平成28年度「かながわ里地里山シンポジウム」-人や動植物の”いのち”を守る-

掲載日:2017年1月16日

電子申請での参加申込は終了しました。 電話でのお申し込みは引き続きお受けします!

里山の四季里山の四季里山の四季里地里山の四季

いのちを守る!かながわの里地里山

豊かな環境、生態系を保全し動植物のいのちを守り、未病の改善などにより人のいのちも守る「里地里山」の活動について考えます。皆様のご参加をお待ちしています。

開催案内

里地里山の風景イメージ
日時
平成29年2月4日(土曜日)13時から16時まで
開場は12時からです。 
費用
無料(但し、事前申込みが必要です。)
募集
500名
会場
松田町民文化センター大ホール(足柄上郡松田町松田惣領2078)
電話:0465-83-7021
※お車でのご来場はご遠慮ください。
アクセス
小田急線「新松田」駅下車北口より徒歩6分(急行で小田原駅から約10分、本厚木駅から約30分)
JR御殿場線「松田」駅下車北口より徒歩4分(国府津駅から約15分、山北駅から約10分)
松田町民文化センター地図
 
主催
神奈川県
共催
松田町
協力
小田急電鉄株式会社

プログラム

神奈川県里地里山の保全、再生及び活用の促進に関する条例の概要及び保全活動の紹介

神奈川県が行っている里地里山の保全等の取組について紹介します。

基調講演:柳生博氏(俳優、(公財)日本野鳥の会会長、コウノトリファンクラブ会長)

柳生博氏 

テーマ:「森と暮らす、森に学ぶ(仮題)」 

■柳生博氏プロフィール

昭和12年茨城県生まれ。
土浦第一高校から東京商船大学に進学するも視力の低下により船長の夢を断念。俳優座養成所に入り俳優として歩みだし、昭和36年「あれが港の灯りだ」でデビュー。
「生きもの地球紀行」や「クイズハンター」などの司会やナレーションをつとめる。プライベートでは、山梨県八ヶ岳南麓でギャラリー&レストラン「八ヶ岳倶楽部」を経営。雑木林の再生に取り組み里山の風景を再現、年間10万人を超える来訪者の心を癒している。

里地里山保全効果に関する学際的研究の報告

神奈川県と横浜国立大学の共同研究の概要について報告します。

パネルディスカッション

テーマ:「里地里山の保全活動と健康、生きがいについて」

パネル展示会(12時から17時まで)

県内活動団体等による里地里山に関する展示

事前申込み

申込み方法

次に記載された必要事項を、下記の方法によりお申込みください。

必要事項

  1. 代表者のお名前
  2. 代表者の住所及び郵便番号
  3. 代表者の電話番号
  4. 参加人数

方法

  • 電話でのお申込みも受け付けます。   

   電話045-210-4475(直)

   〒231-8588(所在地省略可)  神奈川県 環境農政局 農政部 農地課 農地活用グループ 宛て

・申込み事項に未記入があった場合、申込要件を満たさないものとして失格とさせていただく場合があります。
・収集した個人情報については、今回のイベント目的以外には使用しません。

申込み期限

平成29年1月13日 金曜日 (はがきの場合は当日消印有効)

※当選された方には後日、参加のご案内をお送りします。

問合せ先

農地課農地活用グループ 佐藤、平岡あて

電話:045-210-4475 FAX:045-210-8852

過去の「かながわ里地里山シンポジウム」開催報告

H26年度開催報告                                                                                                                                         基調講演  浜美枝氏(女優・ライフコーディネーター) 『食・農・美しい暮らしを通した里地里山の魅力』

H24年度開催報告
基調講演  今森 光彦氏(写真家) 『実践をとおしてみた里地里山の大切さ』 

H22年度開催報告
基調講演  大桃美代子氏(タレント) 『農業体験で地域を元気に!』

H20年度開催報告
基調講演  養老孟司氏(東京大学名誉教授) 『里地里山-身近な自然の大切さと今を生きる私たちの役割』

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 農政部 農地課 です。