚れ) 答え

大気

 Q1:大気とは、空気とはなんですか?

 大気とは、地球の周囲を取り巻く気体の層のことを言います。空気とは、地球の地表付近の大気を言い、上空48km位までの成層圏を言います。 

Q2:空気と私達の暮らしはどのように関係していますか?

 空気は、私達人間の暮らしにも不可欠です。

 暮らしていくためのエネルギーを見てみると、電気は発電所で作られます。現在、日本の発電の多くが天然ガスや石油、石炭などの化石燃料に頼っています。これらの化石燃料を燃やして発電します。燃やすには空気が必要です。料理に使うガスを燃やす時には、空気が必要です。エネルギーを作るにも使うにも、空気は無くてはならないものです。

 大気の対流圏の中を空気が動いています。大気は自分の国だけでなく、他の国まで繋がっています。自国の空気の汚れは、他の国まで移動するため、自分達だけの問題として考えてはいけません。 

Q3:大気と地球環境問題の関係はどのようになっていますか?

 代表的な地球環境問題に、地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨、熱帯林減少、砂漠化、開発途上国の公害問題、野生生物種の減少があります。

1.地球温暖化

 大気中の二酸化炭素濃度が高くなり、温暖化が進んでいると言われています。

2.オゾン層破壊

 大気中のフロンなどの塩素ガスが増えた結果、引き起こされました。

3.酸性雨

 大気中の硫黄酸化物や窒素酸化物が原因となっています。

4.熱帯雨林の減少

 木材の需要増大による伐採や、大豆やトウモロコシ畑を増やすために伐採する、焼くなどが原因です。熱帯雨林が減少することにより二酸化炭素の吸収量が減り、地球温暖化を促進しているので、大気との関係が深い問題です。

5.砂漠化

 地球温暖化による気候のバランスが崩れ、集中豪雨の発生と他方で雨が降らず砂漠化が進んでいることが原因のひとつです。大気中の水蒸気のバランスが崩れた結果です。

6.開発途上国の公害問題

 わが国で1960年代に問題となった大気汚染が開発途上国で進んでいます。

7.野生生物種の減少

 酸性雨、砂漠化、森林破壊が原因と言われています。

 このように地球環境問題は、いろいろな側面で大気と深い関係があることが分かります。

大気汚染

 Q4:大気汚染はどうしておこるのですか?

 大気汚染とは、私たちが生活で使用している自動車や工場や焼却場などの煙に含まれる汚染物質により空気が汚れることを言い、火山噴火などの自然災害や黄砂などによっても空気は汚れます。

 汚染物質としては、自動車などの排出ガスに含まれる窒素酸化物や浮遊粒子状物質、工場などの排煙に含まれる硫黄酸化物や揮発性有機化合物、廃棄物の焼却排ガスを由来とするダイオキシン類や煤、建築物の解体などからのアスベスト、砂漠などからの黄砂の粉塵など、多岐にわたります。

 汚染物質により、目や呼吸器など人の健康に悪影響を及ぼすだけでなく、生活環境や動植物にも悪影響が生じます。

 わが国では、硫黄酸化物や一酸化炭素を中心とする産業公害型の大気汚染対策は、着実な進展を遂げましたが、1970年代後半からは自動車による大都市地域を中心とした都市・生活型の大気汚染、例えば窒素酸化物や光化学オキシダントなどが問題になっています。

 世界では、アジア地域など急速な工業化を遂げつつある諸国を中心に、交通需要の増大も相まって、大気汚染が深刻さを増しています。

 【参考HP】(独)環境再生保全機構 大気汚染の現状と対策

Q5:空気の汚れは人間にとってどのような影響がありますか?

 私たち人間は、汚染された空気や花粉などを吸い込み、汚染物質が気管支や肺に入ると、気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、肺機能低下などの発生が心配されます。

 日本では1960年代に大気汚染による喘息患者が工場地帯を中心に増加し、1970年代は光化学スモッグによる被害が出ました。

 現在、都道府県などが測定している全国の大気環境データや光化学オキシダント注意報などの発令情報をリアルタイムで収集し、被害を未然に防止するため、大気汚染物質広域監視システムにより、データをインターネットなどで公開しています。

 【参考HP】環境省 大気汚染物質広域監視システム(愛称:そらまめくん)

 【参考HP】環境省 花粉観測システム(愛称:はなこさん)

 【参考HP】環境省 揮発性有機化合物(VOC)対策

Q6:大気汚染物質とはどんなものがありますか?

