苦情・相談

掲載日:2016年4月1日

犬を飼えなくなったら

 犬をこれ以上飼えなくなった場合、まずは本当に飼えないのか、方法によっては今後も飼えるのか、十分家族と話し合ってください。また、新しく飼ってもらえる人を探すことも大切です。それでも、やむを得ない事情により飼えない場合には、お近くの保健福祉事務所又は動物保護センターにご相談ください。

 横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、相模原市にお住まいの場合は、各市の保健所等にお問い合わせください。    


犬をつかまえてほしい

 飼い主のわからない犬が放れている場合には、お近くの保健福祉事務所又は動物保護センターにご相談ください。    

 横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、相模原市にお住まいの場合は、各市の保健所等にお問い合わせください。


犬に咬まれたら

 まずは、怪我の手当てをしてください。出血している場合には、消毒することが必要です。また、怪我の具合によっては、かかりつけの医師にご相談ください。
 次に、お近くの保健福祉事務所に届け出てください。飼い主や咬んだ犬、咬まれた時の状況等も併せてお知らせください。飼い主がわからない場合には、咬んだ犬の特徴や咬まれた時の状況をお知らせください。
 なお、事故の再発防止に向けて、保健福祉事務所の「動物愛護監視員」という役職の獣医師職員がその時の状況に合わせて対応します。

  • 横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、相模原市にお住まいの場合  お問い合わせ先
 

犬が怪我している

 飼い主がわかる場合には、飼い主への連絡をお願いします。
 飼い主がわからない場合には、動物保護センターにご相談ください。    

  • 横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、相模原市にお住まいの場合  お問い合わせ先
 

このページの先頭へもどる

前のページへもどる

神奈川県

このページの所管所属は 健康医療局 生活衛生部生活衛生課 です。