SKY(スカイ)プロジェクト第3弾を実施しました!

掲載日:2016年6月2日

エリトリア国の陸上選手が「第250回 日本体育大学長距離競技会」に出場しました!

 エリトリア国の陸上選手13名とコーチ、陸上競技連盟関係者が来日し、5月14日土曜日に行われた「第250回 日本体育大学長距離競技会」に出場し、好成績を残しました。
 また、来日した選手のうちベレハネ・ツェゲイ選手、テクリット・テウェルデブラハン選手、タデッセ・ゲブル エリトリア国陸上競技連盟事務局長が、県内の実業団や箱根町の認定こども園、小田原市の幼稚園、放課後児童クラブを訪問しました!

1 第250回 日本体育大学長距離競技会

 平成28年5月14日土曜日、15日日曜日、2日間に渡って日本体育大学健志台陸上競技場で行われた競技会に、エリトリア国から14名の選手が出場しました。

たくさんの選手が自己記録を30秒から1分縮める活躍を見せ、中でも、5,000メートルでは1位のテクリット・テウェルデブラハン選手が13分24秒13という素晴らしい記録を出し、2位も同じくエリトリアのアウェット・ハブテ選手の13分24秒40という接戦でした。お二人は見事オリンピック標準記録を突破する記録をマークしました!

2 強豪、プレス工業との合同練習

 平成28年5月18日水曜日、ベレハネ選手、テクリット選手、タデッセ事務局長が県内の強豪チーム、プレス工業株式会社陸上競技部と江の島大橋や周辺の浜辺で合同練習を行いました。


まずは江の島大橋の横にある浜辺を軽くランニングしました。

青空のもと、浜辺を走る選手たち

続いてプレス工業のいつもの練習コースを一緒に走りました。プレス工業の選手からは、「ジョグなのに速い。」「バネを感じる。」と言った感想が聞かれました。

海辺を走る選手たち

ランニング後は、エリトリア国のお二人がいつも行っている体操やストレッチを一緒に行いました。

エリトリアの体操やストレッチを一緒に行う選手たち

江の島をバックに全員で記念撮影です。記者の質問に対しテクリット選手は、「きれいな景色を見ながら、日本の陸上選手と一緒に走ることが出来てうれしい」と答えていました。

江の島を背に記念撮影をする選手たち

エリトリア国の陸上選手が、ホストタウンである小田原市・箱根町にやってきた!

1 選手と一緒に応援うちわ作りやドッチボールで交流 in箱根 (5月19日木曜日)

 オリンピアンのベレハネ選手、テクリット選手が箱根町の仙石原幼児学園を訪れ、応援うちわを作成したり、リレー対決やドッヂボールをしました。


園児たちと一緒に応援うちわの作り方を真剣に聞いているベレハネ選手。

園児たちと一緒に応援うちわの作り方を聞いているベルハネ選手

素敵な応援うちわが出来上がって選手たちもうれしそうです。

出来上がった応援うちわを手にピースサインをするベルハネ選手たち

音楽に合わせて体操をした後、イモムシのようにつながって歩き園児たちも選手もとても楽しそうです。

楽しそうにみんなでゾロゾロとつながって歩く園児と選手たち

園児たちとのリレー対決の後、「走っている姿が見たい!」とのリクエストに答えて校庭のグラウンドを走ってくれました。          綺麗なフォームとそのスピードに園児も先生たちも目を奪われていました。

園児と先生たちに見守られながら校庭のグラウンドを颯爽と走る選手たち

最後にみんなでドッジボール対決。真剣そのものです。                                                      何度も「また来てねー!」と車が見えなくなるまでお見送りをしてくれた園児たち。選手たちもとてもうれしそうでした。

校庭でドッヂボールをする園児と選手たち

2 選手たちと一緒に体操やかけっこ、おやつタイムで交流 in小田原(5月19日木曜日)

ベレハネ選手とテクリット選手は小田原市内の下中幼稚園に移動し、園児たちと体操をしたり、子どもたちからの質問に答えました。


園児たちの大好きな音楽にあわせて一緒に体操をしました。

体操をする園児と選手たち

鬼ごっこをする園児と選手たち。園児たちは選手たちを相手に力いっぱい走っていました。

楽しそうに鬼ごっこをする園児と選手たち

エリトリア国の国歌をみんなで一緒に聞きました。胸に手を当てて母国に思いを馳せる選手たちを、園児たちは興味深そうに見つめていました。

胸に手を当てて国歌に耳をかたむける選手たちを興味深そうに見つめる園児たち

園児から選手たちに、これからの更なる活躍への願いを込めて、手作り金メダルのプレゼントがありました。

園児たちからプレゼントされた金メダルを手にうれしそうな選手たち

「SKYプロジェクト」の象徴でもある「紙飛行機」をみんなの夢をのせて飛ばしました!Dream On!

大空のもと紙飛行機を飛ばす園児と選手たち

最後にみんなで記念撮影。お天気に恵まれたこの日、たくさん体を動かし、一緒にいい汗を流すことができました!

記念撮影をする園児と先生と選手たち


ベレハネ選手とテクリット選手は、同じく小田原市内の酒匂地区放課後児童クラブを訪問しました。                          児童たちは「デハンド・ウィルカ!」とエリトリア国の言語であるティグリニャ語で選手たちに元気いっぱい挨拶をして歓迎してくれました!


児童たちから「坊主めくり」の説明を受けるベレハネ選手。伝えたい!という気持ちは国境を越えます。児童たちから坊主めくりの説明を受けるベルハネ選手

校庭で児童たちとランニング。児童たちも選手たちに一生懸命ついて行きます。

児童たちと校庭を走る選手たち

ランニングの後は、みんなで選手たちが普段行っている体操をしました。

エリトリアの体操をする選手と児童たち

最後に、5月のこどもの日にちなみ、児童たちから手作りの兜と金メダルのプレゼントがありました。

児童たちからの手作り兜と金メダルを身に着けた選手たち


今後もエリトリア国との交流を途切れることなく続けてまいります。デハン・クン!(さようなら!)
神奈川県

このページの所管所属は スポーツ局 オリンピック・パラリンピック課 です。