受験を希望される身体障害者の皆様へ

掲載日:2017年4月11日

平成29年度の神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験の概要は次のとおりです。

なお、この選考試験は、平成30年度採用予定の横浜市、川崎市及び相模原市(以下「県内政令指定都市」という。)を除く神奈川県内の市町村立の小学校、中学校、特別支援学校及び神奈川県立の高等学校、中等教育学校、特別支援学校の教員採用候補者を決定するために実施するものです(県内政令指定都市の採用試験とは異なります)。

1 試験日程

第1次試験 平成29年7月9日日曜日
第2次試験 平成29年8月7日月曜日から8月25日金曜日までの間で実施します。

2 受付期間等 

4月25日火曜日から5月15日月曜日まで
(1) 申込みは、原則インターネット申込みとなります。インターネットによる申込みは、15日の午後5時までです。郵送による申込みは、15日の消印まで有効です。
(2) 実施要項、受験申込書等については、原則ホームページからのダウンロードとし、4月11日火曜日から、神奈川県教育委員会のホームページに掲載しています。

3 受験資格

(1)共通受験資格

(ア) 年齢要件
全ての選考において昭和33年4月2日以降に出生した人
(イ) 受験する校種等・教科の教員普通免許状を所有している人又は平成30年3月31日までに取得見込みの人(「特別選考1、2の一部及び特別選考3ウ」を除く)
(注意) 特別選考を表す1から6の数字は、実施要項では丸付き数字。以下同様。
(ウ) 地方公務員法第16条及び学校教育法第9条に規定する欠格事項に該当しない人

(2)個別受験資格

特別選考を希望される場合は、上記の共通受験資格のほか選考区分に応じた個別受験資格を満たしていることが必要です。

4 募集校種等・人員・教科

(1) 小学校 365人程度
(2) 中学校 215人程度
国語 社会 数学 理科 音楽 美術 保健体育 技術 家庭 英語
(3) 高等学校 375人程度
国語、公民、地理歴史(日本史、世界史、地理)、数学、情報、理科(物理、化学、生物)、音楽、美術、保健体育、家庭、英語、工業(建設、機械、電気)、商業、農業、水産(機関、航海)
(4) 特別支援学校 120人程度
(5) 特別支援学校自立活動担当(言語聴覚士、臨床心理士) 各若干名
(6) 特別支援学校自立教科(理療) 担当 若干名
(7)  養護教諭 25人程度
(8)身体障害者特別選考 10人程度(上記の全ての校種等・教科を対象に一般選考、特別選考1から6とは別に選考します。)なお、募集人員は全体数に含まれます。

(注意)1 募集人員には、別に実施する大学推薦要項に基づく選考による募集人員も含まれます。
(注意)2 小学校・中学校で合格した人の中から若干名は、特別支援学校での採用となります。ただし、特別選考1、2及び6(実施要項2ページ参照)で受験する場合は対象外です。
(注意)3 市立特別支援学校へは、小学校、中学校、特別支援学校及び養護教諭で合格した人から必要に応じて配属します。
(注意)4 県立中等教育学校へは、中学校、高等学校及び養護教諭で合格した人から必要に応じて配属します。
(注意)5 高等学校情報の受験には、当該教科の免許状のほかに当該教科以外の高等学校教員普通免許状が必要です。(平成30年3月31日までに取得見込みも可)。
(注意)6 高等学校水産(機関・航海)の受験には、水産、商船、工業のいずれかの免許で受験が可能です。ただし、免許状が工業の場合は、併せて第一級総合無線通信士又は、第一級陸上無線技術士の資格が必要です(免許状、資格はともに平成30年3月31日までに取得見込みも可)。なお、特別選考3ウの詳細は、実施要項10ページをご覧ください。
(注意)7 特別支援学校の受験には、特別支援学校教諭(盲・聾・養護学校教諭)免許状が必要です(平成30年3月31日までに取得見込みも可)。ただし、特別選考1、2(実施要項2ページ参照)での受験を希望し一定の条件を満たす場合は、特別支援学校教諭(盲・聾・養護学校教諭)免許状の所有の有無を問いません(実施要項2ページ及び10ページ参照)
(注意)8 特別支援学校教諭免許状を「現職教員等が在職年数と単位修得をもって教育職員検定により取得」する場合及び養護教諭二種免許状を「保健師免許を基礎資格とし、必要な単位修得をもって取得」する場合は、免許状を申請する教育委員会にあらかじめ免許取得条件等を確認しておいてください。
(注意)9 身体に障害のある人で、身体障害者特別選考以外の受験をされる人にも受験の際の配慮をします(実施要項11ページ参照)。
(注意)10 特別支援学校自立活動担当及び特別支援学校自立教科(理療)担当の選考試験は、本実施要項とは別の実施要項で行いますので、必ず教員採用試験のホームページからご確認ください。