 法律により環境基準が定められている大気汚染物質には、二酸化硫黄(SO2)、一酸化炭素(CO)、浮遊粒子状物質(SPM)、二酸化窒素(NO2)、光化学オキシダント(Ox)、ベンゼン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、ダイオキシン類、微小粒子状物質があります。

 なお、二酸化炭素は大気汚染物質ではありませんが、人の暮らしや経済活動からの排出が顕著に増大し、自然界の「排出-吸収」のバランスが崩れ、大気中の濃度が高くなっています。このことにより地球温暖化が進み、生態系や生活環境、気候変動など地球環境に大きな影響が出ていると言われています。

Q7:酸性雨はどのようにしておこりますか?

 自動車、工場、発電所、ビルのボイラーなどで石油や石炭を燃やすとき、硫黄酸化物や窒素酸化物などの汚染ガスが大気に放出されます。これらは大気中で硫酸や硝酸に化学変化し、雨、雪、霧などに取り込まれ酸性雨(酸性雪、酸性霧を含む)となります。

 中性はpH7.0ですが、大気中の二酸化炭素が炭酸イオンとして雨水に飽和状態になった時に、pH5.6を示すため、pH5.6より小さいものが酸性雨と呼ばれています。

 酸性雨は、その原因となる汚染物質の排出国だけの問題ではなく、国境を越えて広域的に影響を及ぼす地球規模の環境問題です。

 環境省では「越境大気汚染・酸性雨長期モニタリング計画」に基づき、日本各地で観測された酸性雨のデータを公表しています。

 【参考HP】環境省 平成23年度酸性雨調査結果について 

 【参考HP】(一財)環境情報センター EICネット 酸性雨

  東アジア地域では、近年の経済成長等に伴い酸性雨原因物質の排出量が増加しており、近い将来、酸性雨による影響の深刻化が懸念されております。このため、日本のイニシアチブにより、平成13年から「東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)」が本格稼働しており、現在東アジア地域の13カ国が参加しています。

 【参考HP】環境省 平成25年版 環境白書 EANET地域の降水中pH

 【参考HP】東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)

 Q8:酸性雨はどのような影響がありますか?

 酸性雨の影響としては、森林の立ち枯れ、長期間の間に湖や沼、土壌の酸性度が上昇することによる生態系への悪影響が考えられます。あるいは大理石を溶かす、銅を変色させるなどで建造物や文化財への影響も懸念されます。

 【参考HP】(一財)日本環境衛生センター アジア大気汚染研究センター 酸性雨について

 【参考HP】(独)科学技術振興機構 理科ネットワーク 酸性雨の影響

Q9:オゾン層の破壊はどうしておこりますか?

 大気中のオゾンは、地上から約100kmの成層圏と呼ばれる領域にあります。この領域がオゾン層と呼ばれています。

 地球を取り巻くオゾン層は、太陽光に含まれる紫外線を吸収することにより、私達生き物を守っています。

 このオゾン層が、冷蔵庫やカーエアコン、ルームエアコンの冷媒やスプレーなどに使われてきたCFC(クロロフルオロカーボン類:いわゆるフロンの一種)等の化学物質により破壊されます。

 フロンは極めて安定した物質であるので上空高くに上昇して、紫外線によって分解され塩素(Cl)を発生します。発生した塩素がオゾンを連鎖的に破壊します。

 【参考HP】(独)国立環境研究所 オゾン層の破壊

Q10:オゾン層が破壊されるとどんな心配がありますか?

 オゾン層が破壊されると太陽光からの紫外線がオゾン層で吸収されず、地上に降り注ぎます。

 有害紫外線が増加すると、皮膚がん、白内障などの発生率が上昇する可能性があるほか、人間以外の動物、植物にも影響が出て、生態系にも重大な影響をもたらす恐れがあります。

 【参考HP】(独)国立環境研究所 オゾン層の破壊

 【参考HP】環境省 オゾン層保護・地球温暖化防止とフロン対策

Q11:光化学スモッグはどのようにしておこりますか?

