県内米軍基地の返還状況について

掲載日:2016年11月25日

昭和27年度から昭和49年度の返還状況

・返還施設数 135
・返還土地面積 約13,160,000 平方メートル

近年における全面返還

返還年月日

施設名

土地面積(平方メートル)

所在地

跡地利用の現況及び計画

昭和50年10月6日米陸軍出版センター

約57,040

川崎市中原区木月県立住吉高校、市立中原平和公園
昭和52年9月9日横浜ベーカリー

約6,200

横浜市神奈川区金港町所有者に返還
昭和53年6月19日横浜チャペルセンター

約8,900

横浜市中区横浜公園横浜公園(52年8月17日一部返還)
昭和56年4月1日米陸軍医療センター

約197,437

相模原市上鶴間県立相模大野高校、住宅、複合文化施設等
昭和57年3月31日横浜海浜住宅地区

約705,000

横浜市中区本牧町ほか商業施設、住宅、下水処理場等
昭和57年3月31日新山下住宅地区

約61,000

横浜市中区新山下町ほか新山下地区住環境整備事業用地等(市営及び公団住宅)
昭和58年10月28日海軍兵員クラブ

約8,500

横須賀市本町ベイスクエアよこすか
平成5年8月31日大観山通信施設

約9,200

箱根町、湯河原町民有地は所有者に返還、県有地は県有林
平成6年4月1日横浜冷蔵倉庫

約20,000

横浜市中区新港町道路等
平成12年3月31日神奈川ミルクプラント

約10,499

横浜市神奈川区亀住町保育所、公園等
平成17年12月14日小柴貯油施設

約526,000

横浜市金沢区柴町ほか検討中
平成21年5月25日富岡倉庫地区

約29,000

横浜市金沢区富岡東、鳥浜町検討中
平成26年6月30日深谷通信所

約774,000

横浜市泉区和泉町、中田町検討中
平成27年6月30日上瀬谷通信施設

約2,422,000

横浜市旭区上川井町、瀬谷区北町、瀬谷町検討中

※ 小柴貯油施設については、制限水域約420,000 平方メートルが残っている。


近年における主な一部返還

返還年月日施設名土地面積(平方メートル)跡地利用の現況及び計画
昭和53年12月6日池子弾薬庫

約1,300

逗子第一運動公園拡張用地、道路用地
昭和55年9月26日相模総合補給廠

約9,500

市道上矢部矢部拡幅用地
昭和57年1月29日横須賀海軍施設

約19,000

三笠公園拡張用地
昭和57年3月23日池子弾薬庫

約20,000

横浜横須賀道路用地
昭和57年3月31日根岸住宅地区

約50,000

根岸森林公園拡張用地
昭和60年5月31日長井住宅地区

約289,800

公園用地
昭和61年10月24日相模総合補給廠

約2,500

市道すすきの氷川拡幅用地
昭和62年8月10日相模総合補給廠

約1,600

矢部駅北口駅前広場用地
昭和63年12月21日キャンプ座間

約1,790

土地区画整理用地
平成元年10月16日吾妻倉庫地区

約2,100

計画中
平成3年11月5日キャンプ座間

約24,000

座間市立市民体育館等
平成4年11月19日相模総合補給廠

約4,400

踏切の取付け道路の一部等
平成5年3月23日厚木海軍飛行場

約2,110

市道拡幅用地
平成6年12月12日厚木海軍飛行場

約42,000

自衛隊宿舎
平成9年10月7日相模総合補給廠

約3,100

道路用地

平成11年10月19日

厚木海軍飛行場

                       約312

道路拡幅用地
平成14年9月6日長坂小銃射撃場

約4,300

バイパス整備用地
平成21年3月3日相模原住宅地区約1,100道路用地
平成21年3月31日横浜ノースドック

約27,000

道路等
平成23年12月21日横須賀海軍施設約1,300建物等
平成25年10月11日吾妻倉庫地区約13,000市道敷地等
平成26年9月30日相模総合補給廠約170,000広域交流拠点の整備
平成28年2月29日キャンプ座間約54,000病院、消防庁舎、公園、自衛隊家族宿舎等
神奈川県

このページの所管所属は 政策局 基地対策部 基地対策課 です。