平成29年3月公安委員会定例会議議事概要

掲載日:2017年4月3日

神奈川県公安委員会定例会議の開催状況

第1 日時

 

平成29年3月22日(水曜日)午前10時30分から午後3時00分まで

第2   出席者

 

羽田委員長、宮崎委員、岩澤委員、草壁委員、大崎委員

警察本部長、各部長(刑事部長を除く。)、警察学校長、組織犯罪対策本部長、事務主管課長等

第3   議事の概要

1   議題

(1)

公安委員会宛て文書の対応について

委員会室から、「公安委員会宛て文書」について調査結果の説明があり、対応方針等を議決した。

(2)

神奈川県警察用国有物品管理規則の一部改正について

警察本部から、「神奈川県警察用国有物品管理規則の一部改正」について説明があり、原案のとおり議決した。

(3)

犯罪被害者等給付金支給裁定(案)について

警察本部から、「傷害事件に係る重傷病給付金支給裁定事案等」について説明があり、原案のとおり裁定した。

(4)

指定代理人の指定等について

警察本部から、「指定代理人の指定等」について説明があり、原案のとおり議決した。

(5)

火薬類取締法の一部改正等に伴う神奈川県公安委員会の権限に属する事務の専決に関する規程等の改正について

警察本部から、「火薬類取締法の一部改正等に伴う神奈川県公安委員会の権限に属する事務の専決に関する規程等の改正」について説明があり、原案のとおり議決した。

(6)

自己情報の一部不開示処分に係る審査請求に対する裁決について

警察本部から、「自己情報の一部不開示処分に係る審査請求」について説明があり、原案のとおり裁決した。

(7)

警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律に基づく解剖の実施機関について

警察本部から、「警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律に基づく解剖の実施機関」について説明があり、原案のとおり議決した。

(8)

運転免許の行政処分について

警察本部から、「運転免許の行政処分に係る『意見の聴取及び聴聞』及び『免許の拒否等』」について説明があり、原案のとおり決定した。

(9)

不服申立てに対する検討結果について

 警察本部から、「運転免許の停止処分等に対する審査請求の検討結果」について説明があり、原案のとおり裁決した。

(10)

特別派遣について(福島県・青森県)

警察本部から、「特別派遣(福島県・青森県)」について説明があり、原案のとおり議決した。

2 報告

(1)

監察報告について

警察本部から、「監察業務」について報告があった。

(2)

争訟事案について

警察本部から、「行政訴訟事件の終結」について報告があった。

(3)

国家賠償事件の判決に伴う対応方針について

警察本部から、「国家賠償事件の判決に伴う対応方針」について報告があった。

(4)

「特殊詐欺・悪質商法被害防止啓発DVD」の作製について

警察本部から、「『特殊詐欺・悪質商法被害防止啓発DVD』の作製」について報告があった。

委員から、「特殊詐欺・悪質商法被害が増加する中、高齢者に分かりやすい映像を活用した被害防止施策は、大変良いと思います。皆さんに見ていただき、啓発効果を高めるためにも、積極的にPRしていただきたいと思います。特に、町内会、自治会等で効果的に活用できるように工夫してください。」旨の発言があった。

(5)

新「おおやま」ヘリコプターテレビの整備について

警察本部から、「新『おおやま』ヘリコプターテレビの整備」について報告があった。

(6)

地域警察官による検挙事例について

警察本部から、「神奈川警察署パトカー勤務員の職務質問による強盗未遂(コンビニ強盗)被疑者の検挙及び川崎臨港警察署交番勤務員の職務質問による強制わいせつ被疑者の検挙」について報告があった。

(7)

港南警察署管内における通学路の安全確保に向けた交通規制の実施について

警察本部から、「港南警察署管内における通学路の安全確保に向けた交通規制の実施」について報告があった。

委員から、「通学路の安全を確保するため、地元住民や関係機関と調整し、迅速な交通規制に取り組んだことを評価します。このほかにも、危険な通学路について、市町村等の関係機関と連携し、悲惨な事故が発生しないよう万全の対策をお願いします。」旨の発言があった。

