“新アジェンダ21かながわ” ~アクション(行動計画)~

掲載日:2011年6月1日

2 アクション(行動計画)~今後10年間の実践行動~

  •  “新アジェンダ21かながわ”が、真に「行動計画」として機能するためには、誰にもわかりやすい「行動目標」を示し、それを実践行動に直結させる必要があります。このため、「行動目標」は11分野に分類し、21の項目に整理しました。21の目標には、それぞれ行動のメニューが提案されています。

目標内容分野
目標1京都議定書の目標達成に貢献します。
目標2新エネルギーの利用を拡大します。エネルギー
目標3省エネルギーを推進します。エネルギー
目標4廃棄物の発生を抑制します。ごみ(廃棄物)
目標5リユースやリサイクルを推進します。ごみ(廃棄物)
目標6有害な化学物質を厳重に管理します。化学物質
目標7大気環境をさらに改善し、環境基準を達成します。そら(空)
目標8きれいな空気と美しい星空を創ります。そら(空)
目標9すくって飲みたくなるような水を取り戻します。みず(水)
目標10将来にわたって必要な水を確保します。みず(水)
目標11生きもので、にぎわう水辺を再生します。みず(水)
目標12環境に配慮した土地の活用を進めます。みどり・つち(緑・土)
目標13里山と山間地域を再生し、森林を守ります。みどり・つち(緑・土)
目標14地産地消を推進します。みどり・つち(緑・土)
目標15参加と公平性を重視したまちづくりを実現します。まちづくり
目標16環境と共生するまちをつくります。まちづくり
目標17環境マネジメントの考え方を導入し、互いに連携します。環境マネジメント
目標18グリーン購入を実践します。環境マネジメント
目標19環境産業の育成により、県内産業の活性化を図ります。環境産業
目標20行動につながる環境教育・環境学習を推進します。環境教育・環境学習
目標21国際協力を実践します。国際協力


    神奈川県

    このページの所管所属は 環境農政局 環境部 環境計画課 です。