電力・都市ガス小売全面自由化

掲載日:2017年3月23日
平成28年4月1日から、電力の小売全面自由化が始まります。これにより、一般家庭を始め全ての需要家が、現在電気の供給を受けている電力会社のメニューだけでなく、多様な事業者やメニューを選択できるようになります。

説明会の開催

 ・電力・都市ガス小売全面自由化説明会(平成29年3月23日)
   経済産業省 電力・ガス取引監視等委員会
    資料 [PDFファイル/4.94MB]

 ・電力小売全面自由化講演会(平成28年10月31日)

 ・自分たちで電気を選ぶ時代へ!電力小売全面自由化説明会(平成28年2月18日)
   経済産業省 電力取引等監視委員会
    資料① [PDFファイル/3.05MB] 
    資料② [PDFファイル/666KB]
    資料③ [PDFファイル/515KB]

電力小売全面自由化に関する国の情報

・経済産業省資源エネルギー庁ホームページ
 http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/electricity_liberalization/
・消費者庁ホームページ
 http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/price_measures/electricity_liberalization.html
・「電力小売全面自由化に関する注意喚起-よくある5つの誤解」
 消費者庁が注意を呼びかけ!
消費者庁チラシ

電力自由化5つの質問

Q1. 電力会社を変えると新たに電線を引かなければならないのでしょうか?また、自分だけ停電が多くなる恐れはないのでしょうか?

A. 今ある送配電網を使うので新たに電線を引くことにはなりません。 また、電気そのものの品質や信頼性(停電の可能性など)は、どの会社から電気を買っても同じです。 さらに、契約した電力会社が電気を調達できなかった場合でも、送配電網を管理する会社がその分を補給するので、ただちに電気の供給が止まることはありません。

Q2. 賃貸住宅に住んでいますが、電力会社の切り替えはできますか?

A. 現在契約している電力会社との契約名義がご本人の場合は可能です。他人名義のご契約になっている場合は、その方にご確認下さい。

Q3. マンションに住んでいますが、電力会社の切り替えはできますか?

A. マンションにお住まいの方も、電力会社の切り替えはできます。 ただし、管理組合などを通じてマンション全体で一括して電気の購入契約を締結している場合には、その契約やマンション内の規約などで制限される場合があるので、管理組合等にご確認下さい。

Q4. 契約した電力会社が倒産したら電気の供給は止まってしまいますか?

A. それによりただちに供給が停止することはありません。 新たな供給元が見つかるまでの間は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)から供給を受けることになります。

Q5. 2016年4月まで何もしないと、電気の供給は止まってしまうのでしょうか?

A. 現在、供給を受けている電力会社から引き続き、今までどおり電気が供給されますので、ご安心下さい。

※経済産業省資源エネルギー庁ホームページより抜粋

その他 よくある質問

電力取引監視等委員会ホームページをご覧ください。
http://www.emsc.meti.go.jp/info/faq/index.html

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 エネルギー課 です。