(8)

警衛警備について

警察本部から、「天皇皇后両陛下は、須崎御用邸における御静養のため、県内を御通過される予定であり、これに伴う所要の警衛警備」について報告があった。

(9)

主な事件検挙について

警察本部から、次の事件検挙について報告があった。

 

厚木市内で発見された死体遺棄事件被疑者の検挙について

委員から、「凄惨な事件の被疑者を検挙したことについて、大変よくやってくれました。引き続き、事件の全容解明と被害者のご家族に対する支援をしっかりとお願いします。」旨の発言があった。

 

第1 日時

 

平成29年3月15日(水曜日)午前10時30分から午後2時50分まで

第2   出席者

 

羽田委員長、宮崎委員、岩澤委員、草壁委員、大崎委員

警察本部長、各部長、警察学校長、事務主管課長等

第3   議事の概要

1   議題

(1)

公安委員会宛て文書の対応について

委員会室から、「公安委員会宛て文書」について調査結果、受理及び連絡文の発出について説明があり、対応方針等を議決した。

(2)

平成29年度留置施設に対する実地監査計画について

警察本部から、「平成29年度留置施設に対する実地監査計画」について説明があり、原案のとおり議決した。

(3)

犯罪被害者等給付金支給裁定(案)について

警察本部から、「殺人事件に係る遺族給付金支給裁定事案等」について説明があり、原案のとおり裁定した。

(4)

神奈川県暴力団排除条例に基づく勧告の実施について

警察本部から、「神奈川県暴力団排除条例に基づく勧告の実施」について説明があり、原案のとおり議決した。

(5)

公安委員会「意見の聴取等」開催指定(5月中)及び行政処分の決定結果(2月中)について

警察本部から、「5月中の公安委員会『意見の聴取等』の開催指定については、10日、17日、24日及び31日としたい。」旨の説明があり、原案のとおり議決した。

また、「2月中の公安委員会『意見の聴取等』に基づく行政処分の決定結果」について報告があった。

(6)

運転免許の行政処分について

警察本部から、「運転免許の行政処分に係る『意見の聴取及び聴聞』及び『免許の拒否等』」について説明があり、原案のとおり決定した。

(7)

不服申立てに対する検討結果について

警察本部から、「運転免許の更新処分等に対する審査請求の検討結果」について説明があり、原案のとおり裁決した。

2 報告

(1)

平成28年度留置施設に対する実地監査(第4期)の実施結果について

警察本部から、「平成28年度留置施設に対する実地監査(第4期)の実施結果」について報告があった。

委員から、「実地監査の結果、『特に良好な事項』や『指導事項』があり、その内容について報告がありました。評価される機会の少ない留置担当官のやる気を維持する方策やマンネリ化させない方策についても継続してください。」旨の発言があった。

(2)

神奈川県警察ハラスメント防止対策要綱の制定について

警察本部から、「神奈川県警察ハラスメント防止対策要綱の制定」について報告があった。

委員から、「ハラスメントに起因する問題が生じた場合の措置に関し必要な事項を定めた要綱を制定したと報告がありました。ハラスメントについては、所属会議や各種研修会において、どんな行為や言動がハラスメントに該当するのか職員が理解できるように具体的な事例に基づく教養を強力に推進してください。

また、職員への周知方法についても工夫してください。」旨の発言があった。

(3)

平成29年度組織・定数改正に伴う神奈川県警察の組織に関する規則の一部改正について

警察本部から、「平成29年度組織・定数改正に伴う神奈川県警察の組織に関する規則の一部改正」について報告があった。

(4)

国外犯罪被害等に関する情報の受理について

警察本部から、「国外犯罪被害等に関する情報の受理」について報告があった。

(5)

初任科生の卒業式の開催について

警察本部から、「初任科生の卒業式の開催」について報告があった。

(6)

防犯・防災機器の提供等による地域安全に関する協定の締結について

警察本部から、防犯セキュリティ協会と「防犯・防災機器の提供等による地域安全に関する協定の締結」について報告があった。

委員から、「災害対策基本法に規定する災害が発生した場合に防犯・防災機器の提供又は無償貸与等を受ける協定を締結することは、被災地域の安全安心を確保する上で良い施策であり、全国初の取組である点でも評価します。

