平成30年度神奈川県商店街魅力アップ事業費補助金の対象事業の募集

掲載日:2018年2月28日

支援制度の活用を検討されている方は、まず、商業流通課商業まちづくりグループ(TEL:045-210-5612)までご相談ください。

平成30年度神奈川県商店街魅力アップ事業費補助金の対象事業の募集

ラグビーワールドカップ2019及び東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、インバウンドを含めた集客力の強化を図るため、商店街団体等が商店街の魅力を高めるために行う事業に対して補助を行います。

平成30年度は、インバウンド事業の補助率を1/2とするなど、支援を充実しました。

各地域らしい商店街モデルを創出し、地域の活性化に積極的に取り組む意欲ある商店街団体等の応募をお待ちしています。

なお、この補助金の交付は、神奈川県議会における平成30年度当初予算案の議決が条件になります。そのため、当初予算案が議決されない場合には、本補助事業を実施しません。

対象

商店街団体、商工会議所、商工会、特定非営利活動法人 等

※但し、未病を改善する取組事業については、上記に加えて商店街団体と連携して事業

 を行う団体のうち知事が認めるものも対象とします。

対象事業

(1)賑わい創出事業

  地域住民等のニーズを踏まえて賑わい創出のために新たに行う事業

(例:・商店街観光ツアーやプロのコツを教えるミニ講座の実施

   ・地域の資源を活用して、地域ブランドを確立し、広く県内外から誘客を可能とする      

    事業

   ・「集客力の強化」、「継続的な賑わいのの増加」に資する事業 等)

(2)インバウンド事業

  インバウンドの需要を積極的に取り込む事業

(例:・インバウンドの需要の取り組みにつながる商店街観光ツアーなどの事業

   ・外国人受入れのためのハード整備や多言語標記案内・マップ作り等の事業 等)

 

(3)未病を改善する取組事業

  「未病を改善する」取組の実践や発信の場として、商店街等の空き店舗等を活用したコミュニティカフェ等の賑わいの拠点において実施する事業

(例:・健康体操などの健康メニューの提供

   ・高齢者の食事会等の健康づくりのための料理教室

   ・測定機器等を利用した健康測定や健康相談、健康情報の提供 等)

※以上の例に限定するものではなく、オリジナリティ溢れる事業を支援します。

 但し、単発のイベントで日常的な集客に結びつかないものは対象外となります。

支援内容

(1)補助金の交付

〇補助率等

 ア 賑わい創出事業                  事業費の1/3以内

 イ インバウンド事業                 事業費の1/2以内 

 ウ 未病を改善する取組事業                事業費の1/2以内

〇補助上限額 300万円、下限補助対象経費 50万円

(2)アドバイザーの派遣

事業の円滑な実施や結果の検証のために、必要に応じて専門家をアドバイザーとして派遣します。

募集期間及び応募方法

平成30年3月1日(木曜日)から平成30年4月16日(月曜日)

募集要項を参照の上、直接下記問い合わせ先にご提出ください。(※ 期限内必着)

審査方法

応募いただいた事業計画については、選考会における書面審査等を経て、支援対象事業を選定します。

募集要項及び事業計画書(様式1)

募集要項 [Wordファイル/249KB]

事業計画書(様式1) [Excelファイル/43KB]

事業計画書に係る意見書(様式1-5) [Wordファイル/31KB]

 
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 中小企業部 商業流通課 です。