 自動車の排ガスには、窒素酸化物や微粒子、炭化水素ガスが含まれています。工場からも同様に、窒素酸化物や微粒子などが排出されます。春から夏にかけて、日ざしが強く、気温が高い日には、これらの物質が太陽の紫外線を受ける事により、光化学オキシダントという物質に変化し、この濃度が高くなると白いモヤがかかったようになります。この現象を光化学スモッグといいます。

 光化学スモッグが発生すると街全体がうっすらと霞んでしまい、外にいると目が痛くなったり、咳や涙が止まらなくなったりすることがあります。また、皮膚が赤くなることもあります。

 葉っぱの一部が枯れてしまったり、生長が遅れたり、大きく育たないなど、植物にも被害が出ます。

 日本では1970年代に光化学スモッグが多く発生しましたが、その後減少しました。しかし、最近ではヒートアイランド現象などの影響で、気温が高い日が増えたこともあり、再び多く発生しています。

 東アジア地域での経済活動が活発化に伴い、光化学オキシダント原因物質の排出量が増加しており、日本の大気環境への影響が懸念されています。

Q12:光化学スモッグ注意報の発令状況はどうやって分かりますか?

 光化学スモッグは、風が弱く日ざしの強い日に発生しやすくなります。神奈川県では、テレホンサービスなどにより4月から10月までの毎日、光化学大気汚染情報を午前10時と午後5時に提供しています。

 情報は、テレホンサービスやインターネットあるいは携帯電話から知ることが出来ます。

 テレホンサービス:0463-24-3322

 インターネット(携帯電話):神奈川県環境科学センター 携帯情報サイト

 インターネット(パソコン):神奈川県環境科学センター 光化学注意報発令状況メインメニュー

  特に光化学オキシダント濃度が一時的に高くなる場合には、光化学スモッグ注意報等の情報を、発令時から解除になるまで逐次提供しています。

 この情報は予報、注意報、警報、重大緊急時警報の4段階に分かれています。

<発令基準>

 ・予 報:注意報の発令基準の程度に汚染する恐れがあると予測した時

 ・注意報:光化学オキシダント濃度が1時間値0.12ppm以上である大気の汚染の状態になった時

 ・警 報:同濃度が1時間値0.24ppm以上である大気の汚染の状態になった時

 ・重大緊急時警報:同濃度が1時間値0.4ppm以上である大気の汚染の状態になった時

Q13:光化学スモッグ注意報が出たら、どうしたらよいですか?

 光化学スモッグの被害は、目(目がチカチカする、目が痛い、涙が出る)、呼吸器(のどが痛い、咳が出る、息苦しい)、頭痛、吐き気がするなどの症状が出ます。

 特に被害を受けやすいのは、眼疾患、呼吸器系疾患、甲状腺機能亢進症及びアレルギー体質等の子供です。

 被害届の9割以上が小・中学生の子供です。

 <光化学スモッグ予報の発令があった場合>

 1.病弱なこども及び身体の調子が悪いこどもは屋内で休ませましょう

 2.水泳やランニングなど屋外での激しい運動は中止しましょう

 3.風向きを考えて、窓を閉めましょう

 4.注意報や警報の発令がないか、インターネット等を利用して確認しましょう

 <光化学スモッグ注意報・警報の発令があった場合>

 ・屋外での激しい運動はやめて、すみやかに屋内活動に切り替えましょう

 なお、光化学スモッグは、ふつうのマスクでは防ぐことができないので、室内に入って外の空気を吸わないようにすることが大切です。また、光化学スモッグが発生するのは暑い日が多いので、室内での熱中症にも注意しましょう。

 【参考HP】神奈川県環境科学センター 光化学注意報発令状況メインメニュー

Q14:神奈川県の大気汚染の状況はどうなっていますか?

 神奈川県では、横浜市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市及び相模原市とともに、県内各地の測定局で大気の常時監視測定をしています。

 測定項目は、環境基準設定項目の二酸化硫黄、二酸化窒素、一酸化炭素、光化学オキシダント、浮遊粒子状物質及び微小粒子状物質の6種類とその他の測定項目として、一酸化窒素、メタン、非メタン炭化水素です。なお、風速や気温などの気象項目も測定しています。

 測定する場所は、住居地域や商業地域などの一般環境大気と自動車排出ガスの影響が強い主要な道路沿いに測定局を置いています。一般環境大気と自動車排出ガスの測定局が設置されていない地域では、移動測定局による測定を行っています。

 県内の大気汚染の現状は、工場から排出される大気汚染物質については、大気汚染防止法、神奈川県生活環境の保全等に関する条例などによる排出の濃度規制や総量規制により、二酸化硫黄及び浮遊粒子状物質は環境基準を達成し、二酸化窒素についても改善の傾向が見られます。しかしながら、光化学オキシダント及び微小粒子状物質は依然として厳しい状況です。

 自動車から排出される大気汚染物質については、昭和40年以降の急速な都市化、自動車交通量の増大等により、大きな社会問題になりましたが、ディーゼル自動車から排出される粒子状物質については、ディーゼル車運行規制の取組みなどにより、平成16年度以降、浮遊粒子状物質は大幅に改善し、平成23年度には、環境基準の達成局率は100%となっています。

 【参考HP】神奈川県環境科学センター 大気汚染常時監視測定結果

大気汚染の防止

Q15:大気汚染を防止する技術にはどんなものがありますか?