5 選考区分

(1) 一般選考
(2) 特別選考
1教職経験者、2臨時的任用職員経験者C、3社会人経験者、4スポーツ・芸術実績者、5英語資格所有者、6かながわティーチャーズカレッジ(チャレンジコース)修了者
(3) 身体障害者特別選考
神奈川県では全国に先駆け、障害の有無にかかわらず、様々な課題を抱えた子どもたち一人ひとりのニーズに、適切に対応していくことを学校教育の根幹にすえた「支援教育」の推進に取り組んできました。
身体に障害のある人が教員として教壇に立つことは、「支援教育」をさらに進めることのみならず、子どもたちに対する極めて高い教育的効果が期待されることから、身体に障害のある人を教員として積極的に採用するための特別選考を行います。
ア 募集対象・募集人員等
本年度募集の全ての校種等・教科を対象とし、10人程度(募集人員は、各校種等・教科の募集人員に含まれる)。
イ 試験の特例
一般選考と同様の試験を行いますが、選考は一般選考とは別に行います。試験の実施にあたっては、必要に応じて点字、拡大文字、手話通訳者の準備や会場の配慮をします。また、障害の種類や程度によって実技試験の一部を免除し、代わりに他の試験を行うなどの対応も行います。
なお、身体に障害のある人であっても身体障害者特別選考の選考区分での受験を希望しない人については、他の選考区分での受験も可能です。この場合についても身体障害者特別選考と同様の配慮をしますので、申込みと同時に教職員人事課教職員採用グループ(045-210-8190)に連絡してください。
ウ 受験資格
共通受験資格及び身体障害者特別選考の個別受験資格(障害の程度が1級から6級で身体障害者手帳の交付を受けている人)を満たす人
(注意)身体障害者手帳は、第1次試験当日に持参してください。
エ 採用後の配置
障害の種類や程度を勘案して配置します。

6 選考試験日、会場及び内容

(1) 第1次試験

(1) 第1次試験
ア 試験日 平成29年7月9日日曜日
イ 集合時刻(時間厳守) 6月下旬に発行される受験票でお知らせします。
(注意) 集合時刻までに試験会場の建物に入場していない場合は受験ができません。
ウ 会場 (予定)
○國學院大學 たまプラーザキャンパス
○神奈川県立相模原中等教育学校 ○日本大学 生物資源科学部
○神奈川県立川崎高等学校 ○神奈川県立神奈川総合産業高等学校
○神奈川県立小田原高等学校 ○鎌倉女子大学 大船キャンパス 
(注意)6月下旬に発行される受験票で会場を指定しますが、災害等やむを得ない都合により上記の会場を変更する場合があります。その際は、ホームページでお知らせします。
エ 試験の種類 選考区分によって異なります。
選考区分が身体障害者特別選考の人
教科専門筆記試験 60分
一般教養・教職専門筆記試験 60分
論文試験 60分
(注意)論文試験は第2次試験ですが、第1次試験受験者全員に実施し、第1次試験合格者のみ採点します。

 

