神奈川DMAT-Lについて

掲載日:2018年3月30日

 

神奈川DMAT-L(Local)とは

 神奈川県内で発生した災害の急性期に活動できる機動性を持ち、局地災害対応に係る専門的な研修、訓練を受けた災害派遣医療チームのことで、被災市町村等からの要請に基づき、災害拠点病院または災害協力病院から派遣されます。神奈川DMAT-Lは原則として、県内の被災地内で、以下の活動を行います。

  • 消防機関等と連携し、トリアージ緊急医療等を行う。(現場活動)
  • 被災地内での患者搬送及び搬送中の治療等を行う。(域内搬送)
  • 災害拠点病院の指揮下に入り、患者の治療等を行う。(病院支援)

神奈川DMAT-L指定病院

県では、27の災害拠点病院及び5つの災害協力病院を「神奈川DMAT-L指定病院」に指定しています。

(平成30年3月31日現在)

神奈川DMAT-L指定病院

病院名所   在   地
昭和大学藤が丘病院横浜市青葉区藤が丘
横浜労災病院横浜市港北区小机町
済生会横浜市東部病院横浜市鶴見区下末吉
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院横浜市旭区矢指町
けいゆう病院横浜市西区みなとみらい
横浜市立市民病院横浜市保土ヶ谷区岡沢町
国立病院機構横浜医療センター横浜市戸塚区原宿
横浜市立大学附属市民総合医療センター横浜市南区浦舟町
済生会横浜市南部病院横浜市港南区港南台
横浜市立大学附属病院横浜市金沢区福浦
横浜南共済病院横浜市金沢区六浦東
横浜市立みなと赤十字病院横浜市中区新山下
聖マリアンナ医科大学病院川崎市宮前区菅生
川崎市立川崎病院川崎市川崎区新川通
関東労災病院川崎市中原区木月住吉町
日本医科大学武蔵小杉病院川崎市中原区小杉町
川崎市立井田病院川崎市中原区井田
横須賀共済病院横須賀市米が浜通
湘南鎌倉総合病院鎌倉市岡本
横須賀市立うわまち病院横須賀市上町
藤沢市民病院藤沢市藤沢
茅ヶ崎市立病院茅ヶ崎市本村
東海大学医学部付属病院伊勢原市下糟屋
平塚市民病院平塚市南原
秦野赤十字病院秦野市立野台
厚木市立病院厚木市水引
海老名総合病院海老名市河原口
東名厚木病院厚木市船子
北里大学病院相模原市南区北里
相模原赤十字病院相模原市緑区中野
県立足柄上病院足柄上郡松田町惣領
小田原市立病院小田原市久野

神奈川DMAT-L運営要綱 [PDFファイル/10KB]

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 健康医療局 保健医療部健康危機管理課 です。