 大気汚染を防止するためには、排出するガスを浄化することと大気に出てしまった汚染ガスを浄化することが考えられますが、大気中の希釈された汚染ガスを浄化するのは簡単ではなく、効率的ではありません。従って、工場等の煙突から出る段階、あるいは自動車の排ガスとして出る段階で汚染ガスを浄化する方法が効果的で効率的です。

 1960年代の公害時代に工場から出る排出ガス中の硫黄酸化物、窒素酸化物や粒子状物質を除去する技術、装置開発が盛んにおこなわれました。水溶液などに溶かして取る脱硫装置、触媒を使って分解して無害な物質とする脱硝装置などが現在でも稼働しています。

 粒子状物質は、ろ布でろ過するバグフィルター装置や遠心分離を利用したサイクロン方式で取る装置、シャワリングで水と一緒に落とす装置があります。

 自動車の排出ガスについては規制があり、どの車も排出ガスを少なくすることや汚染ガスを少なくするよう、エンジン燃焼の工夫と触媒等で汚染ガス除去を行っています。触媒としてプラチナやパラジウムなどのレアメタルなどを使用しているため、将来的に供給の問題があります。

Q16:大気汚染の環境基準とはどんなものですか?

 大気環境の保全のために、大気汚染に係る環境基準が定められています。

 環境基準が定められている物質は、二酸化硫黄(SO2)、一酸化炭素(CO)、浮粒子状物質(SPM)、二酸化窒素(NO2)、光化学オキシダント(Ox)、微小粒子状物質(PM2.5)及び有害大気汚染物質としてのベンゼン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロエチレン、並びにダイオキシン類です。なお、光化学オキシダントの生成防止のために、非メタン炭化水素濃度は指針が定められています。

 これらの物質については、環境上の条件と測定方法が定められています。

 【参考HP】環境省 大気汚染に係る環境基準

 Q17:大気汚染を防止する法律はどんなものがありますか?

 1.大気汚染防止法

 2.自動車から排出される窒素酸化物及び粒子状物質の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法

 3.特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律

Q18:大気を守るために私達は何が出来ますか?

 毎日の生活で電気やガソリンなどのエネルギーを無駄に使わないことが、二酸化炭素や有害物質を増加させないことにつながります。また、ごみを出すとき「二酸化炭素や有害物質を出すごみ」を出来るだけ減らすことも大切です。

大気汚染と車

 Q19:車に乗るとどうして、大気汚染の原因になるのですか?

 走行時に出る排気ガスの二酸化窒素(NO2)、浮遊粒子状物質(SPM)、一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)などが大気汚染の原因です。

 わが国では、昭和41年から自動車の排出ガス規制を開始し、年々強化しています。

 【参考HP】国土交通省 自動車の排出ガス規制

 【参考HP】(一社)日本自動車工業会(JAMA) 排出ガス 

Q20:大気汚染を防ぐには、どのようなことに気をつけて車を運転したらよいですか?

 環境にやさしい車の運転方法として、「エコドライブ10」をお勧めします。

 1.ふんわりアクセル「eスタート」

  発進するときは、穏やかにアクセルを踏んで発進しましょう(最初の5秒で、時速20kmが目安です)。

 2.車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転

  走行中は、一定の速度で走ることを心がけましょう。

 3.減速時は早めにアクセルを離そう

  信号が変わるなど停止することがわかったら、早めにアクセルから足を離しましょう。

 4.エアコンの使用は適切に

  車のエアコンは車内を冷却・除湿する機能です。暖房のみ必要なときは、エアコンスイッチをOFFにしましょう。また、冷房が必要なときは、車内を冷やしすぎないようにしましょう。

 5.ムダなアイドリングはやめよう

  待ち合わせや荷物の積み下ろしなどによる駐停車の際は、アイドリングはやめましょう。

 6.渋滞を避け、余裕をもって出発しよう

  出かける前に、渋滞・交通規制などの道路交通情報や、地図・カーナビなどを活用して、行き先やルートをあらかじめ確認し、時間に余裕をもって出発しましょう。

 7.タイヤの空気圧から始める点検・整備

  タイヤの空気圧チェックを習慣づけましょう。

 8.不要な荷物はおろそう

  運ぶ必要のない荷物は車からおろしましょう。

 9.走行の妨げとなる駐車はやめよう

  迷惑駐車はやめましょう。

 10.自分の燃費を把握しよう

  自分の車の燃費を把握することを習慣にしましょう。

 【参考HP】エコドライブ普及推進協議会 エコドライブ10のすすめ

Q21:アイドリングストップとはどのような運転をすることですか?