また、災害対策については、市町村などの行政機関と連携を図り、機能的に対応できるように本施策を深化させてください。」旨の発言があった。

(7)

人身安全対策課の新設について

警察本部から、「人身安全対策課の新設」について報告があった。

(8)

ストーカー規制法に基づく警告の実施について

警察本部から、「2月中のストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく、警告の実施結果」について報告があった。

(9)

地域警察官による検挙事例について

警察本部から、「相模原南警察署交番勤務員の職務質問による強制わいせつ被疑者の検挙及び青葉警察署パトカー勤務員の職務質問による詐欺(特殊詐欺)被疑者の検挙」について報告があった。

委員から、「被疑者を検挙した地域警察官の『センス』と『感覚』が発揮された素晴らしい事例だと思います。このような好事例は県民に対して積極的にアピールしてほしいと思います。」旨の発言があった。

第1 日時

 

平成29年3月8日(水曜日)午前10時30分から午後4時00分まで

第2   出席者

 

羽田委員長、宮崎委員、岩澤委員、草壁委員、大崎委員

警察本部長、各部長(警備部長を除く。)、警察学校長、事務主管課長等

第3   議事の概要

1   議題

(1)

公安委員会宛て文書の対応について

委員会室から、「公安委員会宛て文書」について調査結果及び受理の説明があり、対応方針等を議決した。

(2)

警察署協議会委員の辞職について

委員会室から、「警察署協議会委員の辞職」について説明があり、辞職を承認した。

(3)

犯罪被害者等給付金支給裁定(案)について

警察本部から、「強盗致傷事件に係る重傷病給付金支給裁定事案等」について説明があり、原案のとおり裁定した。

(4)

国税通則法第97条第1項の規定に基づく照会の受理及び回答について

警察本部から、「国税通則法第97条第1項の規定に基づく照会の受理及び回答」について説明があり、原案のとおり議決した。

(5)

不作為の審査請求の裁決について

警察本部から、「不作為の審査請求」について説明があり、原案のとおり裁決した。

(6)

大規模災害発生時の交通規制に係る公安委員会意思決定の改正について

警察本部から、「大規模災害発生時の交通規制に係る公安委員会意思決定の改正」について説明があり、原案のとおり議決した。

(7)

神奈川県道路交通法施行細則の一部改正について

警察本部から、「神奈川県道路交通法施行細則の一部改正」について説明があり、原案のとおり議決した。

(8)

運転免許の行政処分について

警察本部から、「運転免許の行政処分に係る『意見の聴取及び聴聞』及び『免許の拒否等』」について説明があり、原案のとおり決定した。

(9)

不服申立てに対する検討結果について

警察本部から、「一般運転者用運転免許証の更新処分等に対する審査請求の検討結果」について説明があり、原案のとおり裁決した。

2 報告

(1)

定例警察署長会議等の開催について

警察本部から、「定例警察署長会議等の開催」について報告があった。

(2)

前兆事案認知時における対処訓練実施結果について

警察本部から、「前兆事案認知時における対処訓練実施結果」について報告があった。

委員から、「警察署において凶悪事件の前兆事案を認知した段階で、職員が早期に危険性や切迫性を見極める『センス』を磨く訓練は素晴らしい取組だと思います。今後は、交通部も加えるなど、各部が一体となった取組を継続してください。

また、訓練の結果を、今後に生かすようにしてください。」旨の発言があった。

(3)

平成29年第1回県議会定例会の開催状況について

警察本部から、「平成29年第1回県議会定例会の開催状況」について報告があった。

(4)

監察報告について

警察本部から、「監察業務」について報告があった。

(5)

監察事案について

警察本部から、「監察業務」について報告があった。

(6)

国家公安委員による視察結果について

警察本部から、「国家公安委員による視察結果」について報告があった。

(7)

