横須賀三浦地域の津波浸水予測図

掲載日:2013年5月23日

はじめに

 「津波浸水予測図」は、適切な避難をするのに必要な津波の危険度、避難場所・避難経路及び避難の判断に役立つ情報を住民に提供する「津波ハザードマップ」等を市町が作成する検討資料となっています。
 県では、平成23年3月11日に発生した東日本大震災による甚大な津波被害から、県民の津波に対する不安が大きいことや、内閣府中央防災会議専門調査会が、今後の津波防災対策の基本的な考え方について、住民避難を柱とした総合的防災対策を構築する上で想定する津波は、「発生頻度は極めて低いものの、発生すれば甚大な被害をもたらす最大クラスの津波である」としたことから、現在の津波浸水予測を再検証・見直しをすることとしました。
 この再検証・見直しを行った津波浸水予測図(平成24年3月公表)から、横須賀三浦地域の主な津波浸水予測図をご紹介します。
 なお、このホームページに掲載している「津波浸水予測図」は、「津波防災地域づくりに関する法律(平成23年法律第123号)」に定める「津波災害警戒区域」を指定するものではありません。
※本県では「津波浸水想定検討部会」が技術的見地から現在想定している津波の規模、浸水範囲等について、再検証を行いました。

浸水予測図を見る上での注意点

 この津波浸水予測図は、神奈川県が一定の条件に従って、予測を行った結果に基づき、津波の浸水が予測される区域を示しています。津波による災害の発生や被害の範囲を決定するものではないことにご注意下さい。 (津波浸水区域の範囲外でも、津波の浸水が発生する場合があります。)

 予測図を見る際は以下の点に注意してください。

 1.この浸水予測図は、一つのシナリオを基に津波の浸水予測を行ったものであり、想定より大きな津波が来襲し、

  浸水範囲が大きくなる可能性があります。

2.浸水深は浸水区域内の平均的な値を示したものであり、地面の凸凹や構造物の影響により、

  浸水深がさらに大きくなる可能性があります。また、浸水する深さは、第1波ではなく、

  第2波、第3波が最大となる場所があります。

津波浸水予測図

e-かなマップ

 津波浸水予測図は県ホームページの「e-かなマップ」上でも閲覧できます。e-かなマップでは住所から検索が可能です。
 閲覧にあたりましては、「津波浸水予測図マップご利用上の注意」を必ず確認・同意の上、ご利用ください。

津波浸水予測図(PDF版)

  横須賀三浦地域で津波浸水域が大きくなると想定されている主要な地震の津波浸水予測図です。他の想定地震や他地域の津波浸水予測図を閲覧したい方はこちらへ→ 「津波浸水予測図」について 

慶長型地震

  慶長型地震 神奈川県全県図 [PDFファイル/8.67MB]

明応型地震

  明応型地震 神奈川県全県図 [PDFファイル/8.46MB]

三浦半島断層群-鴨川低地断層帯地震

  三浦半島断層群‐鴨川低地断層帯地震 神奈川県全県図 [PDFファイル/8.03MB]

本文ここで終了

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 横須賀三浦地域県政総合センター です。