【当日の記録】平成28年度 第2回インクルーシブ教育推進フォーラム

掲載日:2016年12月21日

地域と共につくるインクルーシブな学校
ー子どもを支える地域のネットワークづくりー
                                                                                                          

趣旨

 神奈川県教育委員会では、誰もが個性と能力を発揮し、地域で生き生きと暮らしていける共生社会の実現に向け、すべての子どもができるだけ同じ場で共に学び共に育つ、インクルーシブ教育の推進に取り組んでいます。
 インクルーシブ教育の推進に向けては、教職員だけでなく、保護者の方や地域の方と共に取り組んでいく必要があり、県民のみなさまのご理解とご協力が何より重要と考えています。
 そこで、すべての子どもを地域で支え育てていくためのネットワークづくりについて、県民のみなさまと共に考える「インクルーシブ教育推進フォーラム」を開催しました。

日時

平成28年11月12日 土曜日 13時30分から16時00分まで

会場

茅ヶ崎市民文化会館 小ホール(茅ヶ崎市茅ヶ崎1-11-1)

内容

1)趣旨説明
 「神奈川のインクルーシブ教育の推進」
  インクルーシブ教育推進課 田中みか(グループリーダー兼指導主事)

 第2回フォーラム写真1神奈川の考えるインクルーシブ教育の推進とは、 「支援教育の理念のもと、共生社会の実現に向け、すべての子どもができるだけ同じ場で共に学び共に育つこ
とをめざす」ことです。
 神奈川県では、すべての子どもが共に学び共に育ちながら、能力や可能性を最
大限に伸ばし、自立し社会参加できる力を育むために、障がいのあるなしにかか
わらず、「できるだけ地域の学校で学ぶしくみづくり」「通常の学級で学ぶしく
みづくり」「高校で学ぶしくみづくり」に取り組みます。具体的には、小中学校
での「みんなの教室」、高校での「インクルーシブ教育実践推進校」の取組を
進めています。
 また、これまで行われている特別支援学級や通級による指導などと併せて、連続性のある多様な学びの場を整えることにより、一人ひとりの教育的ニーズに応えることができる教育の充実も進めてまいります。
 こうした取組を通して、地域で共に生きるしくみづくりにつなげていきたいと考えています。

  学校は、さまざまな子どもたちが共に学び、共に育つ場を提供していくことが大切だと考えています。子どもたちが、学び合い、支え合う機会を多く持つことが、思いやりの心や、お互いを理解し、大切にする心を育むことにつながります。

  平成27年度に作成したリーフレットを使って、授業づくり・学級づくり・学校づくりの視点から、めざしていくインクルーシブな学校について、ご参加いただいた会場のみなさまも一緒に考えながら、聞いていただきました。

 フォーラムを開催した茅ヶ崎市・寒川町地域では、平成27年度から茅ヶ崎市立第一中学校で、平成28年度からは寒川町立南小学校で、「みんなの教室」モデル事業の取組が始まっています。また、茅ケ崎高校は、インクルーシブ教育実践推進校に指定され、平成29年度からの生徒の入学に向けて、準備が進んでいます。それぞれの学校で進んでいる、授業づくり・学級づくり・学校づくりの取組について、紹介させていただきました。

 

2)パネルディスカッション
  「地域と共につくるインクルーシブな学校 ―子どもを支える地域のネットワークづくり―」

   パネリスト  第2回フォーラム写真2
    横山 仁雄 氏(学校法人朗峰学園長谷幼稚園長)
      松永  徹   氏(社会福祉法人翔の会施設長)
    岡本 勇也 氏(県立平塚ろう学校卒業生)
   コーディネーター 
    鈴木 文治 氏
    (田園調布学園大学人間福祉学部心理福祉学科長・教授)

主な内容

鈴木 文治氏: 結合版
 県の教育委員会から、共生社会の実現に向けたインクルージョンの
考え方、今までの支援教育を踏まえた神奈川のインクルーシブ教育の
取組の説明がありました。
 私は、7月に起こった津久井やまゆり園の事件に、大きなショック
を受けました。今まで教師は何をしていたのか、学校教育はいったい
何をやってきたのか。インクルーシブ教育の推進において、このこと
は、ここにいる私たち一人ひとりに問われていると思います。
 私たちは、どうすればインクルーシブな共生社会をつくっていける
のか。このフォーラムをとおして、会場のみなさまも一緒に考えてい
ただきたいと思います。