 アイドリングストップとは、自動車が停車している時にエンジンを止めて、無駄に燃料を使わないことです。交差点での信号待ちや荷物の積み下ろし、スーパーや駅で人を待っている時などに心がけましょう。

 アイドリングストップをすることにより、燃料消費を削減できるだけでなく、二酸化炭素の排出の削減もでき、地球温暖化防止の効果もあります。1日10分間アイドリングストップをした場合、年間では47リットルの燃料節約と、110kgのCO2の削減効果があります。

 【参考HP】神奈川県 アイドリングストップ

Q22:低公害自動車とは、どのような自動車ですか。購入時には補助金の制度がありますか?

 低公害自動車とは、窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)などの大気汚染物質の排出が少ない、または全く排出しない、燃費性能が優れているなどの環境にやさしい自動車のことを言います。通称エコカーと言います。

 購入時の補助金等の制度については、国や各市町で制度を設けています。

 【参考HP】環境省 低公害車普及のための各種支援措置について 

 <低公害自動車>

 1.燃料電池自動車

  水素と酸素の化学反応により発生する電気でモーターを回転させて走る自動車です。

 2.電気自動車

  バッテリー(蓄電池)に蓄えた電気でモーターを回転させて走る自動車です。

 3.天然ガス自動車

  家庭に供給されている都市ガスの原料でもある天然ガスを燃料とした内燃機関(エンジン)で走る自動車です。

 4.ハイブリッド自動車 5.プラグインハイブリッド自動車

  複数の動力源(エンジンとモーター等)を組み合わせ、それぞれの利点を活かして駆動することにより、低燃費と低排出を実現する自動車です。

 6.低燃費かつ低排出ガス認定車

  ガソリン車の排気ガス中の窒素酸化物(NOx)や炭化水素(HC)などを削減し、一定の排出基準と燃費基準をクリアした自動車のことです。

  低燃費車とは、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に基づき定められている燃費基準(トップランナー基準と言われている)を達成している自動車のことです。低排出ガス車とは、国土交通省の「低排出ガス車認定実施要領」に基づき低排出ガス認定車として認定された自動車のことです。

 7.水素自動車

  ガソリンのかわりに水素を内燃機関用燃料として駆動させる自動車です。

 8.クリーンディーゼル自動車

  世界的にも非常に厳しい排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」に適応する、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)の排出量が少ないディーゼル自動車です。排出ガス浄化システムによって、騒音が大きく黒煙を上げて走行するような従来のディーゼル自動車に比べ圧倒的に環境に優しい自動車となっています。

 9.九都県市指定低公害車

  九都県市低公害車指定指針に基づき、一定割合以上、排出ガスを低減させた自動車として指定された自動車です。

 【参考HP】環境省 低公害車ガイドブック2012

 【参考HP】(独)環境再生保全機構 低公害車などの紹介と特徴について

Q23:車を買い替えるとき、どのような点に注意したらよいですか?

 車を買い替えるとき、色やデザイン、車種、大きさで選びますが、更に低燃費、低排気ガスについても選択の目安にすると良いです。

 環境ラベル(ステッカー)を参考にして、低排出ガスで低燃費の車を選ぶことが環境負荷の削減に役立ちます。ハイブリッドカー(電気とガソリンを使い分ける)、アイドリングストップ車、低燃費認定車(燃費基準を達成した車)、低排出ガス認定車(低排出ガスとして認定された車)、エコモード機能(燃料消費の良い走行をすると、ランプ点灯で知らせてくれるなどの機能)付きの車などを検討して選ぶと、地球温暖化防止にも貢献します。

Q24:自動車に頼らず公共交通機関を使うとどのような良いところがありますか?

 私たちが移動するにはバス、タクシー、鉄道など、いろいろな手段がありますが、どれで行くかを選ぶとき時間やお金だけでなく環境のことも考えると良いです。

 交通手段によって、二酸化炭素の排出量が大きく違います。自動車、バス、鉄道の中では、鉄道が一番環境にやさしい乗り物になります。

 公共交通機関を使うことで二酸化炭素の排出が減り、道路の渋滞緩和にも貢献します。

神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 環境部 環境計画課 です。