職員緊急参集訓練

掲載日:2016年11月28日

職員緊急参集訓練 平成28年11月25日

職員緊急参集訓練

 職員緊急参集訓練とは、通常勤務時間帯以外の震災時に対応するための訓練です。
 勤務時間外の大規模災害時における職員緊急参集体制の検証、災害時の非常時参集ルートの確認、参集後の非常時優先業務の遂行上の問題点・課題等の洗い出し及び対応策の検討を目的として行いました。
      勤務時間外を想定しているため、発災後、県土整備局職員は自宅から最寄りの土木事務所等に原則として徒歩で
     参集する形になります。
現地対策本部01
      勤務時間外ですので、現地災害対策本部の設営から始めなくてはなりません。
      写真は電話回線の準備作業です。床を這わすと足が引っかかり危ないので、天井から配線します。
現地対策本部02
      設営は終了しましたが、自宅から徒歩ということで、到着する時間はバラバラで、なかなか人が揃いません。
現地対策本部03
      今回は災害時業務協定を結んだ業者の皆様との連携は予定していませんので、本庁との紙面上での被害
     想定による連絡訓練となります。
現地対策本部04
      自宅から最寄りの所属ということで、集まる職員は他所属の方も多いのですが、自宅から最寄り故に、
     少なくとも一度は横須賀土木事務所に在籍していたことがある方が多く、毎年この訓練時にはほとんど
     同じ職員が集まります。
      人が集まれば、11/18に行った『震災対策訓練』と同様の手順となります。
神奈川県

このページの所管所属は 横須賀土木事務所 です。