横山 仁雄氏:
 長谷幼稚園では、障がいのある子もない子も一緒に過ごします。子どもは、自然にありのままに自分を表現し、周囲の子どもたちは、感じるままにお互いを自然に受け入れて、共に育ち合っています。「あの子の楽しみ方」をお互いに認め合う。これが私の思う共生社会です。
 園では絵を描く活動がありますが、“みんな同じ課題”を描かせることはありません。当然、見比べて、この子は上手、などということもありません。その子が気持ちを表現できるように、つらいときはつらい色で、元気なときは力が満ちあふれたものを、描いてくれればいいと思っています。目の前の子どもが、何ができていないかをチェックするのではなく、今できていることは何か、その子が一番楽しいと思うことは何かを共通理解することが大事です。与えられた課題ではなく、自分で見つけた自己課題を乗り越えていく。そうして身に付いた力は、決して忘れません。
 園で楽しいことをたくさん経験すると、楽しいことを伝えたくなります。それがコミュニケーションの第一歩です。障がいのある子もない子も同じです。園は伝えたくなる経験ができる場でありたいと思っています。
 また園では、お母さん同士が仲良くなることがよくあります。私が子育てについて話すより、お母さん同士が話すことで、問題が解決することがたくさんあります。それがネットワークづくりの基本となるのではないかと思います。下地を作っていくことは大事だと思っています。

松永 徹氏:
 私たちが一番大切にしているのは、誰もが地域で暮らせるために、一人ひとりを大切にするということと、本人を中心として寄り添うことです。目と手と気持ちが届く範囲で支援をすることが大切です。
 障がいがある子どもが小学校に入学するとき、通常の学級の担任が「誰にでもわかるように教える」と最初に言ってくれて、その子に必要なこともよく見て支援してくれたので、安心して通常の学級に通えたケースがありました。その担任は、特別支援学級の経験がある人でした。インクルーシブな学校・学級・授業をめざすとき、一人ひとりが必要な支援を受けられる体制になっているか、これが要だと思います。
 人数の問題も大きいです。大勢の中では、自分が何をしたらいいかわからない子がいます。その時、その子が何を必要とし、何を表現しようとしているのかをとらえることが、少人数だとできる場合があります。
 また、クラスの友だちが開かれた仲間意識を持てることも大切です。学級が、いろいろな個性を持つ人が認められ、安心して自分を表現できる空間になっていること、これが大事です。それを支える担任のあり方も、とても重要だと思います。

岡本 勇也氏:
 私は耳が聞こえません。生まれた時から聴覚に障がいがあります。両親は私のために、手話を一生懸命覚えてくれました。コミュニケーションで不自由なことは全くありません。
 小さい頃のある日、近所の同じ年頃の子と遊んでいたときに、親と同じように手話でコミュニケーションをとろうとしたら、友だちはわからない表情になりました。僕はそのとき、手話では通じないことがわかり、それから聞こえる人たちが嫌いになりました。でも、小学部の時、聞こえる人の学校との交流がありました。聞こえないことを伝えて理解してもらい、聞こえる友人と遊んだり、勉強したりした交流はすごく楽しく思えました。
 遊びたいという気持ちがとても大切です。障がいがある子もない子も、お互いにそういう気持ちになるといいと思います。大きくなったら自分から言えるようになると思いますが、小さいとき、幼稚園ぐらいの子どもたちは、まず一緒に遊ぶこと。それができる環境になるといいと思います。
 聞こえない人も、高校を卒業した後、社会に入ります。そのときのために、聞こえる子たちの学校と交流をする、その中で仲よくなる、またその経験を積んでいく。そして、自分なりの方法でコミュニケーションできるようになっていく。それがすごく大事なことかなと思います。

 神奈川県教育委員会では、障がいのあるなしにかかわらず、すべての子どもができるだけ共に学び共に育つ中で、お互いを理解していくことが大切だと考えています。一緒にいることで、障がいへの理解を深めていくことや、一人ひとりの人間性や多様な個性をお互いに認め合い、助け合って生きることができる、インクルーシブな学校づくりが進み、やがて、共生社会の実現につながっていってほしいと考えます。今回のフォーラムでは、3名のパネリスト、コーディネーター、そして会場全体で「インクルーシブな学校」について、お考えいただけたものと思っています。

神奈川県

このページの所管所属は インクルーシブ教育推進課 です。