(2) 第2次試験

(2) 第2次試験
第2次試験は第1次試験の合格者について次のとおり実施します。
ア 面接試験等
(ア) 試験日
8月7日月曜日から18日金曜日
(注意) 該当する期間内の1日(土曜日及び日曜日を除く)を予定しています。
(イ) 集合時刻(時間厳守)  第1次試験合格者に通知します。
(注意)集合時刻までに試験会場の建物に入場していない場合は受験ができません。
(ウ) 会場 第1次試験合格者に通知します。
(エ) 内容
・論文試験(第1次試験日に実施)
・模擬授業(協議を含む) 
・個人面接A
(オ) 模擬授業(協議を含む)について
a 指定されたテーマに沿った1単位時間の授業計画を立て、導入から展開にかけての最初の10分間(準備、片付けを含む)を模擬授業として行います。
(注意) 指導案(A4用紙1枚の予定)は、試験当日に提出していただきます。
(注意) 授業は教室で行います。着替えなどはできません。また、会場の電源は使用できません。なお、危険物(火気、劇薬等)の持込は禁止します。
b 協議は、最初に各受験者から自己評価を発表し、その後は、司会を決めずに受験者同士で、模擬授業とその自己評価及び指定されたテーマに沿って協議を行います。
(注意) 模擬授業(協議を含む)のテーマは6月下旬に、模擬授業(協議を含む)及び個人面接Aの評価の観点は7月下旬に、それぞれ神奈川県教育委員会のホームページで公開する予定です。
イ  実技試験
実施日及び内容は、次のとおりです(予定)。会場等の詳細は、第1次試験合格者に通知します。
中学校 音楽(8月21日月曜日)・美術(8月21日月曜日)・保健体育(8月25日金曜日)・技術(8月23日水曜日)・家庭(8月21日月曜日)・英語(8月23日水曜日又は8月24日木曜日)
高等学校 音楽(8月21日月曜日)・美術(8月21日月曜日)・保健体育(8月25日金曜日)・家庭(8月21日月曜日)・英語(8月23日水曜日又は8月24日木曜日)

7  選考結果の発表

(1) 日時(予定)

 第1次試験  平成29年7月28日金曜日午前10時
 第2次試験  平成29年10月2日月曜日午前10時

(2) 場所
 神奈川県庁新庁舎2階 県政情報センター
 (注意) 神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験のホームページでも発表日の午前10時から1週間、合格者の受験番号を掲示します。
 (注意) 合格発表において、自己の情報(校種等・教科、受験番号)を掲載してほしくない人は、7月14日金曜日までに、その旨を記した自筆の文書を提出先に郵送してください。

 (注意) 平成29年度実施神奈川県公立学校教員採用選考試験の小学校区分と特別支援学校区分において、第2次試験不合格者のうち、成績が特に上位の人を「臨時的任用職員候補者特別名簿」に登載し、平成30年度、優先的に臨時的任用職員として任用します。これにより任用された人を対象に、平成30年度実施の選考試験において、筆記試験のうち一般教養・教職専門を免除する特別選考を実施する予定です。対象者には、第2次試験選考結果の発表時にお知らせします。(これまでの「特別選考2臨時的任用職員経験者C」と異なり、対象を小学校区分と特別支援学校区分の全選考に拡大します。)

8 採用

(1) 採用候補者名簿に登載された人は、平成30年4月1日付けで採用の予定です。

(2) 受験資格の要件が満たされない場合や教員としての適格性を欠く事実が明らかになった場合は、採用候補者名簿から削除され採用されません。

(3) 個人申請や免許更新制等により平成30年3月31日までに該当する校種等・教科の教員普通免許状の取得・更新等ができない場合は、採用されません。

 特に免許状更新講習の受講期間に入った人は、講習の受講や各種申請手続を期限までに終了し、都道府県教育委員会の確認を受けてください。詳しくは、非常勤講師を含む現職教員の人は勤務地、それ以外の人は居住地の都道府県教育委員会へ問い合わせてください。(神奈川県の場合は、県教育委員会教育局行政部教職員企画課免許グループ(電話045-210-8140))