鉄道警察隊による常習すり犯の検挙について

警察本部から、「鉄道警察隊による常習すり犯の検挙」について報告があった。

委員から、「ベテラン隊員と若手隊員が、地道な捜査をした成果であると思いますので、現場の隊員を激励してください。」旨の発言があった。

(8)

新通信指令システムの運用開始について

警察本部から、「新通信指令システムの運用開始」について報告があった。

(9)

神奈川県暴力団排除に関する有識者懇談会の開催結果について

警察本部から、「神奈川県暴力団排除に関する有識者懇談会の開催結果」について報告があった。

(10)

交通事故発生概況について                                                     

警察本部から、「2月中の交通事故発生件数は2,127件(前年比-103件)、死者数は14人(前年比+10人)、負傷者数は2,455人(前年比-125人)、1月から2月までの死者数は、全国ワースト8位であった。」旨の報告があった。

(11)

春の全国交通安全運動の実施について

警察本部から、「春の全国交通安全運動の実施」について報告があった。

委員から、「春の全国交通安全運動期間中は、スローガンに掲げられているとおり、『新入学児童・園児を交通事故から守る活動』を強化してください。」旨の発言があった。

(12)

大震災対策合同訓練の実施について

警察本部から、「大震災対策合同訓練の実施」について報告があった。

委員から、「大規模地震等の発生に備えて防災関係機関との合同訓練を丹沢湖周辺で実施すると報告を受けました。丹沢湖周辺は、大規模地震等が発生した場合、孤立する可能性があるので、そのような状況を想定した効果的な訓練をお願いします。」旨の発言があった。

(13)

主な事件検挙について

警察本部から、次の事件検挙について報告があった。

 

覚せい剤取締法(営利目的輸入)違反事件被疑者の検挙

第4 公安委員会委員出席行事

 1

行事名   交通安全教育隊員及び女性白バイ隊員との座談会

月日     3月2日

場所     警察本部

出席委員   岩澤委員

 2 

行事名   新通信指令システム視察

月日     3月8日

場所     警察本部

出席委員   全委員

第1 日時

 

平成29年3月1日(水曜日)午前10時30分から午後2時50分まで

第2   出席者

 

羽田委員長、宮崎委員、岩澤委員、草壁委員、大崎委員

警察本部長、各部長、警察学校長、事務主管課長等

第3   議事の概要

1   議題

(1)

公安委員会宛て文書の対応について

委員会室から、「公安委員会宛て文書」について調査結果及び受理の説明があり、対応方針等を議決した。

(2)

犯罪被害者等給付金支給裁定(案)について

警察本部から、「殺人事件に係る遺族給付金支給裁定事案」について説明があり、原案のとおり裁定した。

(3)

風営法に基づく聴聞結果報告及び行政処分の決定について

警察本部から、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく、風俗営業者(法人・パチンコ店)による遊技機の無承認変更(くぎ曲げ)等に係る当事者の聴聞の実施結果及び行政処分(案)」について説明があり、原案のとおり議決した。

(4)

首都高速道路川崎浮島ジャンクションの渋滞対策に伴う交通規制の改正について

警察本部から、「首都高速道路川崎浮島ジャンクションの渋滞対策に伴う交通規制の改正」について説明があり、原案のとおり議決した。

(5)

神奈川県道路交通法施行細則等の一部改正について

警察本部から、「神奈川県道路交通法施行細則等の一部改正」について説明があり、原案のとおり議決した。

委員から、「今回の改正で、75歳以上の方が運転免許の更新時に受ける『認知機能検査』などにおいて、認知症の恐れがあると判定された場合には、医師の診断による『臨時適性検査』を受けるか、又は主治医等の診断書を提出しなければならないと報告がありました。診断する医師の確保については、『県医師会』等に協力要請を行い、また、今後も地域包括支援センターと連携した病院案内を考えているとの報告もありました。警察から『県医師会』等に対する協力要請にあたっては、効果的な手法で進めてください。」旨の発言があった。

(6)

自己情報の不開示決定処分に対する審査請求の取り下げについて

警察本部から、「自己情報の不開示決定処分に対する審査請求の取り下げ」について説明があり、原案のとおり議決した。

(7)

