神奈川県の国際観光振興について

掲載日:2012年12月21日

1 国際観光振興および外国人観光客誘致の意義

  少子高齢化が進展し、人口減少社会の到来が現実のものとなるなか、交流人口の増加に資する観光への期待が高まっています。また、国内では人口の減少が進むとともに、国内観光市場も成熟化、伸び悩みが懸念されるなかで、海外からの観光客の誘客に取組む必要があります。
  特に、東アジア、東南アジアにおける所得水準の向上が進展する中、国際観光市場は、中長期的には大きな伸びが期待されています。

  日本政府観光局の統計によれば、平成22年に日本を訪れた外国人訪問者は、約861万人となっており、過去最高を記録しました。平成23年度は東日本大震災等の影響で、訪日客は大きく落ち込みましたが、平成24年度は回復傾向にあります。

2 神奈川県を取り巻く国際観光の現状

  神奈川県内には、横浜・鎌倉・箱根など国際的に知名度の高い観光地が多数存在し、毎年多くの外国人観光客がいらしております。県を取巻く国際観光にかかるデータは次のとおりです。

(1)  訪日外客数の推移

 

  2007年
 (平成19年)

  2008年
 (平成20年)
  2009年
 (平成21年)
  2010年
 (平成22年)
  2011年
 (平成23年)
訪日外国人
旅行者(A)
  835万人   835万人   679万人   861万人   622万人

                                    ※ 「JNTO」資料から神奈川県観光課が作成

(2) 神奈川県への訪問者数の推移(推計値)

   2007年度
 (平成19年度)
  2008年
 (平成20年)
  2009年
 (平成21年)
  2010年
 (平成22年)
神奈川県への
訪問率(B)
  16.3%  16.0%  16.7%  17.8%
神奈川県への
訪問者(A×B)
  136万人  134万人  113万人  153万人

                           ※ 「JNTO」資料から神奈川県観光課が作成

(3) 都道府県別訪問率の推移(順位)

   2007年度  2008年  2009年  2010年
   1位  東 京  東 京  東 京  東 京
  (58.2%)  (58.9%)  (58.8%)  (60.3%)
   2位  大 阪  大 阪  大 阪  大 阪
  (25.8%)  (25%)  (24.4%)  (26.1%)
   3位  京 都  京 都  京 都  京 都
  (21.8%)  (21.4%)  (20.6%)  (24%)
   4位  神奈川  神奈川  神奈川  神奈川
  (16.3%)  (16%)  (16.7%)  (17.8%)
   5位   千 葉  千 葉  千 葉  千 葉
   (11.4%)  (11.8%)  (12.7%)   (15%)

                    ※ 「JNTO」資料から神奈川県観光課が作成

(4) 県内への訪日外国人訪問率・訪問者数(推計)(2010年)

 

  2010年
訪日外客数

   2010年
 神奈川訪問率

  2010年
神奈川訪問者
韓国  244万人  10.8%   26万人 
台湾  127万人  13.0%   17万人 
中国  141万人  36.4%   51万人 
米国   73万人  20.9%   15万人 
香港   51万人   9.2%    5万人 
豪州   23万人  15.7%    4万人 
英国   18万人  16.0%    3万人 
その他  184万人    -  32万人 
合計  861万人  17.8%     153万人 

                 ※ 「JNTO」資料から神奈川県観光課が作成

(5) 本県外国人延宿泊者数(2010年)

   67万人
   ※ 全国第7位 (全国 1842万人)

   ◆ 市場別延べ宿泊者数
                                                                単位:万人

   全方面  韓国  中国  香港  台湾アメリカ   イギリス

 シンガ
 ポール

 タイ
 1位  東京  東京  東京  東京  東京  東京  東京  東京 東京
   565  60   76   32   55  72   17   18  13
 2位  大阪  大阪  大阪 北海道  北海道  千葉  京都  北海道 大阪
   237  41  46   29   43  29    4   11    6
 3位 北海道  福岡  千葉  大阪  大阪  京都  神奈川  大阪 愛知
  158  22  28   22   28      14   3    4    3
 4位 千葉  北海道 北海道  沖縄  京都神奈川  千葉  千葉 千葉
  143  20  20   14   11      14    3    3    3
 5位 京都  大分  愛知  千葉  千葉  大阪  大阪  京都  北海道
  105  18  18    4   11  13    3    2    2
 6位 愛知  熊本 神奈川  京都  沖縄  沖縄    ―   ―   ―
  71  16  11    4   11   9
 7位 神奈川  長崎  静岡  兵庫  愛知  愛知    ―   ―    ― 
  67  10  10    3   10        8
 8位 福岡  神奈川  京都  和歌山  福岡  長崎   ―   ―    ―
   60       5  10    3     9   3
 9位 沖縄  沖縄  山梨  福岡  長崎  兵庫   ―   ―   ― 
   56    5  9    2     6          3
 10位 大分  京都  沖縄  神奈川  長野  北海道   ―   ―   ―
   36    5  7   2     5          2
  計 1842  255  272  130  242  190   36   45   40

                          ※ 「平成23年(2010年)観光庁宿泊旅行統計調査」から神奈川県観光課が作成

3 県の具体的な取組み

 ・富士箱根伊豆国際観光テーマ地区推進協議会 
 ・富士箱根伊豆国際観光テーマ地区神奈川県協議会(神奈川県インバウンド推進協議会) 
 ・羽田空港6県市観光情報センター運営協議会 
 ・外国人観光案内所(旧ビジット・ジャパン案内所)運営 
 ・神奈川口構想ビジット・ジャパン・キャンペーン事業 
 ・かながわ外国人観光客受入環境整備モデル事業
 ・神奈川県外国人観光客実態調査 
 ・外国人観光客誘致のための観光素材調査分析事業 
 ・外国語版ホームページ運営

神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 観光部 観光企画課 です。