(4) 採用候補者名簿登載者が大学院への進学のため又は大学院在学者が修学継続のために、大学院の課程修了後の採用を希望する場合は、本人が神奈川県教育委員会にその旨の申出を行い、許可を受けた場合に限り採用期日を延長できるものとします。

なお、進学のために採用期日が延長可能な大学院とは、教職大学院又は、文部科学省令大学院設置基準に基づく専門分野が「教育学・保育学関係」の専攻の通学制大学院のことです。

 採用期日延長の主な条件は、次のとおりです。

ア 延長期間の上限は、大学院への進学者は2年間、大学院の修学継続者は1年間

イ 受験校種等・教科に関する教員免許状を平成30年3月31日までに取得していること

ウ 大学院への進学又は修学継続により、受験校種等・教科に関する教員専修免許状を取得すること

エ 大学院への進学の場合は、平成29年12月28日までに合格通知書等、進学を確認できる書類を提出すること

(5) 高等学校水産(機関・航海)の採用候補者名簿登載者が「商船」の教員免許を取得見込みで大学卒業後引き続き乗船実習科に進学し、三級海技士免許を取得する場合は、採用期日を最大1年間延長するものとします。

(6) 日本国籍を有しない人は、任用期限を付さない常勤講師としての採用となります。

 

9  申込手続

受験申込みができるのは、一人につき、一つの選考区分・校種等・教科のみです。重複して受験申込みをされた場合は、最初に申し込まれた有効なものを受理します。
なお、申込みが受理された後の校種等・教科、実技試験種目の変更はできません。

申し込み方法は、原則としてインターネットによる申込みとします。

(1) インターネットによる申込み

ア 受付期間等

平成29年4月25日火曜日午前10時から平成29年5月15日月曜日午後5時まで
(注意)1 インターネット申込受付期間内に到達し、内容に不備がなく受理された申込みを有効とします。
(注意)2 受験申込みは、必ず印刷が可能な環境にあるパソコン等から申込みを行ってください。携帯電話、スマートフォンからの申込みはできません。

イ 申込方法

必ず、神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験のホームページで要件や手順を確認しながら申込みを行ってください。
(ア) 神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験のホームページからe-kanagawa電子申請の入力フォームにアクセスし、手順に従って申請者IDを登録してください。
(イ) 登録した「申請者ID」及び「パスワード」は、受験票及び受験者確認票を取り出すときや申請状況を照会するときなどに必要となりますので、メモを取るなどして、必ず控えてください。
(ウ) 神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験のホームページからe-kanagawa電子申請の入力フォームにアクセスし、手順に従って申込みを行ってください。
(エ) 特別選考区分の場合は、あらかじめ選考区分に応じた申告書等(実施要項8から9ページ参照)をダウンロードし、必要事項を記入して申告書を完成させ、パソコン上に保存しておいてから、手続を開始してください。添付ファイルのファイル名は、変更しないでください。
(オ) 申請の送信後に表示される「到達確認画面」の「到達番号」及び「問合せ番号」は、申請状況を照会するときなどに必要となりますので、内容を確認のうえ「印刷」又は「保存」をするか、メモを取るなどして、必ず控えてください。

ウ 受験票及び受験者確認票について

(ア) 受験票及び受験者確認票は、6月下旬にe-kanagawa電子申請に登録されます。登録完了は、電子メールでお知らせしますので、申請者ID等を使ってe-kanagawa電子申請にログインして受験票等をダウンロードし、必ずPDFファイルで白色・無地のA4用紙に印刷してください。(6月29日木曜日までに電子メールが届かない場合は、連絡先までご連絡ください。)
(イ) 印刷した受験票と受験者確認票は、切り取り線で切り離し、両方に同じ写真を貼り、必要事項を記入して、第1次試験当日に持参してください。受験者確認票は、第1次試験当日に回収します。
受験票及び受験者確認票に貼る写真は、平成29年4月1日以降に撮影した、縦4cm、横3cm、上半身、脱帽、正面向きのもので、裏面に氏名、校種等・教科を書いてから貼ってください。また、第2次試験で同一の写真がさらに2枚(計4枚)必要になりますので用意しておいてください(各自保管)。

