平成28年度 主要試験研究成果

掲載日:2017年4月1日
(1)普及奨励事項
 直ちに生産現場等において普及指導に利用できる成績、行政施策に反映できる成績、研究の現場で広く使われ得る新手法や新知見等の成績。
グループ名成果名ダイジェスト版
養鶏・環境県産畜産物ブランドの認知度17-1
養鶏・環境出荷日齢の違いがかながわ鶏の発育・肉質に及ぼす影響17-2
養鶏・環境かながわ鶏への低蛋白質高脂肪残さ飼料の給与が発育・肉質に及ぼす影響17-3
養鶏・環境密閉縦型発酵装置の排気熱で入気を加温すると、ふんの処理量が増え、良好な堆肥が生産でき、冬季の入気用ヒーターの代替が示唆される17-4
養鶏・環境冬季に密閉縦型発酵装置の排気熱をヒーターの代替として入気の加温に用いると11.6万円/年のコスト削減が可能である17-5
大家畜生体内卵子吸引(OPU)前にFSHを30AU投与することで胚盤胞数が増加する17-6
大家畜黒毛和種肥育牛にモミ殻を給与することで発育性に影響を与えず飼料費が抑えられる17-7
大家畜トウモロコシ二期作の1作目に適する飼料用トウモロコシ品種
大家畜単作又は二毛作に適する飼料用トウモロコシ品種
大家畜トウモロコシ二期作の2作目に適する飼料用トウモロコシ品種
大家畜新開発不耕起対応トウモロコシ用播種機の性能17-11
大家畜安定多収のためのトウモロコシ二期作の品種の組合せ17-12
大家畜トウモロコシ二期作の作業分散方法
養豚系統豚ユメカナエル(L)の維持に関する試験
   

(2)指導研究に有効な情報

指導者行政担当者、研究者などの参考になり、また研究として一定の知見を得た成績。

グループ名成果名
養鶏・環境酪農体験型のPR活動に参加した消費者は酪農、牛乳に対する興味や関心が高まる
養鶏・環境卵質改善添加剤給与による生産性、卵質、糞中臭気の添加効果
養鶏・環境豚ふんから発生する悪臭防止法22物質以外の悪臭成分として、6成分を検出した
養鶏・環境豚ふんのpHを調整するとpH毎に臭気成分の揮散量が変動した
養鶏・環境密閉縦型発酵装置の発酵熱低下時に熱交換器を停止すると安定した温水が得られた
養鶏・環境風量不足の密閉縦型発酵装置をブロワ交換で設計風量に改善すると、ふん処理能力が向上し排気熱量が増加した
大家畜黒毛和種牛の過剰排卵処理でプロスタグランジンF2α、性腺刺激ホルモン放出ホルモン投与を省略すると総採胚数、正常胚数が低下する
大家畜牛胚凍結前にP糖蛋白質増強剤添加培地で培養すると移植後の受胎率が向上する
大家畜体外成熟培養の初期にMAPK阻害剤を添加すると胚盤胞発生率が向上する
大家畜いもち病抵抗性イタリアンライグラス系統の関東南部における適応性
養豚マグロ加工残さの給与が肥育豚の肉質に及ぼす影響

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 畜産技術センター です。