運転免許の行政処分について

警察本部から、「運転免許の行政処分に係る『意見の聴取及び聴聞』及び『免許の拒否等』」について説明があり、原案のとおり決定した。

(8)

不服申立てに対する検討結果について

警察本部から、「一般運転者用運転免許証の更新処分に対する審査請求の検討結果」及び「放置違反金の納付を命ずる処分に対する審査請求の検討結果」について説明があり、原案のとおり裁決した。

2 報告

(1)

国外犯罪被害弔慰金支給裁定申請書の受理について

警察本部から、「国外犯罪被害弔慰金支給裁定申請書の受理」について報告があった。

(2)

平成29年全国優秀警察職員表彰受章者の決定及び警察本部長メダル授与式の実施について

警察本部から、「平成29年全国優秀警察職員表彰受章者の決定及び警察本部長メダル授与式の実施」について報告があった。

(3)

平成29年度監察実施計画について

警察本部から、「平成29年度監察実施計画」について報告があった。

(4)

監察報告について

警察本部から、「監察業務」について報告があった。

(5)

警察本部長表彰(個人)受賞者の家族に対する本部長名の書簡及び写真の送付について

警察本部から、「警察本部長表彰(個人)受賞者の家族に対する本部長名の書簡及び写真の送付」について報告があった。

(6)

初任科生のコミュニケーション能力向上に係る講義の新規導入について

警察本部から、「初任科生のコミュニケーション能力向上に係る講義の新規導入」について報告があった。

(7)

国家公安委員による視察について

警察本部から、「国家公安委員による視察」について報告があった。

(8)

児童虐待事案に係る児童相談所と警察の連携に関する協定の締結について

警察本部から、「児童虐待事案に係る児童相談所と警察の連携に関する協定の締結」について報告があった。

委員から、「平成28年に警察から県内児童相談所へ児童虐待事案で通告した人数が前年比で増加している状況がある中で、県内すべての児童相談所と協定を締結して連携を強化することは素晴らしい取組と評価します。今後、運用マニュアル等を整備して協定を効果的に運用し、児童虐待事案による被害の未然防止に努めてください。

また、児童虐待事案が児童相談所以外の行政機関に相談された場合であっても、相談を受けた行政機関と警察とが的確に連携が図れるように取り組んでください。」旨の発言があった。

(9)

相模原市における男性逮捕監禁等事件の発生について

警察本部から、「相模原市における男性逮捕監禁等事件の発生」について報告があった。

(10)

平塚市一般住宅における女性殺人事件の発生について

警察本部から、「平塚市一般住宅における女性殺人事件の発生」について報告があった。

(11)

警察犬係の体制強化と積極的活用について

警察本部から、「警察犬係の体制強化と積極的活用」について報告があった。

委員から、「警察犬係の体制を強化すると報告がありました。今後も、各部横断的な犯罪に対応するためには、警察庁から増員がなされない場合でも、組織全体の人員配置を見直し必要な部分に重点配置するなど、柔軟な組織運営をしてください。

また、ラグビーワールドカップ2019、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会などの大規模警備を見据えた体制強化という面でも、素晴らしい取組だと思います。」旨の発言があった。

(12)

高速道路トンネル内における多重事故発生等を想定した合同訓練の参加について

警察本部から、「高速道路トンネル内における多重事故発生等を想定した合同訓練の参加」について報告があった。

(13)

不服申立ての受理について

警察本部から、「2月中の運転免許の取消処分等に対する審査請求の受理」及び「12月及び1月中の放置違反金の納付を命ずる処分等に対する審査請求の受理」について報告があった。

(14)

警衛警備について

警察本部から、「皇太子殿下は、3月8日、神奈川県茅ケ崎市所在の『株式会社由紀精密』企業御視察のため、本県に行啓される予定であり、これに伴う所要の警衛警備」について報告があった。

(15)

主な事件検挙について

警察本部から、次の事件検挙について報告があった。

 

いわゆる「相席居酒屋」の検挙

 

神奈川県

このページの所管所属は 公安委員会 です。