(2) 郵送による申込み

 申込みは、特別選考4スポーツ・芸術実績者を除き、原則としてインターネットによる申込みですが、やむを得ず郵送で申込みをする人は、次の要領に従って申込みをしてください。

ア 受付期間

平成29年4月25日火曜日から平成29年5月15日月曜日まで

(平成29年5月15日の消印まで有効)

イ 受験申込書等の記入について

 受験申込書の記入の際には、申込書裏面の「受験申込書記入要領」を参照の上、必要事項を漏れなく記入してください。なお、申告書は、必ず所定の用紙をホームページからダウンロードし、A4用紙に印刷したものを使ってください。また、申告書は、選考区分によって種類が異なりますのでご注意ください。)

ウ 提出書類等について(共通提出書類)

 一般選考は共通提出書類等(実施要項8ページaからd)のみ、特別選考は選考区分により、共通提出書類等に加えて選考区分に応じた申告書等(実施要項8ページe以降参照)が必要です。

(注意) 必ず、提出書類一式の写しをとり、本人控え用として保管しておいてください。

a 「平成29年度実施神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験受験申込書」(記入要領は、申込書裏面)

b 必要事項を記入した上記a「受験申込書」の写し 1部

 (注意) A4用紙で等倍率の複写をしてください。

c 「受験者カード」(記入例は、実施要項の12ページ参照)

d 「返信用封筒」(受験票送付用)

 ・ (長形3号)規格(120mm×235mm)

 ・ 82円分の郵便切手貼付

 ・ 受験票の送付先(郵便番号、住所及び氏名)を明記

エ 申込方法

 共通提出書類等及び選考区分に応じた申告書等の両方を、(角形2号)規格(240mm×332mm)の封筒に入れ、提出先まで郵送してください(持参不可)。

 封筒の表に「受験申込書在中」、「校種等・教科」名及び「選考区分」名を赤字で大きく、はっきりと記入してください。「(簡易)書留」によらない郵便の事故等については、一切考慮しません。

(注意) 受験申込みに必要な書類等に不備や不足がある場合は、受付できません。申込記入事項が正しくないことが明らかになった場合は、合格を取り消すことがありますので、正確に記入してください。また、申込みが受理された後の校種等・教科、実技試験種目の変更はできません。なお、この試験において提出された書類等は一切返却しません。

オ 受験票及び受験者確認票の発送

受験票及び受験者確認票は、6月下旬にd「返信用封筒」(受験票送付用)により郵送します。6月29日木曜日までに受験票が届かない場合は、連絡先までご連絡ください。

 なお、受験票と受験者確認票は、切り取り線で切り離し、両方に同じ写真を貼り、 必要事項を記入して第1次試験当日に持参してください。受験者確認票は、第1次試験当日に回収します。

 受験票及び受験者確認票に貼る写真は、平成29年4月1日以降に撮影した、縦4cm、横3cm、上半身、脱帽、正面向きのもので、裏面に氏名、校種等・教科を書いてから貼ってください。また、第2次試験で同一の写真がさらに2枚(計4枚)必要になりますので用意しておいてください(各自保管)。

10 身体に障害のある人の受験について

身体に障害のある人で、受験に関して特に配慮を希望する場合は、申込みと同時に教職員人事課教職員採用グループの連絡先(045-210-8190)までお問い合わせの上、申し込んでください。
<補足書類のダウンロード>

・ 身体障害者手帳をお持ちの方で、採用試験時に配慮を希望される方の様式 [PDFファイル/63KB]

 

(連絡先・提出先及びホームページアドレス)

〒231-8509  横浜市中区日本大通33
神奈川県教育委員会教育局行政部 教職員人事課教職員採用グループ
電話 045-210-8190
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7272/

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 行政部 教職員人事課 です。